Marvel オールスターバトル

MARVEL オールスターバトル キャラ研究所

  • 公開グループ
  • 2495人が参加中
MARVEL オールスターバトル キャラ研究所

MARVEL オールスターバトル キャラ研究所

MARVEL オールスターバトル キャラ研究所メモ

全て表示

Lobi編集部おすすめ!最新ゲーム情報

【予約して特典ゲット】事前登録を活用しよう!

2020年11月後半『Lobiファミリー人気スタンプ大集合!』動画を観てスタンプゲット!キャンペーンのお知らせ

【運営からのお知らせ】LobiアプリのiOS14対応状況とiOS11.x、12.xのサポート終了について

2020年10月末〜11月前半『Lobiファミリー人気スタンプ大集合!』動画を観てスタンプゲット!キャンペーンのお知らせ

【運営からのお知らせ】定期メンテナンス実施のお知らせ

最新ゲームニュースをもっと見る

画像添付

スタンプ投稿

送信
1000

グループに参加してチャットを楽しもう!

2020/11/21
PUTAO

クリスタル追加キャラ紹介・考察
ガーディアン【改訂版】

カナダの国旗がデザインされたスーツを纏うヒーロー、ガーディアン
元々は優秀な科学者でしたが、カナダの秘密組織である「デパートメントH」の設立に関わり、そこに属するカナダ人のスーパーヒーローチーム「アルファフライト」のリーダーも務めています。
なお共にこのゲームに参戦したサスカッチはアルファフライトのチームメイトにあたります。
身に纏っているスーツは自身の手で作り上げたものであり、そのスーツに仕込んである地球の磁場を操作する力を駆使して彼は敵と戦います。
実際に使ってみた感触や、相手として出てきた際の対処法など、自分なりの考察をご紹介します!

  • これ以前の返信20件
  • ○AWディフェンスとしての評価
    前述した通り自動防御への対策が可能なキャラでないとやりにくいことから、AWディフェンスとしてお呼びがかかる機会はそれなりにあると思われます。オススメのノードは以下の通りです。

    ○発動対象の防衛戦略
    現在発動対象の防衛戦略はありません。

    ○オススメのノード
    ・アーマーアップ系ノード(時間無制限アーマーアップバフ、爆発的な性格、敵意:アーマーなど)
    どのアーマーアップが発動した場合でもガーディアンは自動防御を発動できるようになるため、相性は非常にいいと思います。

    ・最高の防衛とは…
    自動防御の発動確率が上がる上、ガーディアン自身の能力で自動防御時に得られるパワーと合わせてこのノードにより更にパワーを得られるのは非常に厄介となるでしょう。

    ・バフ不均衡-パワードレイン(ウィークネス)
    常にアーマーアップバフが発動しているため、それを消さない限りこれらのノードによる影響を受け続けてしまうのは非常に厄介だと思われます。

    ・攻撃カウンター-激怒(攻撃パワー率)
    このノードによるチャージのリセットには必殺技を使用しないといけないことから、自動防御への対策ができるキャラでないと必殺技を自動防御された際に反撃を受けかねないため相性は非常にいいと思われます。

    • 通報する
  • 次回は新キャラ、ハルク(イモータル)をご紹介します!

    • 通報する
  • 返信を入力
2020/11/15
PUTAO

諸事情によりなかなか更新できない状態が続いております。
いつもご覧いただいている皆さん、大変申し訳ありません。
更新できる状況になりましたら、溜まっている紹介は全て書かせていただきますので、今しばらくお待ち下さい。

2020/11/09
PUTAO

少し前に公式からアナウンスがありましたが、2021年に登場するキャラ1体をユーザーによる投票で決めるというイベントが始まります。
キャラの候補は8体で、Twitterにハッシュタグを付けた投票により8体→4体→2体→1体とキャラが絞られていくみたいですね。
皆さんはどのキャラに投票したいですか?

  • キャラ候補は以下の8体です。
    ①オコエ:MCUでもおなじみ、ブラックパンサーを守る親衛隊ドーラ・ミラージュの隊長
    ②ハーキュリース:「ヘラクレス」の名でも知られるゼウスの子にして伝説の戦士
    ③モービウス:映画化も決定している、科学の力で吸血鬼に変貌してしまったスパイダーマンのヴィラン
    ④ダズラー:一時期参戦の噂も囁かれていた、音を様々な光に変換する女性歌手ミュータント
    ⑤ブルーマーベル:反物質エネルギーを使って戦う黒人ヒーロー
    ⑥オメガ・センチネル:ナノマシンにより体のあちこちを武器へと変えて戦う女性ヒーロー
    ⑦アイアンハート:自作のアーマーを作り、アイアンマンの意志を継いだ天才少女
    ⑧モーガン・ル・フェイ:ドクター・ドゥームに魔法を教えた師匠でもある、アーサー王伝説に登場する魔女

    • 通報する
  • 返信を入力
2020/11/07
PUTAO

木曜日から解禁となったイベクエ騎士難度のボス攻略についてまとめていきたいと思います。
今回はハルク(イモータル)とアボミネーション(イモータル)がフィーチャーされたクエストとなっています。

  • これ以前の返信25件
  • ○アボミネーション(イモータル)の注意点
    このアボミネーション(イモータル)で注意すべき点は2つあります。
    ①毒耐性キャラは必須レベル!
    新アボミは接触しただけで確率で毒を付与してくる上、必殺2により発動する有毒性のオーラ(1枚目の画像で発動している緑色のガイコツマーク)を発動すると近づいている間毒を付与し続けてくるため、本家アボミやマンシングと同等、あるいは彼ら以上に毒が危険な相手となっています。
    ナノウィルスノードのせいでロボットキャラは使えないため、それ以外の毒耐性持ちキャラ(ペリオン、メデューサ、キャプマなど)やそれと同等以上の能力を持つキャラ(ゴーストなど)の持ち込みはほぼ必須と言ってもいいでしょう。

    ②とにかくタフ!
    今回のイベクエのボスはどれもタフな相手ばかりですが、新アボミもその例に漏れません。
    元々タフなのに加え、新アボミには自分自身で付与する毒デバフの数が多いほど物理抵抗が上昇する効果もあるため、長期戦になることを踏まえた上で根気よく体力を削っていく必要があるでしょう。

    • 通報する
  • ○攻略
    良くも悪くもその強さは毒ありきのものであることから、毒耐性キャラを持ち込んでしまえばタフさ以外は厄介な要素がない相手と化してしまいます。
    そのため特に削りダメージや追加ダメージが優秀な毒耐性持ちキャラ(ペリオン、オメガ、新キャプマなど)を用いるとかなり戦いやすくなるでしょう。
    なお必殺技については必殺2の2発目の毒液が連続ヒットする仕様であり避けにくいことから、基本は回避がしやすい必殺1を吐かせながら立ち回るのがオススメです。

    • 通報する
  • 返信を入力
2020/11/04
PUTAO

11月のキャラ紹介の予定です。
11月第1週:ガーディアン【改訂版】(クリスタル追加)
11月第2週:ハルク(イモータル)(新キャラ)
11月第3週:サスカッチ【改訂版】(クリスタル追加)
11月第4週:アボミネーション(イモータル)(新キャラ)
12月第1週:エア・ウォーカー【改訂版】(クリスタル追加)

※1 今月から来月にかけてリアルがかなり忙しくなるため、更新が大幅に遅れてしまう可能性があります。予めご了承下さい。
※2 一部能力の更新があったガンビットとファルコンについては、変更点のみを掻い摘んでプチ紹介を行う予定です。
またマグニートー(ハウス・オブ・X)の紹介については、以前からバグが発生していた戦闘前スキルの改善が未だ見られないため再度延期とさせていただきます。申し訳ありません。

PUTAO

新キャラ紹介・考察
コズミック・ゴーストライダー

パニッシャーことフランク・キャッスルがゴーストライダーへと変貌した姿であるコズミック・ゴーストライダー
サーファー、テラックス、エア・ウォーカーに続く4人目のヘラルドキャラとなりますね。
サノスが宇宙の全生命体を殺し尽くそうとしたとある世界において、パニッシャーも他のヒーロー達と同様サノスに殺され命を落としてしまいます。その後彼の魂は地獄へと送られ、そこでメフィストとの契約を行ったことにより彼はゴーストライダーとなりました。
その後サノスから逃げてきたギャラクタスとも契約を交わしたことによりヘラルドとしての力も手に入れた彼は、更に壮絶な運命に立ち向かっていくことになるのです。
実際に使ってみた感触や、相手として出てきた際の対処法など、自分なりの考察をご紹介します!

  • これ以前の返信24件
  • ○AWディフェンスとしての評価
    処罰デバフの厄介さや、一部ノードにより自動でジャッジメントを付与できることから、多少ユニーク要員寄りではあるもののAWディフェンスとしてお呼びがかかることはそれなりにあると思われます。
    ○発動対象の防衛戦略
    現在発動対象の防衛戦略はありません。

    ○オススメのノード
    ・遠くに存在する力、悪意
    勝手にパワーが溜まっていくのが厄介なのはもちろん、これらのノードによるパワーゲイン、パワーフラッドはパワーゲインのジャッジメントを自動で付与できるという点でも面倒になると思われます。

    ・憤怒
    ダメージ制限や防御不能が厄介なのはもちろんですが、このノードによる激怒バフは激怒のジャッジメントを自動で付与できるという点でもかなり厄介になると思われます。

    ・安定の蓄積-激怒(-防御不能)
    パワーロック(処罰)の効果が終了すれば、コズミックゴスラは自動で5個のアーマー破壊デバフを付与できるため、これらのノードの発動条件を満たしやすいと思います。

    ・バフ不均衡-ウィークネス(-パワードレイン)
    様々なバフを発動できるコズミックゴスラと、バフ発動時に相手に厄介な効果を付与するこれらのノードとの相性はいいでしょう。

    ・返品ポリシー
    バフを無効化されるとパワーを得られるため、ミスティックキャラへのカウンターとして使えるかもしれません。

    • 通報する
  • 次回はクリスタルに追加されるガーディアンをご紹介します!

    • 通報する
  • 返信を入力
2020/10/30
PUTAO

クリスタル追加キャラ紹介・考察
ヒットモンキー【改訂版】

一流の暗殺技術を持つニホンザル、ヒットモンキー
元々彼はごく普通のニホンザルでしたが、ある日彼が属するサルの一族が手負いの殺し屋を匿ったことで彼の人生は一変します。
その殺し屋がトレーニングしているところを見ているうちに、彼はその暗殺技術を見よう見まねで身につけました。そして別の殺し屋がその殺し屋と彼の仲間のサルを皆殺しにした時、彼は匿った殺し屋の武器を手に取り「殺し屋を殺す殺し屋」となったのです。
サル独特の身のこなしの軽さと、手だけでなく足でも銃を撃つという人間には真似できない技を武器に、彼は今日も傭兵や殺し屋相手に戦いを挑みます。
実際に使ってみた感触や、相手として出てきた際の対処法など、自分なりの考察をご紹介します!

  • これ以前の返信26件
  • ○AWディフェンスとしての評価
    ノックダウンすると何かと面倒なことから、AWのディフェンスでお呼びがかかることはそれなりに多いと思われます。オススメのノードは以下の通りです。
    ○発動対象の防衛戦略
    現在発動対象となる防衛戦略はありません。

    ○オススメのノード
    ・潮の満ち引き-ノックダウン
    立ち回り上ノックダウンが必要不可欠な上、ノックダウンするまではダメージも制限されてしまうこのノードとの相性は抜群だと思います。

    ・迫り来る気絶
    こちらもタイマーが回りきる直前に必殺技を撃たないといけないことからヒットモンキーをノックダウンするしかないため、同様に相性は非常にいいと思います。

    ・攻撃カウンター-激怒(-攻撃パワー率)
    こちらもチャージをリセットする上で必殺技を撃たないといけないため、同様に相性は非常にいいでしょう。

    ・最高の防衛とは…
    暗殺者の悪知恵の回避の確率を上げられる上パワーも獲得できることから相性はいいと思います。

    • 通報する
  • 次回は新キャラ、コズミック・ゴーストライダーをご紹介します!

    • 通報する
  • 返信を入力
2020/10/24
PUTAO

来月のアプデで能力の一部強化がアナウンスされていたガンビット、ファルコンの新たな能力の詳細が公式サイトに掲載されていました。
そちらを元に従来からの変更点、及び新たに追加された能力をまとめたものをこちらに載せたいと思います。
実際の仕様とは異なる部分があるかもしれないため、あくまで参考程度にご覧下さい。

○公式サイトURL
・ガンビット
https://playcontestofchampions.com/champion-spotlight-gambit/
・ファルコン
https://playcontestofchampions.com/champion-spotlight-falcon/

2枚の画像
  • ●ガンビット※能力強化版(ミュータント)
    ◎能力(数値はt5r5シグマックス時)
    ○防御時
    ・キネティック・チャージを1個得る得るまでにかかる時間が0.5秒→0.4秒に短縮
    ※フォールドがなくなった?
    マックスの10個チャージするまでの時間が早くなった?

    ○強攻撃チャージ時
    ・勇気バフの効果が18%→40%に、持続時間が10秒→16秒にそれぞれ上昇
    ※従来は強攻撃を当てなければ勇気バフを発動できなかったが、強攻撃をチャージするだけで発動できるようになった。

    ○気絶(新能力)
    ・相手に付与されている気絶デバフ1つにつき相手の回復率と獲得パワー率が40%減少する。
    ・ガンビットが必殺技を行なっている間相手に付与されている全気絶デバフの持続時間は一時停止される。

    ○中攻撃、強攻撃、必殺1、必殺2(新能力)
    ・これらの攻撃を当てると、相手が攻撃を受けた際に発動できる常時発動ダメージを0.2秒間100%減少させる。
    ※オメガの触手攻撃とほぼ同じ仕様?

    ○対空砲ジャケット(新能力)
    ・ガンビットはバトル開始時に、攻撃によるダメージを15394.5受けるまで持続する対空砲ジャケットチャージを得る。
    ・対空砲ジャケットが発動中、ガンビットはアーマーレーティングが1400上昇し流血効果が150%減少する。
    ・非接触の物理攻撃に対して、対空砲ジャケットにより追加でアーマーレーティングと物理抵抗がそれぞれ1400上昇する。

    ◎必殺技
    ・(新能力)相手がアーマーアップバフを持っていない場合、全ヒットのスキル精度が20%上昇する。
    ○必殺1
    気絶確率が相手のアーマーの低さに関わらず固定で85%となった。

    ○必殺2
    ・脳震とうデバフの発動確率が100%→85%に減少。持続時間が11秒→13秒に延長。

    ○必殺3
    ・(新能力)85%の確率で5秒間持続する気絶デバフを最大2個付与する。
    ※麻痺デバフは廃止

    ◎シグスキル:怒れるケージャン人
    ・(新能力)勇気バフ1つにつきクリティカルダメージレーティングが110.74上昇する。
    ・(新能力)対空砲ジャケットの効果が、ガンビットが更に攻撃により6157.8のダメージを受けるまで持続するようになる。

    • 通報する
  • ●ファルコン※能力強化版(スキル)
    ◎能力(数値はt5r5シグマックス時)
    ○シナジーボーナス強化
    ・ファルコン自身のシナジーボーナス1つにつき攻撃レーティング3%上昇の追加効果が発動する。
    ※従来の物理耐性上昇、クリティカルダメージレーティング上昇の効果は廃止

    ○レコンスキャン
    ・ロックオン発動までに必要な防御の継続時間が2秒→1.2秒に短縮。持続時間が10秒→14秒に延長。
    ・相手がサイエンスキャラの場合のロックオンの持続時間の延長率が20%から40%に上昇。
    ・(新能力)ロックオン発動中、ファルコンの攻撃レーティングが3152.5上昇する。

    ○相手の回避時
    ・従来の効果(相手の完全回避時に常時発動の残虐のストック発動)に加え、ロックオン発動中に相手が回避に失敗した場合も同様に常時発動の残虐のストックを得られるようになった。

    ◎必殺技
    ・(新能力)ロックオンが発動中、各必殺技に「照準」の追加効果が発動。
    ○必殺1
    ・流血の発動確率がロックオンを発動しているか否かに限らず100%となった。
    ・(新能力)照準:100%の確率で追加の流血を付与する.

    ○必殺2
    ・(新能力)照準:この攻撃中クリティカルダメージレーティングが816.67上昇。加えて2発目の攻撃はクリティカル率が100%となる。

    ○必殺3
    (新能力)照準:100%の確率で25秒間弱点デバフを付与する。弱点デバフを付与された相手への攻撃はクリティカルダメージレーティングが816.67上昇し、相手は防御能力が50%減少する。

    ◎シグスキル:Exo-8
    変化なし

    • 通報する
  • 返信を入力
2020/10/17
PUTAO

新キャラ紹介・考察
レッドゴブリン

グリーンゴブリンがカーネージのシンビオートと共生を果たした恐るべき存在、レッドゴブリン
元々持っていた各種武装が強化されている上、シンビオートの特性であるスパイダーセンスの無力化や炎への耐性といった新たな能力も身につけており、スパイダーマンにとっては最凶最悪のヴィランと言えます。
このゲームでも両者の特性が色濃く反映されており、グリーンゴブリンが持っていたパンプキンボムによる各種デバフとシンビオートキャラ特有の様々なバフの両方を発動して戦うキャラとして参戦しました。
実際に使ってみた感触や、相手として出てきた際の対処法など、自分なりの考察をご紹介します!

  • これ以前の返信20件
  • ○AWディフェンスとしての評価
    最近のキャラの中では比較的戦いやすいキャラなので、ユニーク要員以外でAWディフェンスでお呼びがかかることはあまりないと思われます。
    オススメのノードは以下の通りです。

    ○発動対象の防衛戦略
    ・防衛戦略(サイフォン)
    ヴィランキャラであるレッドゴブリンはこの防衛戦略の対象キャラとなっています。
    防御貫通率アップの効果は面倒ですが、頑固が主流の現環境で採用されることはほぼないでしょう。

    ○オススメのノード
    ・バフ不均衡-ウィークネス(パワードレイン)
    バフを発動する機会が多いため、他のコズミックキャラ同様これらのノードとの相性はいいでしょう。

    ・返品ポリシー
    発動したバフを消されてもパワーを得られるので、ミスティックキャラに対するカウンターとして相性はいいと思います。

    ・遠くに存在する力、悪意、キネティック転移、パワーフォーカス2
    回避がしにくい必殺2を撃ってきやすくなるので相性は悪くないと思います。

    • 通報する
  • 次回はクリスタルに追加されるヒットモンキーをご紹介します!

    • 通報する
  • 返信を入力
2020/10/10
PUTAO

クリスタル追加キャラ紹介・考察
ティグラ【改訂版】

ネコ科の動物のような見た目と尻尾が特徴的な女性ヒーロー、ティグラ
彼女はもともと「キャット」という名前のヒーローとして活動していました。しかし未亡人でお金に困っていた彼女は、自身が助手として働いていた博士の実験に参加します。
その博士は「キャット・ピープル」と呼ばれる種族に属する人物であったことからヒドラに目をつけられ狙われてしまいます。博士を守るために戦い重傷を負ってしまった彼女は博士とキャット・ピープル達による儀式を経てティグラへの変身を遂げたのでした。
実際に使ってみた感触や、相手として出てきた際の対処法など、自分なりの考察をご紹介します!

  • これ以前の返信25件
  • ○AWディフェンスとしての評価
    前述した通り、他のディフェンス強キャラと比べて抜きん出た強さは持たないのでユニーク要員としての意味合いが強いものの、防御不能は厄介なことからAWのディフェンスでお呼びがかかることはそれなりにあるかもしれません。
    オススメのノードは以下の通りです。
    ○発動対象の防衛戦略
    現在発動対象の防衛戦略はありません。

    ○オススメのノード
    ・遠くに存在する力、悪意、パワーフォーカス2
    パワーが貯まっていきやすくなるノードであるため、やや面倒な必殺技を出しやすくなると思われます。

    ・憤怒、必殺1改、必殺2改
    どれも防御不能が発動するノードなので断裂デバフの付与に役立つかもしれません。

    ・遠距離恋愛、燃料切れ寸前
    防御不能を発動させまいとしてティグラに近づいている時に、これらのノードによるウィークネスや疲労を付与されやすくなると思われます。

    • 通報する
  • 次回は新キャラ、レッドゴブリンをご紹介します!

    • 通報する
  • 返信を入力
2020/10/08
PUTAO

本日から解禁となったイベクエ騎士難度のボス攻略についてまとめていきたいと思います。
今回はレッドゴブリンとコズミック・ゴーストライダーがフィーチャーされたクエストとなっています。

※なお道中に付いている特定のクラスのキャラへの恩恵があるノードについては、先月の騎士難度のイベクエと同じだったので割愛させていただきます。

  • これ以前の返信13件
  • ・処罰デバフに注意!
    本家ゴスラは必殺3で付与していた処罰デバフですが、コズミックゴスラは相手に付与されたジャッジメントが5個に達すると強制的に処罰デバフを付与してきます(画像)。
    そのため本家ではまず食らうことがなかった処罰デバフによるダメージや各種効果(パワーロック、ヒルブロ、運命封印)の影響を受けやすくなっているのは本家より厄介と言えるでしょう。
    もちろん本家同様処罰デバフの効果が終了すればコズミックゴスラはジャッジメントの効果を再発動できるようになってしまうため、5個以上のジャッジメントを付与されないよう注意しながら立ち回る必要があります。

    ・ヴィランキャラの使用は厳禁!
    介入ノードと「熟練のエネルギー3」ノードがあるせいで、ヴィランキャラはかなり厳しい戦いを強いられてしまいます。
    そのため強力なヴィランキャラ(特に有利クラスであるドゥームやモジョーなど)は使用しない方がいいでしょう。

    • 通報する
  • ○攻略
    ジャッジメントで発動してくる効果やノードは全てバフであることから、無効化を使えるヴィランキャラ以外のミスティックの強キャラ(クレア、シンスプ、ヴードゥー、ソーサラーなど)は非常に相性がいいと思います。攻略の際はぜひ持ち込んでおきましょう。
    ただし上記の通りジャッジメントを5個付与されることで発動する処罰デバフを付与されると厄介なので、付与されるジャッジメントは多くて4個に留めるよう立ち回る必要があります。
    コズミックゴスラが攻撃を受けることで発動するアーマーアップのジャッジメントや必殺技発動時に発動する残虐のジャッジメント、いずれかの必殺技で発動するジャッジメント(必殺1の場合は防御不能、必殺2の場合は精度)の計3個はほぼ確実に付与されてしまうので、それ以外のジャッジメントは極力発動させない方がいいでしょう。
    特に気を付けなければならないのは強攻撃チャージによる適性のジャッジメントです。不意に付与される可能性があり、上記のものと合わせるとそれだけで4個に達してしまいます。
    そのため付与されてもいいように、念のため吐かせる必殺技は必殺1のみとし、必殺2による精度のジャッジメントを付与されないよう立ち回ると安全でしょう。幸い回避はしやすい方ですが、最初だけはジャッジメントの効果により防御不能バフが発動してしまうため注意しましょう。

    • 通報する
  • 返信を入力
2020/10/07
PUTAO

今月のアプデによりパニッシャー2099の能力が一部強化されました。
先月のマグニートーのような大幅な変化こそなかったものの、既存の能力を順当に強化し今までよりも扱いやすくなっていると思います。
ここでは変更が加えられた点について「プチ紹介」を行います。

  • これ以前の返信3件
  • ④シグスキルについて
    ・バトル開始時に獲得できるボーナスのバッテリー量が15%→25%に増加。
    ・パワーロックの発動条件が「相手のパワーゲージがマックスになった場合」から「相手のパワーゲージが3本貯まった場合」に変更(=つまりゲージの最大数が1本、2本の場合には発動しないことになりますが、ぶっちゃけ気にしなくても問題はないでしょう)。
    パワーロックの持続時間が延長。発動直前に減らす相手のパワーが最大パワーの5%→15%に上昇し、消費するバッテリー量が50→40に減少。

    パワーロックの持続時間が延長され減るパワーも多くなり、消費するバッテリーも少なくなったことで、ペリオンなどパワーが貯まりやすい相手であっても必殺3を撃たせないよう立ち回ることが比較的容易になったと思われます。

    • 通報する
  • ○ユニークシナジーについて
    ・パニッシャーとのシナジー
    パニッシャー2099:バトル開始時に貯まるパワーの量が最大パワーの20%→最大パワーの25%に上昇。
    パニッシャー:激怒と流血のスキル精度上昇割合が20%→25%に上昇。

    ・キャップとのシナジー
    シナジーの対象キャラにWWⅡ、ヒゲキャップが追加。
    パニッシャー2099:バトル開始時に貯まるバッテリー量が20→25に増加。
    キャップ:シナジーの発動対象となるデバフに気絶、疲労に加えて流血が追加。シナジー効果である攻撃レーティング上昇効果が15%→20%に上昇。

    ・レッドスカルとのシナジー
    レッドスカル:ヒルブロの持続時間が7.5秒→9秒に延長。
    パニッシャー2099:ヒルブロ、アーマー破壊、パワーロックの持続時間の延長割合が50%→60%に上昇。

    • 通報する
  • 返信を入力
PUTAO

10月のキャラ紹介の予定です。
10月第2週:ティグラ【改訂版】(クリスタル追加)
10月第3週:レッドゴブリン(新キャラ)
10月第4週:ヒットモンキー【改訂版】(クリスタル追加)
10月第5週:コズミック・ゴーストライダー(新キャラ)
11月第1週:ガーディアン【改訂版】(クリスタル追加)

※なお前回のアプデで強化され(バグなのか仕様なのかよく分からない部分が多く紹介を放置していた)マグニートー(ハウス・オブ・X)の紹介も今月中に書きたいと思います。
また今回のアプデで能力が少し強化されたパニッシャー2099については、変更前から変わった点のみコンパクトに紹介する予定です。

2020/10/03
PUTAO

新キャラ紹介・考察
アポカリプス

人類史上最古のミュータントであるアポカリプス
何千年もの昔の古代エジプトにて生まれた彼は盗賊団に拾われ「エン・サバ・ヌール(第一の者)」という名を与えられました。その中で強者だけが生き残ると言い聞かされてきた彼は「適者生存」という考えを強く抱くようになります。
その後強大なミュータント能力に目覚めた後はその信念を実現するために動き出し、紆余曲折を経てX-MENと幾度となく対峙していくことになります。
分子構造の変化や不老不死など、まさに規格外の強力な能力を多数持っており、聖書の黙示録の四騎士になぞらえた4人のミュータントを「フォーホースメン(黙示録の四騎士)」として常に従えているのが特徴ですね。
実際に使ってみた感触や、相手として出てきた際の対処法など、自分なりの考察をご紹介します!

  • これ以前の返信30件
  • ○オススメのノード
    ・ボス(DANGER!)
    最初から遺伝子コードが3個貯まってしまうため、(ロボットキャラを使わない限り)1回でも負けてしまうと遺伝子コードが最大の4個まで貯まってしまい強制気絶を発動されてしまう可能性があることから、他のキャラ以上にワンショットが求められる強敵になると思われます。
    「頑固」の防衛戦略が付いていた場合その恐ろしさは更に跳ね上がってしまうでしょう。

    ・敵意:勇気
    必殺技による削りはデフォルトの状態でも十分痛いので、このノードで更に必殺技のダメージを上げられると防御していてもかなり体力を減らされてしまうと思われます。

    ・キネティック転移
    どうしても必殺技を防御しがちになることから、相手の防御でパワーが貯まるこのノードとの相性は非常にいいと思われます。

    ・パワーフォーカス2、遠くに存在する力、パワースナック、バックアップ・リカバリー、パワー温存
    どれもパワーが貯まりやすくなるノードなので、必殺技が厄介なアポカリプスとの相性はかなりいいと思います。

    ・気絶耐性、絶好のチャンス-気絶、見事な反射with頑固
    受け流しができなくなることで強攻撃を避けてから反撃することが多くなるノードですが、その強攻撃を避ける際に頑固の破壊不能を付けられる可能性があるためかなり戦いにくい相手になると思われます。
    バトルに2回負けてしまい遺伝子コードを4個まで貯められると弱攻撃防御による強制気絶にも気を付けなければならない分更に戦いにくくなってしまうでしょう。

    • 通報する
  • 次回はクリスタルに追加されるティグラをご紹介します!

    • 通報する
  • 返信を入力
2020/09/29
PUTAO

10月の新キャラのリーク情報が発表されました!
パニッシャーがゴーストライダーに変貌しギャラクタスからパワーを得た姿であるコズミック・ゴーストライダーと、グリーンゴブリンがカーネージのシンビオートを取り込んだ姿であるレッドゴブリンが参戦するそうです!
どちらもハロウィンらしい怪物然としたキャラになっていますね笑
また両方とも元のキャラが既にゲーム内に存在しているので、それらとどう能力が区別されるのか楽しみです!
続報をお待ちください!
https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=CXSGAxQK-K4

2020/09/27
PUTAO

クリスタル追加キャラ紹介・考察
レッド・ガーディアン【改訂版】

映画「ブラック・ウィドウ」に登場する赤い戦士、レッド・ガーディアン
原作においてはブラック・ウィドウと夫婦関係であり、キャプテン・アメリカに対抗するためにソ連によって鍛え上げられた兵士として登場しました。
超人的な能力こそ持っていないものの、卓越した戦闘能力・パイロットとしての飛行技術・スチール製のシールドを武器に戦います。
一方映画ではブラック・ウィドウの「父」として登場し、他の「家族」と共にタスクマスターらと戦うようですが、果たして彼女との本当の関係は…
実際に使ってみた感触や、相手として出てきた際の対処法など、自分なりの考察をご紹介します!

  • これ以前の返信19件
  • ○相手として出てきた際の評価
    最も警戒しなければならないのは耐久力が0になった際に強制的に気絶とトラウマデバフを付与されてしまうことでしょう。
    レッド・ガーディアンの防御の上から攻撃を当てなければシールドの耐久力は減らないので、基本はレッド・ガーディアンが防御した際に攻撃を仕掛けなければ問題はありません。
    ただ危険なのは防御不能の攻撃を持つキャラの場合。基本攻撃が防御不能になるキャラ(オメガなど)を使った際に防御の上から攻撃を当ててしまうと1発でアウトになってしまう可能性があります。また必殺技が防御不能になるキャラも気絶こそしないものの、必殺技を防御されてしまい反撃を受ける可能性はあるので同様に警戒する必要があると思います。

    とは言え防御の上から攻撃を仕掛けないよう気をつけさえすればそこまで強敵にはならないでしょう。必殺技も両方距離を取るだけでやり過ごせるのでミスさえしなければ倒すことはそこまで難しくないと思います。

    ○AWディフェンスとしての評価
    アタッカーでの強さが際立つキャラである上、上記の通り相手として出てきた際はそこまで脅威にはならないこと、更には現在の環境で使用できるどの防衛戦術にも対応していないことから、AWのディフェンスではユニーク要員以外でお呼びがかかることはほぼないと思われます。

    • 通報する
  • 次回は新キャラ、アポカリプスをご紹介します!

    • 通報する
  • 返信を入力

チャットを入力

グループに参加する