MARVEL オールスターバトル キャラ研究所

MARVEL オールスターバトル キャラ研究所

2745
2018/02/25 10:32

Lobi編集部おすすめ!最新ゲーム情報

2022年5月後半『Lobi人気スタンプ大集合!』動画を観てスタンプゲット!キャンペーンのお知らせ

2022年4月末〜5月前半『Lobi人気スタンプ大集合!』動画を観てスタンプゲット!キャンペーンのお知らせ

【運営からのお知らせ】定期メンテナンス実施のお知らせ

2022年4月後半『Lobi人気スタンプ大集合!』動画を観てスタンプゲット!キャンペーンのお知らせ

2022年3月末〜4月前半『Lobi人気スタンプ大集合!』動画を観てスタンプゲット!キャンペーンのお知らせ

最新ゲームニュースをもっと見る
MARVEL オールスターバトル キャラ研究所トップに戻る
PUTAO

新キャラ紹介・考察
エボニー・マウ

サノスの忠実な部下で構成されるブラックオーダーの一員である饒舌な策略家、エボニー・マウ
原作においては特殊能力こそ持たないものの、様々な嘘をばら撒き相手を巧みに操ったり翻弄する、ブラックオーダー随一の危険人物として描かれていました。
映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」においては饒舌な点はそのままに、新たに物質を自在に操る闇魔術を獲得しており、その能力を駆使してストレンジやアイアンマンを翻弄しました。
このゲームでも映画で見せていた様々な技を使いつつ、巧みな話術を再現した能力を駆使して戦うキャラとして登場しました。
実際に使ってみた感触や、相手として出てきた際の対処法など、自分なりの考察をご紹介します!

  • マウは他のキャラにはないユニークな能力が非常に多いので、1つ1つ確認していきましょう。まずは「劣化(相手に付与されている黒と赤の?マーク)」です(1枚目)。
    劣化には相手の激怒の効果を5%減少させる効果があり、最大で20個まで相手にストックすることが可能です(2枚目)。つまり最大数ストックすれば、相手はどんなに強力な激怒を発動していてもその恩恵を全く受けることができなくなると言えますね。
    劣化は
    ①継続的なチャージを貯めることでバトル開始時にストック
    ②真っ黒な舌発動中に時間経過でストック
    ③(シグ必須)相手のバフを無効化するか必殺技を発動した場合
    の3つの方法で相手にストックすることができます。それぞれのストック方法の詳細は各能力の紹介時に確認していきましょう。

    2枚の画像
    • 通報する
  • 2つ目は「集中」と「説得」です。
    マウはバトル開始時と集中の効果が切れた際に5秒かけて集中を発動します(1枚目→2枚目)。
    集中は強攻撃や必殺3を食らうと切れてしまうため、特に強攻撃に当たらないよう注意しましょう。
    またマウがダメージを受けないデバフ(疲労、アーマー破壊、ウィークネスなど)の効果を受けている場合、集中発動までにかかる時間は倍加してしまうため、そのようなデバフを付与してくるキャラやノードが相手の場合はより注意が必要です。
    集中が発動している間、マウは0.7秒ごとに相手に説得(3枚目で相手に9貯まっている何かを喋っているようなマーク)を付与していきます。説得は最大100まで相手にストックすることが可能で、100に達すると後述の「真っ黒な舌」を代わりに相手に付与します。

    3枚の画像
    • 通報する
  • そして相手に付与された説得が20の倍数になると、相手には3秒間「ひるみデバフ」が付与されます(1枚目で相手に付与されている赤いマーク)。なお相手がコズミックキャラの場合、ひるみデバフの効果時間は5秒間となります。
    ひるみの発動が近づくと「迫り来るひるみ」の表示が出る(2枚目)ため、それで発動が近いことを確認できます。
    ひるみの効果が発動中、マウはあらゆる攻撃を100%の確率で的外しすることができます(3枚目)。そのためうまくひるみの発動に対応できれば、ゴーストのように相手の攻撃をスカしてからこちらが攻撃を加えていく、といった芸当も可能でしょう。
    また相手として出てきた場合は非常に危険な能力となります。ひるみの発動に気づかず攻撃を当てようとすると、逆に反撃を受けてしまう可能性が高いため、マウと戦う際は常に説得の数を気にかけ、「迫り来るひるみ」の表示を見逃さずひるみに対応できるようにしましょう。

    3枚の画像
    • 通報する
  • そして相手に付与された説得が100に達すると説得は消失し、相手には「真っ黒な舌」が発動します(相手に付与されている「シーッ」のジェスチャーのようなマーク)。
    なおこの真っ黒な舌はスキル精度の低下により発動を妨害されることがない上、バトル終了まで持続します。
    真っ黒な舌が発動している間、相手はパワーゲインの効果が30%減少するため、特にパワーゲインが強力なペリオンや自動でパワーを貯めていくストレンジやシンスプなどには相性がいいと言えるでしょう。
    また真っ黒な舌が発動している間、相手には6秒毎に劣化が付与されていきます。そのため真っ黒な舌を発動させればマックスの20個まで劣化を付与することも容易くなるでしょう。ここでストックした劣化の消費方法については後ほど紹介します。

    2枚の画像
    • 通報する
  • 次にミッションについて見ていきましょう。
    マウも他のブラックオーダーのキャラ同様ミッションを達成していくキャラになります。
    マウには全部で3つのミッションがありますが、プロキシマ同様各ミッションはバトル中につき1回しか達成することはできません。
    そして3つ全てのミッションを1回のバトルの中で達成することで、マウは継続的なチャージを1得ることができます。なおチャージは最大6までストックすることができます。
    3つのミッションを1回のバトルで達成しなければならない都合上、コーヴァスやカルよりは少々面倒かもしれないですね。
    1枚目の写真でマウに3個発動している黒と黄色のマークが、現在達成済みのミッションの数を表しています。ミッションを達成する度にマウは相手に常時発動の体力低下を付与できる上、継続的なチャージを持っていればバトル開始時にチャージの数と同数の劣化を相手に付与することができます(2枚目)。
    ただ序盤に劣化を付与することはそこまで大きなメリットはないため、他のブラックオーダーのキャラと比べるとミッション達成の重要度はそこまで高くないかもしれません。
    とは言え達成しておいて損はないでしょう。

    2枚の画像
    • 通報する
  • それでは各ミッションについて見ていきましょう。
    1つ目のミッションは「相手のバフを1個無効化する」です。これは後述の必殺1を使えば達成することができるでしょう。
    2つ目のミッションは「相手のパワーを強制的に減らす」です。これは後述の強攻撃か必殺3を使うことで達成できるでしょう。
    3つ目のミッションは「ひるみ発動中に相手の攻撃を的外しする」です。これは字面の通り、ひるみが発動したのを見計らって相手の攻撃をスカせばOKです。

    • 通報する
  • なおシグっていると、マウはバフを無効化した時と必殺技を発動した時に相手に劣化を付与できるようになります(1枚目)。
    また相手が攻撃をスカした場合に常時発動の体力低下を付与できるようになる(2枚目)上、体力低下発動時に相手に付与されていた劣化を全消費し、消費した分だけ体力低下によるダメージをアップできるようになります(3枚目)。
    この体力低下のダメージアップが、マウの持つ能力の中で最も強力なダメージソースとなります。
    つまり、前述の真っ黒な舌を相手に発動して劣化を20まで貯め、その状態で体力低下を付与する動作を行えば、マウは相手の体力を一気に削っていくことが可能となります。この能力がマウの真骨頂とも言えるでしょう。
    そのため、マウをアタッカーとして使う場合はシグはほぼ必須と言えると思います。

    3枚の画像
    • 通報する
  • そしてマウは、有利クラス(つまり基本はサイエンス)以外のクラスのキャラが確定でクリティカルとなる攻撃を使ってきた場合、それらを確実に的外しする能力を持っています。(1枚目)
    そのため確定クリティカルが特に強力なコーヴァスが相手の場合は、ゴーストのように攻撃をスカしてから攻撃を加えていくことも容易いでしょう。
    ただコーヴァスは弱攻撃1段目、及び必殺技や強攻撃を食らった後一定時間はクリティカルを発動できないため、調子に乗って的外ししようとすると思わぬ反撃を食らう可能性があります。そのため攻撃をする際はダッシュ攻撃のみを的外ししつつ、必殺技や強攻撃を当てた後はしばらく時間を置いて再度クリティカルを発動できる状態になってから的外しするようにすれば問題ないと思います。

    • 通報する
  • ただこの戦法には致命的な欠点があります。
    それはシグっている場合劣化を相手にストックしていくことができないということ。
    前述の通り、マウはシグっていると相手の攻撃を的外しする度に体力低下を付与し、その度にストックしていた劣化は体力低下のダメージ上昇のために消費されてしまいます。そのため真っ黒な舌を発動していてもなかなか劣化をストックしていけないのは大きな欠点となってしまうため、戦法としては一長一短な所があると思います。
    またこの能力は、コーヴァスやゴーストなど確定クリティカルを得意とするキャラにとっては最悪の能力となってしまいます。そのためマウが相手として出てくることがわかっている場合は、これらのキャラは使わないようにしましょう。

    • 通報する
  • また、マウの基本攻撃は弱攻撃1段目を除き全てが接触なしの攻撃となっています。
    そのためコーグやキルモン、棘ノードなどの反射ダメージを与えるキャラに対してはある程度対処がしやすいと言えるでしょう。
    一方相手として出てきた場合は受け流しの気絶がかなり付与しにくくなる厄介な能力となります。そのためできる限り接近した状態で弱攻撃1段目による受け流しを狙うか、素直に強攻撃を吐かせて反撃するかのどちらかで対処しましょう。

    • 通報する
  • なお強攻撃では相手に発動しているパワーゲインバフを奪うことができる上、相手に貯まっているパワーを一定量パワースティールすることができます。
    なおこのパワーゲインバフを奪う能力は無効化能力ではないため、前述の1つ目のミッションはこの方法では達成できない点には注意しましょう。
    特にパワーゲインバフが厄介なペリオンにはうってつけの技ですね。またこの攻撃によるパワースティールで前述の2つ目のミッションが達成可能なので、ある程度相手のゲージを管理する上でも積極的に使っていくといいでしょう。

    • 通報する
  • では必殺技を見ていきましょう。
    まず必殺1により、マウは技発動時と技の各攻撃が当たる度に相手に付与されている激怒、精度、残虐バフを1個無効化することができます(1枚目)。
    なお相手に真っ黒な舌が発動していた場合は全てのバフが無効化の対象となります。
    該当するバフを持っている相手ならば、この技を使うだけで前述の1つ目のミッションを簡単に達成できるでしょう。
    また技発動時に確定でバフを1つ無効化できるため、自動防御を発動するメデューサの激怒バフやジャガノなどが使う無敵バフ(真っ黒な舌発動時限定)なども安心して無効化できるのは大きな強みだと思います。

    • 通報する
  • なおこの技の発動中に該当するバフを無効化できなかった場合、マウは相手に6秒間激怒バフを付与します。この激怒バフには攻撃力上昇の効果は含まれていないため、性質的にはヴードゥーのロアに近いものと言っていいでしょう。
    この激怒バフのおかげで、マウは該当するバフを使わない相手でも無効化を行うことが可能です。ただ発動時間は6秒とそこまで長いわけではないため、パワーゲージを2本ギリギリまで貯めて必殺1を発動して相手に激怒バフを付与し、すぐさま再度必殺1を発動して無効化するよう立ち回るといいでしょう。

    • 通報する
  • なお相手として出てきた場合は器用さによる精度バフには注意しましょう。
    マウがこの技を使う前にこちらに器用さによる精度バフが発動していた場合、マウはそれを無効化してミッション完了+体力低下を付与してしまうため、できる限り精度バフは消した状態でこの技を吐かせるのがオススメです。
    技自体は距離を取れば簡単にやり過ごせるため、後述の必殺2が回避しにくいことも含めて基本はこの技を吐かせるよう立ち回るといいでしょう。

    • 通報する
  • 次に必殺2では瓦礫の破片を無数の棘に変えて相手に向け射出します。映画でもストレンジやウォンに対してこの技を使っていましたね。
    この技でマウは相手に常時発動の体力低下を付与します。前述の通り真っ黒な舌を相手に付与して劣化を20まで相手にストックした後は、この技で劣化を全消費して相手に強力な体力低下ダメージを与える戦法がオススメでしょう。
    なおこの技は飛んでくる棘がかなり回避しにくいため、基本は前述の必殺1を吐かせるのが無難でしょう。

    • 通報する
  • 次に必殺3ではマウが能力で相手を拘束して引き寄せ、無数の針で相手を串刺しにして壁際へぶっ飛ばします。映画でもストレンジに対して似たようなことをしようとしていましたね。
    この技終了後マウは相手のパワーを0にし、減らしたパワーの一部をパワーゲインバフにより得ることができます。そのためペリオンなどパワーを多く貯めやすい相手には非常に相性がいい技だと思います。
    またこの技を使うことでも前述の2つ目のミッションを達成することが可能ですが、強攻撃を使う方が簡単にミッションを達成できるため、こちらは強攻撃が使いにくい相手などにオススメだと思います。

    6枚の画像
    • 通報する
  • ではユニークシナジーを見ていきましょう。
    まずは同じブラックオーダーであるコーヴァス、プロキシマ、カルとのシナジーです。(t3から発動)
    このシナジーにより「#サノスの軍勢」タグを持つキャラはバトル開始時から20秒間常時発動の精度を発動し、クリティカルレーティングが1.5倍となります(2枚目)。
    現状「#サノスの軍勢」タグを持つのはブラックオーダーの4人だけなので、実質彼ら専用のシナジーと言えますね。
    特にクリティカルが出ればそれだけ強力なダメージを与えられるプロキシマやカルには嬉しいシナジーだと思います。マウ自身にも発動しておいて損はないでしょう。
    ただし例外的にコーヴァスだけはデフォルトのクリティカルレーティングが0であるため死にスキル同然となってしまう点には注意が必要です。

    2枚の画像
    • 通報する
  • またカルとは上記のシナジー以外に別のシナジーが存在します。(t4から発動)
    このシナジーにより、マウは強攻撃を0.5秒チャージすると相手に時間無制限の激怒バフを発動できるようになります。この激怒バフも必殺1で付与するものと同様攻撃力上昇の効果は含まれていません。
    必殺1で付与するものとは違い時間制限がない上、この激怒バフを発動しておけばバフを使わない相手に対して必殺1を2回使わずとも無効化によるミッション達成を狙えるのが利点と言えるでしょう。
    一方のカルはサノスからの支持バフの効果が切れると10秒間攻撃力が1.1倍になる激怒バフを発動できるようになります。なおこの激怒バフは重複しません。
    これは必殺3によるサノスからの支持バフの再発動までの火力カバーの目的で使えると言えるでしょう。そのため長期戦ではそれなりに使えるシナジーかもしれないですね。

    • 通報する
  • ○アタッカーとしての評価
    特に強みとなるのは豊富なゲージ管理能力と必殺1による無効化能力、シグっている場合に使用できる強力な体力低下ダメージだと思います。
    強攻撃を使えばパワーゲインバフを奪える上にパワースティールも行えることから、特にペリオンにはかなり相性がいいと思います。
    また必殺1の無効化を使えば激怒バフが厄介なメデューサやチャンピオンには相性がいい上、真っ黒な舌を相手に付与すればコズミックキャラをはじめとしたバフを多用するキャラにはかなり立ち回りやすくなると言えるでしょう。
    なお強力な体力低下を使うにはそれなりの時間を要するため、どちらかと言えば長期戦に適したキャラかなと思います。
    ただ能力がかなりユニークな上、ひるみによる的外しも慣れていないとうまく立ち回りに活かすのが難しいことなどから、扱いは全キャラの中でもテクニカルな部類に入ると思われます。
    総じてアタッカーにおいては強キャラに準じる強さを持つキャラかなと思います。

    • 通報する
  • ○アタッカーにおける立ち回り
    基本的な流れとしては
    ①相手に説得を100付与し真っ黒な舌を発動する。
    ②相手に劣化をマックスの20個ストックする。
    ③劣化が20個貯まったら必殺2で体力低下を付与する。
    といった感じになります。
    その中で3つのミッションをうまくこなしていくといいでしょう。
    1つ目のミッションであるバフの無効化については、該当するバフを使うキャラであればバフ発動時に必殺1を、使わないキャラであれば前述のように必殺1を2回使うことで達成できるはずです。
    2つ目のミッションであるパワー減らしについては強攻撃か必殺3を使いましょう。基本的には強攻撃の方がオススメです。ペリオンやケーブルなどパワーゲインバフを使うキャラが相手の場合はパワーゲインを発動したらできる限り早く強攻撃を使って奪ってしまいましょう。
    3つ目のミッションであるひるみ中の的外しは、「迫り来るひるみ」の表示が出たら一旦攻撃をやめて下がり、ゴーストと同じ要領でひるみ発動時に相手が突っ込んでくるのを待って的外し→攻撃と繋げれば達成できるはずです。

    • 通報する
  • ○相手として出てきた際の評価
    相手として出てきた際はかなり厄介な相手になると思います。
    ダッシュ攻撃が接触なしの攻撃なので受け流しによる気絶を付与できないこと、ひるみが発動している間は攻撃ができないこと、体力低下によるダメージを食らう可能性があることなどが主な要因となるでしょうか。
    特にひるみの発動タイミングには細心の注意を払いましょう。幸い「迫り来るひるみ」の表示のおかげで発動に備えることはできるため、表示が出たらすぐ攻撃を中断してひるみをやり過ごせるようにしましょう。
    また必殺技は避けやすい必殺1を基本的に吐かせるのがオススメです。
    なお強攻撃や必殺3を当てれば集中が切れ厄介な効果の進行を遅らせることができることから、立ち回り上強攻撃を使うことが多くなるワスプやオメガなどのキャラは特に相性がいいと思います。
    逆に確定クリティカルを的外しできてしまうことから、コーヴァスやゴーストは絶対に使わないようにしましょう。

    • 通報する
  • ○AWディフェンスとしての評価
    厄介な能力を複数持っている上、コーヴァスとゴーストという最強クラスのアタッカー2体を一方的に潰せる実力を持っていることから、AWのディフェンスとしてお呼びがかかることは多いと思われます。オススメノードは以下の通りです。
    ※新しく変わるAWマップで登場するノードも含みます。

    ・パワーゲイン系ノード(キネティック・リアクター、キネティック・インスティゲーター、キネティック転移、ストライクバック、悪意、二重の決意etc.)
    必殺2が回避しにくく厄介なため、それを誘発しやすくなるノードは相性がいいと思われます。特に受け流しがしにくい都合上、防御の上からの攻撃でパワーを得られるキネティック・リアクターやキネティック転移、自動でパワーが貯まる悪意などは特に相性がいいと思われます。

    ・破滅、凶暴なる力、迫り来る気絶、バフ・トグル(無敵)※仮称、バフ・トグル(防御不能)※仮称
    ひるみのせいで攻撃タイミングが制限されてしまうため、これらのノードが発動していると更に攻撃タイミングが制限されてしまうと考えられます。一定時間が経てば気絶を付与する迫り来る気絶や無敵を発動するバフ・トグル(無敵)などは特に凶悪となるでしょう。

    ・限定耐性、デバフ耐性、マゾヒズム
    非ダメージデバフを受けると集中発動にかかる時間が延びてしまうため、それらを補う上で使い所があるかもしれません。デバフを付与されると回復を行えるマゾヒズムは特に相性がいいと思われます。

    • 通報する
  • ○決闘相手
    現状見つかっていないので、見つかり次第こちらに載せたいと思います。

    次回は6/5(水)クリスタルに追加されるミスター・シニスターをご紹介します!
    エボニー・マウに関する質問や意見交換はこちらからどうぞ。↓
    (注意:キャラに関する質問以外(育成相談など)にはお答えできませんので予めご了承ください。)

    • 通報する
  • 決闘相手です。編集お願いします

    • 通報する
  • ありがとうございますm(_ _)m

    • 通報する

画像添付

スタンプ投稿

送信
1000

グループに参加してチャットを楽しもう!

  • 通報する