MARVEL オールスターバトル キャラ研究所

MARVEL オールスターバトル キャラ研究所

2745
2018/02/25 10:32

Lobi編集部おすすめ!最新ゲーム情報

2022年5月後半『Lobi人気スタンプ大集合!』動画を観てスタンプゲット!キャンペーンのお知らせ

2022年4月末〜5月前半『Lobi人気スタンプ大集合!』動画を観てスタンプゲット!キャンペーンのお知らせ

【運営からのお知らせ】定期メンテナンス実施のお知らせ

2022年4月後半『Lobi人気スタンプ大集合!』動画を観てスタンプゲット!キャンペーンのお知らせ

2022年3月末〜4月前半『Lobi人気スタンプ大集合!』動画を観てスタンプゲット!キャンペーンのお知らせ

最新ゲームニュースをもっと見る
MARVEL オールスターバトル キャラ研究所トップに戻る
PUTAO

アップデートキャラ紹介・考察
カーネージ

凶悪殺人犯クレタス・キャサディとシンビオートが融合したスパイダーマン最凶のヴィラン、カーネージ
親とも言える存在のヴェノム以上にシンビオートと融合した結果、シンビオートを様々な武器の形状にしたり、シンビオートを介し他人を操るなどの凶悪な能力を獲得し、スパイダーマンを何度も苦しめました。
このゲームで親であるヴェノムが強化されたことに伴い、カーネージも大幅な強化を遂げました。
実際に使ってみた感触や、相手として出てきた際の対処法など、自分なりの考察をご紹介します!

  • 使ったことがある方にはお馴染みだと思いますが、カーネージは様々な動作により常時発動の効果を発動できます。効果の内訳は
    弱攻撃:精度(1枚目)
    中攻撃:激怒(2枚目)
    強攻撃:残虐(3枚目)
    防御、被弾:物理抵抗(4枚目)

    となります。この仕様自体は強化前と変わりませんが、それぞれのバフの効果は強化前と比べて少しだけ上昇しています。

    4枚の画像
    • 通報する
  • そして必殺技により突然変異(紫のヴェノムマーク)が10秒間発動(1枚目)し、時間経過時に発動していた効果を永久的なバフとしてストックできる(2枚目)という点も強化前と同じですね。最大ストック数は5となります。
    バフのストックが完全にランダムであるヴェノムに対し、カーネージは状況に応じてストックするバフを自由に変更できるという点で区別がされていると言えるでしょう。

    2枚の画像
    • 通報する
  • そして強攻撃で流血を付与できる(1枚目)という点も変更はありません。なお、強攻撃による流血の発動時間は10秒から15秒に延長されています。
    そして流血が発動している状態でクリティカルを決めると更に流血を付与できる(2枚目)点も同じですね。なおこのクリティカル時の流血も、発動確率が80%から100%に上昇しており、精度低下の影響を受けていなければ確実に付与できるようになっているため使い勝手が増したと言えますね。

    2枚の画像
    • 通報する
  • さてここからは、新たに追加された能力について見ていきましょう。
    ①流血の効果時間リセット
    カーネージは流血を付与する際に25%の確率で、相手に発動している全ての流血デバフの効果時間をリセットできるようになりました。これにより相手の流血を維持することが格段にやりやすくなった上、より複数の流血を相手にストックしていきやすくなったと言えます。特に必殺3の流血はかなりのダメージを与えるので、それを更新できれば相手の体力をゴリゴリ奪っていけるでしょう。まさに猟奇的なカーネージを体現した能力と言えますね。

    • 通報する
  • ②流血耐性持ちへのアーマー破壊付与
    流血を使えない耐性持ちにすこぶる相性が悪かったカーネージですが、今回の強化により耐性持ちには代わりにアーマー破壊を付与(1枚目)できるようになりました。このアーマー破壊は重複こそしないものの、クリティカルを発動していけばその都度効果時間の更新ができる(2枚目)上、効果時間が更新される度に相手に発動しているアーマーアップも消していくことができます。そのため、新社長を初めとしてアーマーが強固な相手にはかなり相性が良くなったと言えるでしょう。

    2枚の画像
    • 通報する
  • 更に耐性持ちの相手にも、クリティカルを発動することでクリティカル時の流血と同等のダメージを与えていくことができるようになりました(相手に発動している白い流血マーク。実際にダメージを受けていることがわかる。)
    ダメージ自体はおまけ程度ですが、それでも耐性持ちに削りダメージを付与できるのは今までのカーネージにはなかった特徴と言えるでしょう。

    • 通報する
  • ③必殺技防御不能
    流血かアーマー破壊が付与されている相手には必殺技が防御不能となりました。特に新社長やメデューサ、モードックなど、自動防御持ちの相手には嬉しい効果と言えますね。

    • 通報する
  • ④攻撃を当てた際のパワー上昇
    カーネージは攻撃を当てた際に得られるパワーが50%上昇するようになりました。ただし発動した永久バフ1個につき効果は25%ずつ減少し、4個ストックした時点でこのパワー上昇は消えてしまいます。そのため、この能力はより必殺技を早く発動してバフをストックしていく目的で使えると言えますね。

    • 通報する
  • ⑤シグスキルの仕様変更
    シグスキルが変更されたことにより、カーネージは流血かアーマー破壊が付与されている相手に対して常時発動のパワーゲインを得られるようになりました。このパワーゲインの効果は相手に近づいているほど上昇します。
    このパワーゲインと④のパワー上昇のおかげで、カーネージは強化前に比べて必殺技の発動頻度をかなり多くできるようになりました。ぜひどんどん必殺技を使ってバフをストックしていき流血もドバドバ付与していきましょう。

    • 通報する
  • では必殺技を見ていきましょう。
    まず必殺1はクリティカルレーティングが上昇します。クリティカルの発動確率が上がるので流血をドバドバ付与していくにはうってつけの技ですね。

    • 通報する
  • 次に必殺2はクリティカルダメージレーティングが大幅に上昇します。精度や残虐のバフをストックできればより恩恵を得られそうですね。威力自体も高い技なので主力にしていけると思います。

    • 通報する
  • そして必殺3では、通常のクリティカル時に付与できる流血よりも大幅にダメージが高い流血を付与することができます。発動も30秒とかなり長いですね。
    無論これも新能力の流血の時間リセットの対象になるため、うまくリセットさせていけば相手の体力をゴリゴリ削っていくことができるでしょう。

    4枚の画像
    • 通報する
  • 強化前は流血の維持がしにくくダメージもそこまで高くなかったことを筆頭に、最弱キャラと揶揄されるなど原作の強さから考えるとかなり不遇な扱いを受けてきたカーネージですが、今回の強化により流血のストックが格段にしやすくなったことやシグスキルのパワーゲインにより必殺技を頻繁に出していきやすくなったこと、流血耐性持ちにも有効な能力を得たことにより、かなりの強キャラへと大躍進を遂げたと言ってもいいでしょう。

    • 通報する
  • ただ新能力が追加された流血やアーマー破壊の起点が強攻撃であるという点は変わりません。なので強攻撃をうまく当てていかなければならなかったり、バフをうまくストックしていったりなどの要素を踏まえるとテクニカルなキャラではあると思います。
    しかし上手く流血やアーマー破壊を頻繁に付与して激怒バフをストックし火力を上げていけば、強化前からは想像もつかないほどダメージを与えていくことが可能になったかなと思います。

    • 通報する
  • 上記の通り、流血が効く相手には十分な火力を持っています。そして耐性持ちに対してもアーマー破壊でアーマーレーティングを大幅に下げられることを初めとして十分対抗していけるだけの能力は備えていると言えるでしょう。
    なおパワーゲインの恩恵により必殺技を頻繁に出しやすくなるため、シグっていた方が何かと便利ではあると思います。

    • 通報する
  • そして相手として出てきた際にはそこまで苦戦する要素はないでしょう。敢えて言えば必殺2が距離を詰めてくるため少し回避しにくい程度でしょうか。今回の強化や追加能力がアタッカー向けの強化である上、体力や防御系のステータスもそこまで高い方ではないので、ミスさえしなければ楽に倒せると思います。その性質上AWのディフェンスではユニーク要員以外でお呼びがかかる場面はないでしょう。敢えて置くとすれば防御力を上げられる適応や常時アーマーアップバフ、アウトラストくらいでしょうか。

    • 通報する

画像添付

スタンプ投稿

送信
1000

グループに参加してチャットを楽しもう!

  • 通報する