ゴシックは魔法乙女

【ギルド】姉妹フェレット♪どなたでも歓迎致します!m(_ _)m

  • 公開グループ
  • 102人が参加中
【ギルド】姉妹フェレット♪どなたでも歓迎致します!m(_ _)m

【ギルド】姉妹フェレット♪どなたでも歓迎致します!m(_ _)m

【ギルド】姉妹フェレット♪どなたでも歓迎致します!m(_ _)mメモ

全て表示

Lobi編集部おすすめ!最新ゲーム情報

2022年5月末〜6月前半『Lobi人気スタンプ大集合!』動画を観てスタンプゲット!キャンペーンのお知らせ

2022年5月後半『Lobi人気スタンプ大集合!』動画を観てスタンプゲット!キャンペーンのお知らせ

2022年4月末〜5月前半『Lobi人気スタンプ大集合!』動画を観てスタンプゲット!キャンペーンのお知らせ

【運営からのお知らせ】定期メンテナンス実施のお知らせ

2022年4月後半『Lobi人気スタンプ大集合!』動画を観てスタンプゲット!キャンペーンのお知らせ

最新ゲームニュースをもっと見る

画像添付

スタンプ投稿

送信
1000

グループに参加してチャットを楽しもう!

今日
BLRシュナイダー

今日は令和4年5月26日(Thursday)です。

5月26日は、ラッキーゾーンの日

今日が誕生日
マイルス・デイヴィス

2022/05/25
ネリコ@妹フェレットのコタツ猫♪

今日は令和4年5月25日(水曜日) 仏滅です。

今日5月25日は、プリンの日、食堂車の日

誕生花💐 ヒソップ 

花言葉💐 「清潔」「浄化」

花名の由来

属名の学名「Hyssopus(ヒソップス)」は、ヘブライ語の「Ezob(エゾブ / 聖なる草)」に由来するといわれます。

英語では「Hyssop(ヒソップ)」と呼ばれます。

和名では葉の形がヤナギに似て、ハッカのような香りがすることから「柳薄荷(ヤナギハッカ)」と呼ばれます。

花言葉の由来

花言葉の「清潔」「浄化」は、かつて西洋において、この植物がけがれを取り除く働きがあるとされ、神殿などの神聖な場所を清めるのに用いられたことにちなみます。

なお、旧約聖書の詩編に「ヒソプをもってわが身を清めたまえ」という一節が登場しますが、イスラエル周辺にはヒソップが自生しないことから聖書のヒソプは別種であると考えられています。

ヒソップの誕生花

5月25日、9月10日

2022/05/24
ネリコ@妹フェレットのコタツ猫♪

今日は令和4年5月24日(火曜日) 先負です。

今日5月24日は、伊達巻の日、ゴルフ場記念日

誕生花💐 ヘリオトロープ

花言葉💐 「献身的な愛」「夢中」「熱望」

花名の由来

属名の学名「Heliotropium(ヘリオトロビウム)」は、ギリシア語の「helios(太陽)」「trope(向く)」が語源で、太陽に向かって花をひらくという意味があります。

英語では「Heliotrope(ヘリオトロープ)」と呼ばれています。また、香りが似ているということで「Cherry pie(チェリーパイ)」とも呼ばれます。

花言葉の由来

花言葉の「献身的な愛」は、太陽神アポロンに恋をした水の精クリティが、ヘリオトロープに姿を変えたというギリシア神話(下記参照)にちなみます。

なお、その内容はキンセンカの言い伝えと同じで、そのままヘリオトロープの伝説にもなっています。

ヘリオトロープの誕生花

1月27日、5月24日

ヘリオトロープとギリシア神話

水の精(ニンフ)クリティが太陽神アポロン(太陽神ヘリオスと同一視されます)に恋をしました。

しかし、アポロンとレウコトエ王女が恋仲にあり、それをねたんだクリティが王女の父に密告してしまいます。

怒った王は娘のレウコトエを生き埋めにしてしまいました。

自分の行ないを恥じたクリティは、9日間地面に座ったまま空をすぎるアポロンをみつめていると、やがてヘリオトロープに姿を変えてしまったといいます。

2022/05/23
ネリコ@妹フェレットのコタツ猫♪

今日は令和4年5月23日(月曜日) 友引です。

今日5月23日は、チョコチップクッキーの日
ラブレターの日

誕生花💐 ゴデチア

花言葉💐 「変わらぬ愛」「お慕いいたします」

花名の由来

旧属名の学名「Godetia(ゴデチア)」は、スイスの植物学者チャールズ・ヘンリ・ゴデ(Charles-Henry Godet / 1797~1879)の名前にちなみます。

現在の属名の「Clarkia(クラーキア)」は、アメリカの探検家ウィリアム・クラーク(William Clark / 1770~1838)の名前にちなみます。

和名の「色待宵草(イロマツヨイグサ)」は、花姿が同じアカバナ科のマツヨイグサに似ていて、花色が豊富なことに由来するともいわれます。

英語では春の終わりに咲き、夏の到来を告げる花であることから「Farewell to spring(春よさらば)」と呼ばれています。また、「Godetia(ゴデチア)」とも呼ばれます。

花言葉の由来

花言葉の「変わらぬ愛」は、春から夏に季節が移り変わっても、美しい花を咲かせていることに由来するともいわれます。

ゴデチアの誕生花

4月15日、5月23日

2022/05/22
BLRシュナイダー

今日は令和4年5月22日(Sunday)です。

5月22日は、サイクリングの日です。

今日が誕生日
アーサー・コナン・ドイル
リヒャルト・ワーグナー

2022/05/21
BLRシュナイダー

令和四年5月21日(Saturday)

5月21日は、小満です。

今日が誕生日
アグネス・ラム
マルセル・ブロイヤー

2022/05/20
ネリコ@妹フェレットのコタツ猫♪

今日は令和4年5月20日(金曜日) 大安です。

今日5月20日は、こんにゃく麺の日、ローマ字の日

誕生花💐 カタバミ

花言葉💐 「喜び」「輝く心」「母のやさしさ」

花名の由来

花名のカタバミは「片喰」「傍食」とも書き、葉が食べられて一方が欠けているように見えることにちなむともいわれます。

また、カタバミを漢字で酢漿草と書くのは、カタバミの葉と茎にシュウ酸が含まれ、すっぱいことをあらわしています。

属名の学名「Oxalis(オキザリス / オクサリス)」もギリシア語の「oxys(すっぱい)」が語源になります。

別名の雀の袴(スズメノハカマ)は、夜になると葉を小さくたたむことに由来するといわれます。

花言葉の由来

カタバミはスペインやフランスなどで「ハレルヤ」(キリスト教で「主をほめたたえよ」の意味)とも呼ばれます。

これは復活祭(春分の日の後の最初の満月の次の日曜日に、十字架にかけられて死んだキリストが三日目に復活したことを記念する祭)のハレルヤが唱えられる時期にカタバミの花も咲きだすことにちなみます。

花言葉の「喜び」はこのハレルヤに由来するといわれます。

「輝く心」の花言葉は、かつて真鍮の仏具や鉄製の鏡をカタバミの葉で磨いたことにちなむといわれます。

カタバミの誕生花

5月20日

カタバミと家紋

片喰紋・酢漿草紋(かたばみもん)は日本の五大紋の一つに数えられます。

カタバミは繁殖力が強く、一度根づくと絶やすことが困難であることから、「(家が)絶えない」に通じ、武家の間では、家運隆盛・子孫繁栄の縁起担ぎの家紋として用いられました。

土佐長宗我部家の「七つ酢漿草」などが有名です。

2022/05/19
ネリコ@妹フェレットのコタツ猫♪

今日は令和4年5月19日(木曜日) 仏滅です。

今日5月19日は、ボクシングの日、セメントの日

誕生花💐 サツキ

花言葉💐 「節制」

花名の由来

属名の学名「Rhododendron(ロードデンドロン)」は、ギリシア語の「rhodon(赤またはバラ)」と「dendron(木)」を語源とし、赤い花をつける木という意味になります。

しかし、当初はキョウチクトウをこの名で呼んでいたといわれます。

和名の皐月(サツキ)は、旧暦の皐月(5月)ごろに花を咲かせることから名づけられました。

なお、サツキとツツジは区別して取り扱われていますが、ともに同じツツジ属に属するごく近縁の種になります。

ツツジは4月に開花し、サツキは遅れて5月に開花することからサツキツツジと呼ばれていましたが、ツツジを省略してサツキになったといわれます。

英語では主に「Satsuki azalea(サツキアザレア)」と呼ばれます。

花言葉の由来

花言葉の「節制」は、サツキが山奥の岩肌などの厳しい環境を好むことに由来するともいわれます。

サツキの誕生花

5月19日

2022/05/18
ネリコ@妹フェレットのコタツ猫♪

今日は令和4年5月18日(水曜日) 先負です。

今日5月18日は、ことばの日、ファイバーの日

誕生花💐 ペチュニア

花言葉💐 「あなたと一緒なら心がやわらぐ」「心のやすらぎ」

花名の由来

属名の学名「Petunia(ペチュニア)」は、原産地ブラジルの先住民の言語(グアラニー語)でタバコを意味する「Petum(ペチュン)」に由来し、同じナス科のタバコ属と近縁で似ているためといわれます。

花言葉の由来

花言葉の「あなたと一緒なら心がやわらぐ」「心のやすらぎ」は、属名と同様にタバコにちなむともいわれます。

ペチュニアの誕生花

5月18日、7月22日、9月25日、10月30日

2022/05/17
ネリコ@妹フェレットのコタツ猫♪

今日は令和4年5月17日(火曜日) 友引です。

今日5月17日は、お茶漬けの日、高血圧の日

誕生花💐 エキザカム

花言葉💐 「あなたを愛します」

花名の由来

属名の学名「Exacum(エキザカム)」の由来は、ギリシア語の「ex(外へ)」と「ago(出す)」を語源とし、かつてこの植物に解毒作用があると考えられていたことにちなむという説やギリシア神話のケンタウルスのガリア語の名前「Exacon」にちなむという説などがあります。

和名では「紅姫竜胆(ベニヒメリンドウ)」と呼ばれます。

英語では「Persian violet(ペルシャン・バイオレット)」と呼ばれます。

花言葉の由来

花言葉の「あなたを愛します」は、愛を告白する少女のような愛らしい花姿に由来するともいわれます。

エキザカムの誕生花

5月17日、5月30日、10月20日

2022/05/16
ネリコ@妹フェレットのコタツ猫♪

今日は令和4年5月16日(月曜日) 先勝です。

今日5月16日は、旅の日、工事写真の日

誕生花💐 イキシア

花言葉💐 「誇り高い」「秘めた恋」「団結」

花名の由来

属名の学名「Ixia(イキシア)」は、ギリシア語の「ixos(鳥もち)」を語源とし、茎を傷つけるとねばねばした液がでてくることにちなみます。

イキシアの葉がヤリ状で花のつき方が房咲きスイセンに似ていることから、槍水仙(ヤリズイセン)の別名もありますが、ヒガンバナ科のスイセンとは別種です。

英語では「African corn lily(アフリカンコーンリリー)」と呼ばれますが、これは原産地の南アフリカのとうもろこし畑に生えていたことにちなむといわれます。

花言葉の由来

花言葉の「団結」は、まっすぐに立つ花茎にたくさんの花を咲かせることに由来するといわれます。

イキシアの誕生花

4月20日、5月16日

2022/05/15
BLRシュナイダー

今日は令和4年5月15日(Sunday)です。

5月15日は、Jリーグの日

5月15日が誕生日
ライマン・フランク・ボーム

2022/05/14
BLRシュナイダー

5月14日は令和4年5月14日(Saturday)です。

5月14日は、温度計の日

今日が誕生日
ジョージ・ルーカス
オルフェーヴル

  • これ以前の返信10件
  • お詫びに..._(:3」z)_

    立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花

    女性の美しさを形容する言葉として「立てば芍薬(シャクヤク)、座れば牡丹(ボタン)、歩く姿は百合(ユリ)の花」があります。

    この由来として、シャクヤクは茎の先端に花を咲かせ、ボタンは枝分かれした横向きの枝に花をつけ、ユリは風に揺れるさまが美しい。

    だから、シャクヤクは立って、ボタンは座って、ユリは歩きながら見るのが一番美しいという説があります。

    他にも、シャクヤクは美しい女性が立っているようであり、ボタンは美しい女性が座っているようであり、ユリは美しい女性が歩くようである、など諸説あります。

    2枚の画像
    • 通報する
  • stamp
    • 通報する
  • 返信を入力
2022/05/13
BLRシュナイダー

今日は令和4年5月13日(Friday)です。

5月13日は、トップガンの日

今日が誕生日
レッド・ガーランド

2022/05/12
ネリコ@妹フェレットのコタツ猫♪

今日は令和4年5月12日(木曜日) 先負です。

今日5月12日は、看護の日、アセロラの日

誕生花💐 アスチルベ

花言葉💐 「恋の訪れ」「自由」

花名の由来

属名の学名「Astilbe(アスチルベ)」は、ギリシア語の「a(無い)」+「stilbe(輝き)」を語源とし、葉につやがないこと(または個々の花が小さく目立たないこと)に由来するといわれます。

花言葉の由来

ごく小さな花が円錐状に集まり、ふんわりとしたやさしい印象をあたえるアスチルベ。

花言葉の「恋の訪れ」は、やがてつぼみが開き、ピンクや白のふわふわした花を咲かせる様子にちなむともいわれます。

アスチルベの誕生花

5月12日、6月1日、6月21日

  • これ以前の返信16件
  • 去年辺りは巣作って小鳥もいたのにナァ、近くのゴミ捨て場にいた鴉を飛びながら威嚇していた。
    やはり巣が近くにあるとあんな風に向かっていくんやのう(´ー`)

    • 通報する
  • ギルバトお疲れ様でした♪

    • 通報する
  • 返信を入力
2022/05/11
ネリコ@妹フェレットのコタツ猫♪

今日は令和4年5月11日(水曜日) 友引です。

今日5月11日は、鵜飼開きの日
エベレスト日本人初登頂記念日

誕生花💐 リンゴ

花言葉💐 「優先」「好み」「選択」

その他の花言葉

リンゴの実

「誘惑」「後悔」

リンゴの木

「名誉」

花名の由来

リンゴの名称は、平安時代の辞書『和名類聚抄』に「利宇古宇(りうこう、りうごう)」としてリンゴが記述されており、これが転訛したものともいわれます。

属名の学名「Malus(マルス)」は、リンゴの木を意味するラテン語に由来するといわれます。

花言葉の由来

花言葉の「優先」は、リンゴの美しい花が後の有益な果実の先触れであることに由来するといわれます。

「選択」の花言葉は、ギリシア神話のトロイア戦争の原因となった「パリスの審判」(下記参照)にちなむといわれます。

実の花言葉の「誘惑」「後悔」は、ヘビにそそのかされたイヴとアダムが禁断の果実(西欧ではしばしばリンゴの実とされます)を食べ、エデンの園を追放されたという旧約聖書の『創世記』に由来するといわれます。

リンゴの誕生花

4月8日、5月11日、9月29日

パリスの審判(ギリシア神話)

ある結婚式にすべての神が招待されましたが、不和と争いの女神エリスだけは招かれませんでした。

怒ったエリスは宴席に乗り込み「最も美しい女神にあたえる」として黄金のリンゴを投げ入れました。

するとこのリンゴをめぐって自分が最も美しいと信じていたヘラ(神々の王ゼウスの妻)、アテナ(戦いと知恵の女神)、アプロディーテー(愛と美の女神)の三女神が争いました。

困ったゼウスは、羊飼いの美少年パリス(イリオス王の息子)に判定させることにしました。

そこでパリスを買収するため、ヘラは「力と富」を与えるといい、アテナは「戦いにおける勝利」を約束し、アプロディーテーは「世界一の美女」を与えるといいました。

パリスは「世界一の美女」を選び、アプロディーテーに黄金のリンゴを与えました。

しかし「世界一の美女」はスパルタ王メネラーオスの妻ヘレネーのことで、これがイリオス攻め(トロイア戦争)の原因となりました。

2022/05/10
ネリコ@妹フェレットのコタツ猫♪

今日は令和4年5月10日(火曜日) 先勝です。

今日5月10日は、ファイトの日、コットンの日

誕生花💐 アゲラタム

花言葉💐 「信頼」「安楽」

花名の由来

属名の学名「Ageratum(アゲラタム)」は、ギリシア語の「ageratos(不老)」を語源とし、長い花期や鮮やかな花色が長い間保たれることにちなむといわれます。

和名の「大霍香薊(オオカッコウアザミ)」は、葉がシソ科のカッコウ(霍香)に似て、花がアザミ(薊)に似ていることに由来するともいわれます。

英語では「Floss flower」などと呼ばれます。

花言葉の由来

花言葉の「信頼」は、アゲラタムの長い花期にちなむといわれます。

アゲラタムの誕生花

5月10日、9月14日、10月24日、10月29日

2022/05/09
ネリコ@妹フェレットのコタツ猫♪

今日は、令和4年5月9日(月曜日) 赤口です。

今日5月9日は、呼吸の日、黒板の日

誕生花💐 キリ

花言葉💐 「高尚」

花名の由来

属名の学名「Paulownia(ポウロウニア)」は、江戸時代に長崎オランダ商館の医官として滞在したドイツの博物学者 シーボルト(1796~1866)がオランダ王妃アンナ・パヴロヴナ(Anna Paulowna / 1795~1865)に献名したものです。

アンナ・パヴロヴナはシーボルトを資金面で支援したといわれます。

和名の桐(キリ)の由来は諸説あり、キリは切ってもすぐに芽をだして成長するため「切る(きる)」が転訛したともいわれます。

英語では「Empress tree(女帝/皇后の木)」「Foxglove tree(狐の手袋の木)」「Princess tree(王女の木)」と呼ばれます。

花言葉の由来

中国神話の伝説の霊鳥である鳳凰(ほうおう)はキリの木にだけ止まるとされ、日本でもキリは伝統的に神聖な木とみなされてきました。

花言葉の「高尚」もこれにちなむといわれます。

キリの誕生花

5月9日

2022/05/08

ネリコ@妹フェレットのコタツ猫♪ Updated Group Wallpaper

BLRシュナイダー

今日は令和4年5月8日(Sunday)です。

5月8日は、ゴーヤーの日、松の日

今日が誕生日
キース・ジャレット

チャットを入力

グループに参加する