Marvel オールスターバトル

MARVEL オールスターバトル キャラ研究所

  • 公開グループ
  • 2451人が参加中
MARVEL オールスターバトル キャラ研究所

MARVEL オールスターバトル キャラ研究所

MARVEL オールスターバトル キャラ研究所メモ

全て表示

Lobi編集部おすすめ!最新ゲーム情報

【運営からのお知らせ】LobiアプリのiOS14対応状況とiOS11.x、12.xのサポート終了について

【運営からのお知らせ】AndroidOS 4.x・5.xのサポート終了について

スタンプが無料でもらえる!「動画を観てスタンプゲットキャンペーン」9月分スタート!

2020年8月末 3日間限定『月末だぜ!Lobiファミリー人気スタンプ大集合!8月編』動画を観てスタンプゲット!キャンペーンのお知らせ

~アイヒロYoutuber対決企画~勝利を手にしたのは果たして、、、

最新ゲームニュースをもっと見る

画像添付

スタンプ投稿

送信
1000

グループに参加してチャットを楽しもう!

2020/09/16
PUTAO

新キャラ紹介・考察
プロフェッサーX

最も有名なミュータントのヒーローチーム、X-MENの創始者である地上最強のテレパス、プロフェッサーX
一般的には坊主頭と車椅子に乗っている姿が印象的ですが、このゲームではファントメックスというミュータントの肉体に精神を移し、小型化されたセレブロを頭に装着した姿で参戦しています。
元々は「ミュータントと人類の共存」を誰よりも願っていましたが、恋人であったモイラ・マクタガートから今のやり方を変えない限りミュータントの滅亡が確定してしまうことを告げられた彼は願っていた理想の実現を諦めてしまいました。
その後「クラコア」と呼ばれる生きたミュータントの楽園を設立した彼は、かつての宿敵であったマグニートーや他のミュータントらと共にミュータントを守り、人類を従わせる計画を実行に移していきます。
実際に使ってみた感触や、相手として出てきた際の対処法など、自分なりの考察をご紹介します!

  • これ以前の返信36件
  • 次回はクリスタルに追加されるレッド・ガーディアンをご紹介します!

    • 通報する
  • ※訂正
    白マグの指導ブーストによる攻撃力上昇効果は「#金属」タグ持ちやヒーローキャラだけでなく全キャラに適用される効果であるため、プロフェッサーXとのシナジー効果も全キャラに適用されることになります。申し訳ありません。

    • 通報する
  • 返信を入力
2020/09/13
PUTAO

クリスタル追加キャラ紹介・考察
ブラック・ウィドウ(デッドリー・オリジン)【改訂版】

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」において衝撃的な決断を下したブラック・ウィドウ
アベンジャーズを「家族」と捉えるほど大切にしていた彼女がなぜその決断を下したのか。その背景には彼女の過去と繋がるとある出来事がありました。
「シビル・ウォー」の後に再会したもう1つの「家族」と、彼女の過去に関わる闇と向き合ったことにより、彼女はどのような思いを抱いてあの戦いに赴いたのか。それは映画「ブラック・ウィドウ」で描かれることでしょう。
実際に使ってみた感触や、相手として出てきた際の対処法など、自分なりの考察をご紹介します!

  • これ以前の返信19件
  • ○AWディフェンスとしての評価
    回避カウンターや、それに伴い付与される妨害デバフは厄介なことから、AWディフェンスとしてお呼びがかかることはそれなりにあるかもしれません。
    ただ他のディフェンス強キャラに比べれば戦いやすい部類ではあると思うので、どちらかというとユニーク寄りといった感じでしょうか。
    オススメのノードは以下の通りです。

    ○発動対象の防衛戦略
    現在発動対象となる防衛戦略はありません。

    ○オススメのノード
    ・パワーフォーカス1
    回避を発動できる必殺1を使用する機会が増えやすいこのノードとの相性はとてもいいと思われます。

    ・消耗
    ショックや困惑を付与できた際に、それらの効果時間を延長できるため相性は悪くないと思われます。

    • 通報する
  • 次回は新キャラ、プロフェッサーXをご紹介します!

    • 通報する
  • 返信を入力
2020/09/11
PUTAO

アップデートキャラ紹介・考察
マグニートー

X-MEN最大の宿敵として非常に有名なミュータント、マグニートー
元々ユダヤ人だったことで迫害を受けていた彼は、人類に対して強い敵意を持つようになりました。そして自身のミュータント能力に目覚めてからは「進化した人類であるミュータントが人類を支配すべき」という思想の元「ブラザーフッド・オブ・イビル・ミュータンツ」を結成し、「ミュータントと人類の共存」を目指すプロフェッサーX率いるX-MENとは敵対していくことになります。
磁場を自由自在に操るその能力から「磁界王」という異名を持ち、その力はミュータントの中でも最強クラスとされています。
このゲームではそれが嘘のような微妙なキャラでしかありませんでしたが、アプデによりその異名にふさわしい圧倒的な強さを持って帰ってきました。
実際に使ってみた感触や、相手として出てきた際の対処法など、自分なりの考察をご紹介します!

  • これ以前の返信18件
  • ○相手として出てきた際の評価
    以前は「#金属」タグ持ちキャラを使うと多少面倒な程度でそこまで面倒な相手ではなかったものの、アプデにより磁化の効果が大幅に強化されたことから、以前のように「#金属」タグ持ちのキャラでゴリ押しすることはかなり危険になっています。
    大幅に能力を抑制されてしまうため、「#金属」タグ持ちのキャラは絶対に使わないようにしましょう。
    ただし「#金属」タグ以外のキャラを使えば、シグスキルによりダメージが制限されてしまうことを除けばアプデ前とそこまで大差はないと思います。
    なお必殺技については基本どちらを吐かせても問題はないと思います(ただ個人的には必殺2の回避に失敗することがたまにあるため、よく必殺1を吐かせるようにしています…)

    • 通報する
  • ○AWディフェンスとしての評価
    基本は「#金属」タグキャラを使用しなければ問題はありませんが、一部のノードではかなり戦いにくいキャラとなるため、少々ユニーク要員寄りではあるもののAWディフェンスとしてお呼びがかかることは多少あるかもしれません。
    オススメのノードは以下の通りです。
    ○発動対象の防衛戦略
    ・防衛戦略(サイフォン)
    ヴィランキャラであるマグニートーはこの防衛戦略の対象キャラとなっています。
    シグスキルの効果と合わせて防御貫通率が上がるのはかなり厄介ですが、頑固が主流である現在の環境で採用される機会はほぼないと思われます。

    ○オススメのノード
    ・気絶耐性、見事な反射、絶好のチャンス-気絶
    強攻撃発動中無敵バフを発動できるようになったことから、受け流しの気絶ができないこれらのノードとの相性は抜群だと思います。

    ・敵意:勇気
    必殺技のダメージが上げられるのは嬉しい上、仮に必殺2でアーマー破壊を付与できた場合、このノードにより勇気を発動するだけで持続時間をリセットできる(と思われる)のでアタッカーによっては厄介になると思われます。
    おまけに敵意:勇気がついている38番ノードにはパワーフォーカス2も付いていることから、少々回避しにくい必殺2を使ってきやすくなるのも厄介さを増すポイントになると思います。

    • 通報する
  • 返信を入力
2020/09/05
PUTAO

遅くなりましたが、9月のキャラ紹介の予定です。
9月第2週:ブラック・ウィドウ(デッドリー・オリジン)【改訂版】(クリスタル追加)
9月第3週:プロフェッサーX(新キャラ)
9月第4週:レッド・ガーディアン【改訂版】(クリスタル追加)
10月第1週:アポカリプス(新キャラ)
10月第2週:ティグラ【改訂版】(クリスタル追加)

※なお今月のアプデで能力が強化されたマグニートー、マグニートー(MARVEL NOW!)についても近日中に紹介を書きたいと思います。

2020/09/03
PUTAO

新キャラ紹介・考察
ドラゴンマン

グレッグソン・ギルバート博士によって作られたドラゴンの姿をしたアンドロイド、ドラゴンマン
当初はただのアンドロイドに過ぎなかったドラゴンマンは、ディアブロの錬金術を受けたことで命を吹き込まれ生きたロボットとなりましたが、そのディアブロをはじめとした様々なヴィランに操られファンタスティック・フォーをはじめとしたヒーロー達と戦うことを余儀なくされてしまいます。
その後紆余曲折を経て、ミスター・ファンタスティックの娘であるヴァレリア・リチャーズによってプログラムをアップグレードされたドラゴンマンは高い知性を獲得し、ファンタスティック・フォーが発展したチーム「フューチャー・ファウンデーション」の一員として活動しています。
実際に使ってみた感触や、相手として出てきた際の対処法など、自分なりの考察をご紹介します!

  • これ以前の返信21件
  • ○オススメのノード
    ・気絶耐性、絶好のチャンス-気絶、見事な反射
    パワーチャージを消す手段の1つである受け流しが使えなくなることから、無効化や化石化を使用できるキャラを使わないとグングンパワーを貯められてしまうため相性は非常にいいと思われます。

    ・パワーゲイン向上
    パワーチャージの効果を上げられるため相性はいいと思います。

    ・返品ポリシー
    パワーチャージを無効化された際にパワーを得られるため、無効化を使用するミスティックキャラへのカウンターとして相性はいいと思われます。

    ・遠くに存在する力
    仮にパワーチャージが消えてもこのノードによるパワーゲインでパワーを得られるため相性はいいでしょう。

    • 通報する
  • 次回はクリスタルに追加されるブラック・ウィドウ(デッドリー・オリジン)をご紹介します!

    • 通報する
  • 返信を入力
2020/09/02
PUTAO

本日から解禁となったイベクエ騎士難度のボス攻略についてまとめていきたいと思います。
今回はプロフェッサーXとアポカリプスがフィーチャーされたクエストとなっています。

  • これ以前の返信19件
  • ○アポカリプスの注意点
    このアポカリプスで注意すべき点は2つあります。
    ①ボスで出てきたアポカリプスは非常に危険!
    ボスで出てきたアポカリプスは継続的なチャージを一気に3つ貯めた状態でバトルを開始します(1枚目)。
    継続的なチャージを3つ持つアポカリプスは気絶耐性を得てしまう(2枚目)上、仮に倒されてチャージを4個まで貯められてしまうと、アポカリプスは弱攻撃が防御された際に気絶を付与してくる凶悪な能力を発動してしまいます。
    そのため油断するとあっという間に瞬殺されてしまうでしょう。

    ②必殺技の回避が非常に困難!
    アポカリプスは必殺1、2共に腕の大砲からビームやエネルギー弾を撃ってきますが、これらの全回避は非常に難しくどうしても体力を削られがちになってしまいます。
    かと言って回避しようとするとモロに技を食らい凶悪なデバフを付与されかねないのが非常に厄介になっています。

    2枚の画像
    • 通報する
  • ○攻略
    最近のキャラの中では珍しいシンプルに凶悪な相手となっています。
    気絶耐性は非常に厄介なことから、次元転送で気絶耐性を気にせず戦える上ダッシュカウンター判定も取りやすいゴーストは攻略に最適と言っていいでしょう。
    とにかくダッシュカウンターをできるだけ多く取って先見の明ノードにより火力を上げ、早めにケリを付けるのが最も効果的な戦い方だと思います。
    なお前述の必殺技はどちらも回避しにくいため、回避に自身がない場合は無理に回避するのは控えた方がいいと思います(実際自分もほぼ防御でやり過ごすことしかできませんでした)。
    ただし必殺2はエネルギー弾を連射した後強烈なパンチとドロップキックが飛んでくるため、例え防御していてもかなり体力を減らされてしまうでしょう。
    そのためまだ削られる体力が少なめである上多少回避もしやすい必殺1をできる限り吐かせるのがオススメだと思います。

    • 通報する
  • 返信を入力
PUTAO

【お知らせ】今月のイベクエから、新たに収集難度の上である騎士難度が追加されました。
そのため毎月行なっている収集難度のイベクエの攻略紹介は、今後騎士難度のイベクエの攻略紹介に変更させていただきます。
騎士難度のイベクエの攻略紹介では、従来のイベクエの攻略紹介でも書いていた各クエストのボスの攻略に加え、各クエストの道中に付いている特徴的なノードについての紹介も合わせてしていきたいと思います。

2020/08/30
PUTAO

アップデートキャラ紹介・考察
ハルクバスター

映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」において、ハルクが暴走してしまった際の対抗策としてアイアンマンことトニー・スタークとハルクことブルース・バナーによって共同開発されたMk-44アーマー、通称「ハルクバスター」
作中ではスカーレットウィッチの手によって暴走させられてしまったハルクを止めるためにアイアンマンが装着し激闘を繰り広げました。
その後映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」では改良型のマーク2が登場し、とある事情でハルクが出てこなくなってしまったバナーが装着してサノスの軍勢と戦いました。
このゲームでは当初かなり微妙な性能でしたが、能力のアップデートにより攻撃面・防御面の両方で様々な強化を受けて帰ってきました。
実際に使ってみた感触や、相手として出てきた際の対処法など、自分なりの考察をご紹介します!

  • これ以前の返信18件
  • ○AWディフェンスとしての評価
    かなり厄介な能力を持った相手になったことから、AWのディフェンスとしてお呼びがかかることは多くなると思われます。
    オススメのノードは以下の通りです。
    ○発動対象の防衛戦略
    ・防衛戦略(砦)
    「#金属」タグを持つハルバスはこの防衛戦略の対象キャラとなっています。
    弱点の1つであるアーマー破壊への耐性を得られるのはハルバスにとって非常に嬉しい効果となるでしょう。
    ただし頑固が主流の現環境で使用される機会はほぼないと思われます。

    ・防衛戦略(頑固)
    「#防御型:タンク」のタグを持つハルバスはこの防衛戦略の対象キャラとなっています。
    現在主流の防衛戦略であるため、十分厄介な相手になると思われます。回避せず防御したい必殺技も、防御不能のせいで防御ができないのもかなり厄介でしょう。

    ・防衛戦略(守護)
    XLサイズであるハルバスはこの防衛戦略の対象キャラとなっています。
    特に高火力キャラが使いにくくなるのは厄介ですが、こちらも現環境で採用される機会はほぼないと思われます。

    • 通報する
  • ○オススメのノード
    ・ハザードシフト-焼却と毒
    毒と焼却への耐性を持っていないときつい上、ハルバスは更にショックデバフも付与できることから相当な難敵になると思われます。

    ・敵意:アーマー、爆発的な性格、バフブースト(アーマーアップ)
    長所であるアーマーアップを活かすことができるでしょう。

    ・パワーフォーカス2、悪意、遠くに存在する力
    回避が困難な必殺2を使用しやすくなるため相性はいいと思われます。

    ・バフ不均衡-パワードレイン(ウィークネス)
    時間無制限のアーマーアップバフを発動できるため、このノードの影響を与えやすくなると思われます。特に相手がショック対策でクリティカルを発動しないキャラを持ってきた際は効果抜群でしょう。

    • 通報する
  • 返信を入力
2020/08/29
PUTAO

あまりに突然のことでまだ頭が追いつきません…
「シビル・ウォー」から「エンドゲーム」まで、とてもカッコいいブラックパンサーを演じて下さり、本当にありがとうございました。MCUの中でも特に好きなキャラの1人でした。
チャドウィック・ボーズマンさんのご冥福をお祈り致します。

PUTAO

9月の新キャラ情報がようやく発表となりました!
X-MENを取りまとめるリーダーであるプロフェッサーXと、太古の昔からその力を奮ってきた最強クラスのミュータント、アポカリプスが満を持して登場します!
どちらも非常に有名なミュータントですね!
能力などの情報は現状不明なので、続報をお待ちください!

  • なお今回のアップデートにより、一部のキャラに新しく「#金属」タグが追加されることがアナウンスされています。
    今回のアプデにより、マグニートーは磁力の効果が格段に強力になることから、これらのキャラは今後マグニートーを相手取りにくくなってしまうと思われるので注意が必要です。

    ・新たに「#金属」タグが追加されるキャラ
    アニヒラス
    コーヴァス・グレイヴ
    ヘイムダル
    ハルク(ラグナロク)
    ノヴァ
    プロキシマ・ミッドナイト
    ロナン
    タスクマスター
    サノス
    ソー
    ソー(ジェーン・フォスター)

    ・「#金属」タグが除外されるキャラ
    グウェンプール

    • 通報する
  • 返信を入力
2020/08/23
PUTAO

通常のマグニートーと共に能力のアップデートがアナウンスされていたマグニートー(MARVEL NOW!)の新能力のβ情報が出ていたので、自分が翻訳したものをこちらに載せたいと思います。
あくまでβの情報である上、自分の翻訳や解釈が間違っている可能性もあるので、あくまで参考程度にご覧下さい。

・参考動画
https://m.youtube.com/watch?v=SLdTYrvTytM

  • これ以前の返信1件
  • ◎必殺技
    ・必殺技発動中全勇気バフの残り時間は一時停止する。加えて技発動時に発動していた勇気バフの数に基づいた追加効果を発動する。
    ・1個以上:スキル精度が50%上昇。
    ・2個以上:バフとデバフの持続時間が50%上昇。
    ・6個以上:バフとデバフの効果が50%上昇。
    ・9個以上:相手が攻撃を受けた際に得るパワーが80%低下。

    ○必殺1
    ・70%の確率で14秒間持続するアーマー破壊デバフを付与し、アーマーアップバフを1個除去してアーマーレーティングを1130減少させる。

    ○必殺2
    ・70%の確率で流血デバフを付与し、6秒間で2761の直撃ダメージを与える。相手が「#金属」タグ持ちの場合、代わりに体力低下デバフを付与する。相手がアーマー破壊デバフを付与されていた場合、70%の確率でこれらの効果を追加でもう1個付与する。

    ○必殺3
    ・70%の確率で残虐バフを発動し、40秒間クリティカルダメージレーティングが400上昇する。この残虐バフが発動している間、マグニートーがその時点で発動している勇気バフの残り時間は一時停止する。

    ◎シグスキル:進化しても忘れるな
    突然変異-バトル中常に発動
    ・マグニートーが必殺技を発動している間、彼のバフとデバフは勇気の数に基づく追加効果をいくつ発動したかに基づき持続時間が最大120%延長される。勇気により必殺技ダメージが150%上昇すると効果は最大となる。
    ・相手を倒した際に追加で1個の継続的なチャージを得る。

    • 通報する
  • ◎ユニークシナジー
    ○金属親和力withX-23、ケーブル、タスクマスター
    ・マグニートー:時間無制限の勇気バフを発動し、必殺技のダメージが20%上昇する。
    ・X-23:流血と残虐の持続時間が35%延長。
    ・ケーブル:バトル開始時に毒への抵抗を60%得る。
    ・タスクマスター:ウィークネス搾取発動時の攻撃はダメージが40%上昇する。

    ○バトルレルムへの蜂起withプロフェッサーX、???(アポカリプス?)
    ・マグニートー:攻撃レーティングが5%上昇し「贖罪」のシナジー効果が25%上昇する。
    ・プロフェッサーX:バトルに勝つ度に継続的なチャージを2得る。
    ・???:四騎士により勇気の効果が30%上昇。

    ○救済withコロッサス、ガーディアン
    ・マグニートー:ヴィランキャラを倒すと継続的なチャージを1得る。加えてヴィランキャラと戦う際に攻撃レーティングが10%上昇する。
    ・コロッサス:相手の無効化、よろめきのスキル精度が65%減少。
    ・ガーディアン:フォースフィールドチャージ発動までの時間が3.5秒短縮。

    ○贖罪(単独シナジー)
    ・ヒーローキャラ:攻撃レーティングが8%上昇。
    、「#金属」タグ持ちキャラ:スキル精度が10%上昇。

    • 通報する
  • 返信を入力
PUTAO

新キャラ紹介・考察
エア・ウォーカー

サーファー、テラックスに続きバトルレルムに送り込まれた炎の翼を持つギャラクタスのヘラルド、エア・ウォーカー
元々はザンダー星の宇宙探査船の船長でしたが、ある日の任務の期間中にギャラクタスからヘラルドになるよう申し入れを受けました。彼はそれを受け入れ、忠実なヘラルド「エア・ウォーカー」となったのです。
その後エネルギーを消耗していたギャラクタスにエネルギーを取り込まれ1度は死亡するものの、ギャラクタスの手でアンドロイドとして復活し、変わらず忠実な僕として活動しています。
他のヘラルドと同様パワー・コズミックを用いた能力を使用して戦うほか、「ギャラクタスのホルン」というラッパのような物体を吹いてギャラクタス本人を召喚することも可能としています。
実際に使ってみた感触や、相手として出てきた際の対処法など、自分なりの考察をご紹介します!

  • これ以前の返信28件
  • ○オススメのノード
    ・安定の蓄積-防御不能
    ダークタイドデバフとアーマー破壊デバフによりデバフを3個以上付与する機会が多いエア・ウォーカーとこのノードの相性は抜群だと思います。
    このノードにより防御不能が発動してしまうと、相手は必殺技を防御してダークタイドデバフの付与を防ぐ戦法が使えなくなるのもかなり凶悪でしょう。

    ・安定の蓄積-激怒
    防御不能ほどではないですが、こちらも相性はいいと思われます。

    ・パワーゲイン向上、パワーフォーカス2、キネティック転移、悪意、遠くに存在する力、富は富を呼ぶ
    パワーを貯めやすくなるこれらのノードとの相性は非常にいいでしょう。

    ・バフ不均衡-ウィークネス(パワードレイン)
    常にパワー・コズミックバフを発動し続けているエア・ウォーカーは、無効化されない限りこれらのノードの効果をずっと相手に与え続けることができるでしょう。

    ・返品ポリシー
    バフを無効化されるとパワーを得てしまうこのノードとの相性は非常にいいと思われます。

    ・攻撃カウンター-攻撃パワー率
    このノードの効果を受けた相手は極端にパワーが貯まりにくくなるので、パワーゲージを1本貯めてダークタイドデバフを除去する戦法がかなりやりにくくなると思われます。

    • 通報する
  • 次回はクリスタルに追加されるブラック・ウィドウ(デッドリー・オリジン)をご紹介します!

    • 通報する
  • 返信を入力
2020/08/20
PUTAO

クリスタル追加キャラ紹介・考察
ストーム(ピラミッドX)【改訂版】

ソーサラー・スプリームと同時期にバトルレルムへとやってきたバトルワールドのストーム
本来のストームはX-MENの一員として戦うヒーローでしたが、バトルワールドにおいては絶対的な力を持つミュータントであるアポカリプスによって洗脳され、彼を崇拝する忠実な僕となっていました。
バトルワールドの外の世界をも支配せんとするアポカリプスによってバトルレルムに送り込まれた彼女は、そこでソーサラー・スプリームらの前に立ちはだかることになるのです。
アポカリプスから「ヘセトズ・ルイン」と呼ばれる杖を与えられた彼女は、元来持つ天候操作能力が極限まで高められており、このゲームではその中でも特に氷や雷を使いこなして戦うキャラとして登場しました。
実際に使ってみた感触や、相手として出てきた際の対処法など、自分なりの考察をご紹介します!

  • これ以前の返信23件
  • ○AWディフェンスとしての評価
    他のディフェンスキャラほど厄介な能力はないものの、攻撃そらしによる被ダメージ軽減や必殺1を吐かせ続けなければならないのは面倒なことから、AWディフェンスとしてお呼びがかかる機会はそれなりにあると思われます。
    オススメのノードは以下の通りです。

    ○発動対象の防衛戦略
    ・防衛戦略(サイフォン)
    ヴィランキャラである新ストームはこの防衛戦略の対象キャラとなっています。
    他のディフェンス強ヴィランキャラに比べると少し見劣りしてしまうかもしれませんが、この防衛戦略によるスキル精度の上昇と防御貫通率アップはかなり厄介となるでしょう。

    ○オススメのノード
    ・パワーゲイン系ノード、パワーフォーカス2
    必殺技を発動しやすくなるため相性はいいでしょう。

    ・敵意:勇気
    必殺技を発動するまでどんどん常時発動の勇気が貯まっていくため防御不能を発動しやすくなることから、相性は非常にいいと思われます。

    ・返品ポリシー
    勇気バフを無効化されるとパワーを得られることから、苦手な相手であるミスティックキャラへのカウンターとして使えると思います。

    ・バフ不均衡-ウィークネス(パワードレイン)
    勇気バフの発動にこれらのノードの効果を発動できるため相性はいいと思います。

    ・凶暴なる力
    必殺1を吐かせるまで時間がかかる可能性があることから、このノードの体力低下を付与する機会はそれなりにあると思われます。

    • 通報する
  • 次回は新キャラ、エア・ウォーカーをご紹介します!

    • 通報する
  • 返信を入力
2020/08/13
PUTAO

さて、本日8/13(木)より5番目のリメイククエであるギロチンとヴェノムのクエストが解禁となりました。
今までのリメイククエよりも報酬が良くなった分制約も厳しくなっていますが、適切なキャラとルートを選べば1周自体は他のリメイククエよりもしやすくなっていると思います(探索するとなると厄介なルートがありますが…)。
とりあえず1周してみた中で各クエストのオススメルート、ボスの特徴、自分が考える倒し方、攻略法などをこちらで紹介していきたいと思います。「1周だけでもクリアしたい!」という方にとって少しでも参考になれば幸いです。

  • これ以前の返信36件
  • ・パワーゲイン向上+100%ルート
    ドクター・ストレンジ[ホムスパ、クレア(流血モード)]

    ソー(ラグナロク)[モジョー]

    モルド[モジョー]

    ノヴァ[クレア(流血・焼却モード)]

    テラックス[クレア(流血モード)]

    メフィスト[クレア(焼却モード)]

    (ボス)ヴェノム[クレア(焼却モード)、ロングショット、ヴェノム]

    自動でパワーを生成する系の能力の効果が上昇する厄介なルートとなります。
    どれもめんどくさいですが、特に厄介だったのは最初のストレンジでしょうか。
    グングンパワーが貯まっていってしまうため、ゲージ管理能力を持つキャラ(マジック、ドゥームなど)がいないとかなりキツいと思います(自分はホムスパの挑発を活用しましたがワンショットはできませんでした)。
    またラグソーは神の恩恵発動時に恐ろしいスピードでパワーが貯まっていくため、特に必殺技の時間が長いキャラの使用は控えた方がいいかもしれません。念のため神の恩恵発動直前にラグソーに必殺技を吐かせパワーを0に近づけた状態で必殺技を使うのが望ましいでしょう。
    モルドはモジョーのアンチライフ・フィールドの効果でパワーゲインはほぼ気になりませんでした。
    ノヴァはダッシュ時に得るパワーが多くなりますが、激怒バフを無効化しつつ必要以上に攻撃を当てすぎなければ対処は難しくないと思います。
    テラックスは必殺2でしかパワーゲインを発動しないため、必殺1のみを吐かせていれば問題はないでしょう(それでも結構キツいですが…笑)
    メフィストはオーラにより獲得するパワーが増えます。焼却モードのクレアを使用しましたが必殺1を吐かせ続けなければならないのは思った以上に面倒でした。

    • 通報する
  • ・弱肉強食-4 遠くに存在する力ルート
    シンビオート・スプリーム[ホムスパ]

    ボイド[ヴェノム]※復活あり

    ハルク[クレア(流血・焼却モード)]

    シンビオイド(ミスティック)[クレア(流血・焼却モード)]

    アイアンマン[クレア(流血・焼却モード)]

    スパイダーマン(スターク強化版)[クレア(流血・焼却モード)]

    メデューサ[クレア(流血・焼却モード)]

    弱肉強食により器用さの精度バフが消えると相手がパワーを得る上、遠くに存在する力により離れてもパワーゲインバフによりパワーが貯まっていく非常に嫌らしいルートです。
    ここではゲージ管理能力持ち(マジック、ドゥームなど)がいないとかなり厳しいでしょう(実際どちらも持っていない自分は相当キツかったです。特に最初の2体)。
    シンスプはホムスパの挑発とAI回避を利用して何とか突破できましたが、それでもかなりギリギリの戦いを強いられました。
    ボイドはヴェノムを使用し、グローバルノードのジェネティック・キャリブレーションバフのスキル精度1000%低下を利用してデバフの付与と遠くに存在する力のパワーゲインの発動を封じられたのが良かったです。
    他はクレアのsp2でバフ耐性を付与して遠くに存在する力のパワーゲインの発動を封じながら倒しました。

    • 通報する
  • 返信を入力

チャットを入力

グループに参加する