MARVEL オールスターバトル キャラ研究所

MARVEL オールスターバトル キャラ研究所

2636
2018/02/25 10:32

Lobi編集部おすすめ!最新ゲーム情報

【予約して特典ゲット】事前登録を活用しよう!

2021年9月後半『Lobi人気スタンプ大集合!』動画を観てスタンプゲット!キャンペーンのお知らせ

【予約して特典ゲット】事前登録を活用しよう!

2021年8月末〜9月前半『Lobi人気スタンプ大集合!』動画を観てスタンプゲット!キャンペーンのお知らせ

2021年8月後半『Lobi人気スタンプ大集合!』動画を観てスタンプゲット!キャンペーンのお知らせ

最新ゲームニュースをもっと見る
MARVEL オールスターバトル キャラ研究所トップに戻る
PUTAO

新キャラ紹介・考察
インビジブルウーマン

ファンタスティック・フォーの紅一点、インビジブルウーマン
チームのメンバーであるヒューマン・トーチは弟、チームのリーダーであるMr.ファンタスティックことリード・リチャーズは夫であり、リードとの間には2人の子がいます。
フォースフィールドと呼ばれる力場を生成する能力と、それを元にした透明化能力を持っており、フォースフィールドの形を自由自在に変えて移動や攻撃に使ったり、フォースフィールドを直接相手に打ち込むなどの戦法を得意としています。
このゲームでも原作通りフォースフィールドと透明化を活かした戦法を得意とするキャラとして登場しました。
実際に使ってみた感触や、相手として出てきた際の対処法など、自分なりの考察をご紹介します!

  • まずはインビジブルウーマンを象徴する能力である「フォースフィールド」と「透明化」について見ていきましょう。
    1つ目は「フォースフィールド」についてです(1枚目で100貯まっている水色のマーク)。
    フォースフィールドには強度が設定されており、デフォルトの強度は100となっています。強度の最大値はバトル開始時における最大体力に基づいているため、ブーストやノードなどにより体力を増やすとそれに比例して最大強度も上昇するという特徴を持っています。
    ただインビジブルウーマンはフォースフィールドの強度を増やす手段が豊富なのでぶっちゃけそこまで気にしなくてもいいと思います。

    • 通報する
  • フォースフィールドにより、インビジブルウーマンは物理抵抗とエネルギー抵抗が上昇する上、強度が減る代わりに必殺3以外の攻撃によるダメージを90%もカットすることができます。そのためインビジブルウーマンが相手として出てきた場合、フォースフィールド発動中にダメージを与えるのはかなり困難になってしまうでしょう。
    ただこのフォースフィールドは削りダメージにも反応して強度が減少していくため、削りダメージを頻繁に与えられるキャラは比較的早くフォースフィールドを減らしていくことができるでしょう。特に後述の透明化の特性から流血はかなり相性がいいです。
    強度が0になるとフォースフィールドは20秒間のクールダウンに入った後、強度を100にした状態で再発動します。ただし精度低下などにより再発動ができなかった場合は更に10秒間のクールダウンに入ります。

    • 通報する
  • 次に「透明化」について見ていきましょう(白い渦のようなマーク)。
    インビジブルウーマンは後方回避を行った場合かフォースフィールドがクールダウンに入った場合に透明化を発動します。
    なおこの透明化は、インビジブルウーマンが
    ①流血を受ける
    ②攻撃を防御する
    ③攻撃を受ける
    ④攻撃を的外しする
    のいずれかを行わない限り時間無制限で発動することができます。
    要するに受け流しをせずにずっと攻撃を後方回避すると、インビジブルウーマンは透明化状態を常に保つことができるということになります。これがアタッカーとして使う上で大きな意味を持ちます。詳しくは後述です。
    透明化が発動している間、インビジブルウーマンはクリティカルレーティングが大幅に上昇してクリティカルを出しやすくなるほか、防御や回避中でなければゴーストの次元転送のように相手からの攻撃を基本確定で的外しすることができるようになります。そのため相手として出てきた場合は急に的外しを発動され反撃を受けないよう注意して立ち回ることが求められるでしょう。
    そしてアタッカーにおいては、一見するとゴーストのように相手の攻撃をスカしてから攻撃を加えられる便利な能力に見えますが、後述の特性から基本は的外しを発動させない立ち回りが求められます。

    • 通報する
  • そして的外しに付随して発動するのが「弱点デバフ」です(1枚目で相手に2個発動している赤いロックオンのようなマーク)。
    弱点デバフはインビジブルウーマンが透明化の発動条件を満たす度に時間無制限で相手にストックすることができます。つまり後方回避に成功する度に、インビジブルウーマンは相手に弱点デバフを付与できる、ということになりますね。
    弱点デバフが発動している相手を攻撃すると、インビジブルウーマンはクリティカルダメージレーティング上昇と相手の防御能力10%減少の効果を得ることができます。なお弱点デバフは最大で50個まで相手に付与することができます(2枚目)。
    ただし弱点デバフは透明化の効果時間が終了すると全て消失してしまう上、透明化の効果時間終了前に相手の能力によって浄化されてしまうと透明化が即終了してしまうという性質があります。

    2枚の画像
    • 通報する
  • この弱点デバフをできる限り多くストックすることが、インビジブルウーマンの火力をアップする上で非常に重要になります。
    それはインビジブルウーマンは相手に発動しているデバフの数に比例した追加物理ダメージを与えることができるため(写真)。
    つまり弱点デバフを多く付与すればするほど、インビジブルウーマンは通常のダメージ+追加物理ダメージにより相手の体力を削りやすくなるのです。そのためにも弱点デバフを最大の50個相手にストックすることがとても重要となるのです。

    • 通報する
  • ただ前述の通り、弱点デバフを相手にストックしていくには透明化状態を維持しなければなりません。
    しかし透明化は攻撃を防御したり的外ししてしまうと効果が終了してしまい、それに伴って弱点デバフも消失してしまうため、維持するには一切受け流し・防御・的外しをせずにひたすら相手の攻撃を後方回避していくことが必要となります。そのため本領を発揮するにはテクニカルな操作が必要なキャラだと言えるでしょう。

    • 通報する
  • ではここからはそれ以外の能力について見ていきましょう。
    ①インビジブルウーマンは器用さの技能なしで後方回避を行うことが可能です(1枚目の「回避」が目印)。
    これは前述の通り回避を行って透明化状態を維持する目的でかなり使えると言えますね。特に器用さの精度バフが能力のトリガーとなってしまうドマムやビュッフェ、シャワー付きのミスティックキャラ相手にはかなり相性がいいと言えるでしょう。
    ②インビジブルウーマンは20%の確率でパーフェクトブロックを発動することができます。
    ③インビジブルウーマンはデフォルトでエネルギー抵抗が減少しています。ただフォースフィールドを発動しておけばある程度緩和ができるでしょう。

    • 通報する
  • またフォースフィールドが発動している状態で攻撃を受けると、インビジブルウーマンは65%の確率で相手に5秒間極度の疲労デバフを付与することができ、相手のクリティカルダメージレーティングとパワーゲイン率を下げることができます(写真)。なおこの極度の疲労は防御でも発動することが可能です。
    特に相手として出てきた場合はコーヴァスやゴーストなどのクリティカルを主体とするキャラや、ペリオンやハボックのようにパワーゲインを使うキャラに若干影響を及ぼしてしまうかもしれません。

    • 通報する
  • そしてインビジブルウーマンは、弟であるトーチと同様戦闘前スキルを持っています。
    なお彼女の戦闘前スキルは、弟のように何かを対価として発動する必要がなく、好きなタイミングで何回でも発動することが可能です。
    戦闘前スキルを発動しておくとインビジブルウーマンは攻撃力が上昇しますが、代わりにフォースフィールドの強度が勝手に減少していってしまいます。
    基本的には後述のように、フォースフィールドの強度を十分高めた上で必殺2を使うのが最も高いダメージを出せるため、弟のトーチほど戦闘前スキルによる大きな恩恵はないかもしれません。強いて言えば透明化の維持が難しい相手に対し、通常の受け流しを主体とした立ち回りや的外しから攻撃を加えていくスタイルの立ち回りを行いたい場合などに使うといいかもしれません。

    • 通報する
  • では必殺技を見ていきましょう。
    まず必殺1ではインビジブルウーマンが相手にフォースフィールドを撃ち込んだ後、円形にしたフォースフィールドに乗って上昇し相手を蹴りつけます。
    フォースフィールドが発動している場合、この技の最後のヒットによりインビジブルウーマンはフォースフィールドの強度が25上昇します(1〜3枚目)。そのためこの技を使えば強度をデフォルトの100以上に上げることができ、連発すればするほどどんどん強度を上げていくことが可能です。この方法で強度をできる限り上げ、後述の必殺2の威力を上げるのがオススメでしょう。
    またフォースフィールドがクールダウン中の場合は、最後のヒットにより50%の確率で強度が50チャージされます(4→5枚目)。すぐにフォースフィールドを再発動したい場合はオススメですが、クールダウン終了を待てば強度は自動的に100チャージされるため、基本はフォースフィールド発動中に使うようにすればいいと思います。

    5枚の画像
    • 通報する
  • 次に必殺2ではインビジブルウーマンがフォースフィールドで相手の足を止めた後、フォースフィールドを纏って相手に思い切り突撃します。
    この技の最初のヒットにより、インビジブルウーマンは9秒間常時発動の激怒を発動します(1枚目)。なおこの激怒の効果はフォースフィールドの強度に比例して上昇するため、強度をかなり上昇させておけば、まさに一撃必殺級のとんでもないダメージを叩き出すことも可能です(2枚目)。
    そのため前述の必殺1でできる限りフォースフィールドの強度を高めた状態でこの技を使うのがオススメですね。
    なお激怒の効果時間が終了するとフォースフィールドは消失します(3枚目)。
    またこの技が防御されると、インビジブルウーマンは技終了時に50%の確率で透明化を発動します(4枚目)。こちらは技を防御されてしまった場合の保険程度に捉えておくのが無難でしょう。

    4枚の画像
    • 通報する
  • 次に必殺3では、インビジブルウーマンが透明になって相手を攻撃した後、フォースフィールドで相手を吹き飛ばして閉じ込め、勢いよく壁へぶっ飛ばします。
    この技により、クールダウンしているかどうかに関わらずインビジブルウーマンのフォースフィールドの強度は100上昇します(9枚目)。そのためクールダウンしている場合はすぐにフォースフィールドを再発動できること、既に発動している場合は強度を一気に上昇させる目的で使えると言えるでしょう。
    また技発動前に透明化が発動している場合、技終了後6秒間は透明化の効果時間減少が停止するようになります。そのため技発動前に透明化を時間無制限で発動させておけば、この状態の間は例え防御をしても透明化を維持することができます(10枚目)。
    ただし技発動前に既に透明化の効果時間減少が始まっている場合は、6秒経過すると効果が終了してしまう点には注意しましょう。

    10枚の画像
    • 通報する
  • そしてシグっていると、インビジブルウーマンは3つの能力を新たに獲得します。
    ①バトル開始時にインビジブルウーマンは透明化を発動します(1枚目)。ただしこの透明化は時間無制限で発動することはできないため、アタッカーで使う場合はスカしから先制攻撃を仕掛けていく上で使えると言えるでしょう。
    ②ノックダウン(相手の必殺技か強攻撃の最後の一撃を食らう)ことで、インビジブルウーマンは確率で透明化を発動します。この確率はシグレベルに比例して上昇します。これにより相手として出てきた際に透明化を発動しやすくなってしまうことから、不用意に攻撃を加えないよう注意が必要となるでしょう。
    ③攻撃を的外しすると、インビジブルウーマンはフォースフィールドの強度が一定量上昇します。これは①の能力と合わせ、バトル開始時にフォースフィールドの強度を上げる目的で使えるかもしれません。

    • 通報する
  • ではユニークシナジーを見ていきましょう。
    まずはチームメンバーであるシングとトーチ、そしてまだ実装されていないキャラとのシナジーです(ここまで来るともう誰かすぐ分かりますが…笑)(t3から発動)
    このシナジーにより、インビジブルウーマン以外のシナジー相手のキャラ3体は防御能力が5%上昇し、10%の確率でパーフェクトブロックができるようになります。シナジーが発動していると、シナジー対象キャラは防御時にフォースフィールドが発動するのが目印ですね(2、3枚目)。
    かなり地味な効果ではありますが、防御力を高める上では発動しておいて損はないでしょう。
    またシナジー対象のキャラが全員同じチームにいる場合は、タイムリーブロック時に6秒間ウィークネスデバフを付与する能力が追加で発動します。

    3枚の画像
    • 通報する
  • 次に未実装のキャラとのシナジーです(t3から発動)
    このシナジーにより、インビジブルウーマンは相手が必殺技を使う際にフォースフィールドが発動している場合、消費したパワーゲージ1本につきフォースフィールドの強度を10上昇できるようになります。
    つまり相手が必殺1を使えば10、必殺2を使えば20上昇できるということになりますね。
    フォースフィールドの強度上昇をより素早く行う上で相性がいいシナジーと言えるでしょう。ただパワー温存ノードやインペリアス・レックス発動中のネイモアとの相性は悪いシナジーになってしまうと思われます。

    • 通報する
  • 次に的外しを使うキャラであるフッド、ダークホーク、マウ、そして新参のミステリオとのシナジーです。(t4から発動)
    このシナジーにより、インビジブルウーマンも含めたシナジー対象キャラは、的外しに成功するとパワーゲージ1本分の10%に相当するパワーを獲得できるようになります。
    この中で的外しを基本確定で発動できるのはインビジブルウーマンかマウだけであり、インビジブルウーマンは前述の火力アップの理由から的外しは基本できないため、特に恩恵があるのはマウでしょうか。
    他のキャラはもし的外しが成功した場合のボーナス程度に捉えておくのが無難でしょう。
    ちなみにこのシナジーは的外しキャラの代表格であるゴーストのシグスキルと同じ能力ですが、当のゴーストは対象外になっています(かなりの頻度で必殺技を使えるようになってしまうのを防ぐためでしょう)。

    • 通報する
  • 最後にエマ、オメガ、セイバー、マジック、セントリーとのシナジーです。(t5から発動)
    このシナジーにより、インビジブルウーマンを含めたシナジー対象キャラは常時発動の激怒、勇気、再生、破壊不能、リンボの効果時間が10%延長されます。
    つまり
    激怒:インビジブルウーマン、セイバー
    勇気:エマ
    再生:セイバー
    破壊不能:セントリー
    リンボ:マジック
    にそれぞれ使えると言えるでしょう。
    「あれ?オメガは…?」となった方も多いと思いますが、恐らくオメガは必殺3のエッセンス・スティールの効果時間が延長されるのではないかと思われます。

    • 通報する
  • ○アタッカーとしての評価
    うまく透明化を維持して弱点デバフを相手に50個付与できれば、相手にかなりのダメージを与えられるのが1番の長所と言えるでしょう。そのためどちらかと言えば長期戦向けのキャラだと思います。
    また器用さ抜きで後方回避を行えることも地味に使えると思います。
    ただし前述の通り透明化を維持するためには一切受け流し・防御・的外しをせずにひたすら自力で後方回避を行わなければならないため、扱いは全キャラの中でもかなりテクニカルな部類に入ると思われます。
    そのため立ち位置としては強キャラに次ぐ実力、あるいは中堅レベルのキャラだと思います。
    ある程度のレベルの相手であれば本領を発揮することは難しくないかもしれませんが、コンボを切らさずにひたすら回避しなければならない都合上、完全回避を行えるキャラとの相性はあまり良くないと思います。また相手に必殺技を吐かせる上で防御の上から攻撃を与えていく機会が多くなりがちなことから、レッドスカルや爆発的な性格などとの相性はかなり悪いと思われます。同様に弱点デバフを浄化できてしまうエーヴェノやキングピン、マゾヒズムなどとの相性は最悪となってしまうでしょう。

    • 通報する
  • ○アタッカーとしての立ち回り
    「できる限りフォースフィールドの強度を上げること」と「透明化状態を維持すること」の2点を意識しながら立ち回ることが最も重要となります。
    相手の攻撃を回避して透明化を発動した後は、とにかく一切防御や的外しを発動させないように立ち回りましょう。隙を見つけて攻撃を加え、相手のゲージが貯まったら必殺技を吐かせて立ち回ることが基本になると思います。
    また相手のゲージが1本未満の場合は防御から攻撃を加えてゲージをできる限り貯めるといった工夫も必要になると思います。
    そして必殺技については、基本的に必殺1を吐かせてフォースフィールドの強度をどんどん上げていくように立ち回るといいでしょう。弱点デバフが相手に50貯まり、フォースフィールドが十分貯まったら一撃必殺の必殺2を使って相手を仕留めればOKだと思います。

    • 通報する
  • ○相手として出てきた際の評価
    透明化をいきなり発動され反撃を受ける可能性が高い点が最も厄介だと思います。
    フォースフィールドが消失すると確定で的外しを発動するため、攻撃を加える際はフォースフィールドの残り強度に十分注意しながら攻撃を加えていきましょう。
    透明化状態の解除については
    ①受け流しの気絶中に攻撃を敢えて的外しさせる
    ②防御の上から攻撃を加える
    のいずれかで解除することができるので、状況に応じてどちらかを使えば問題ないと思います。
    使用するキャラで言えば特に流血を頻繁に付与できるキャラは、フォースフィールドの強度を自動的に下げられる上に透明化も勝手に終了させられることから特に相性がいいと思います。同様に削りダメージを使えるキャラもフォースフィールドの強度を徐々に下げられることから相性がいいでしょう。
    必殺技については1、2共に初撃の飛び道具が若干回避しにくいため、タイミングを誤らないよう注意する必要はあると思います。

    • 通報する
  • ○AWディフェンスとしての評価
    透明化による的外しにより反撃されやすいこと、フォースフィールド発動中は体力が削りにくいことなどから、AWのディフェンスでお呼びがかかることは多いと思われます。
    特にシグっていれば透明化の発動頻度上昇が見込めるため、できる限りシグありで配置する方がいいと思われます。
    オススメのノードは以下の通りです。
    ・デバフ耐性、限定耐性
    どちらも流血を始めとした削りダメージデバフを付与されずに済むため相性はいいと思われます。またどちらも気絶への耐性を獲得できるため、透明化状態の解除に受け流しが使えなくなることも相性がいい一因となるでしょう。

    ・セーフガード
    フォースフィールドがクールダウン中でも与えるダメージを大幅にカットできるため相性は比較的いいと思われます。

    ・必殺改、志向、パワーフォーカス
    必殺技はどちらも初撃が回避しにくいため、特に必殺改ノードとの相性はいいと思われます。必殺志向、パワーフォーカスも必殺技を出しやすくなることからそれなりに相性はいいでしょう。

    ・パワーゲイン、タンクバスター、悪意、バックアップ・リカバリー
    こちらも必殺技を出しやすくなるため比較的相性はいいと思われます。

    ・幻滅
    的外しにより反撃を食らって体力低下を付与される可能性があるため、比較的危険な相手になると思われます。

    • 通報する
  • ○決闘相手
    現状見つかっていないため、見つかり次第こちらに載せたいと思います。

    次回は7/8(月)クリスタルに追加されるニック・フューリーをご紹介します!
    インビジブルウーマンに関する質問や意見交換はこちらからどうぞ。↓
    (注意:キャラに関する質問以外(育成相談など)にはお答えできませんので予めご了承ください。)

    • 通報する

画像添付

スタンプ投稿

送信
1000

グループに参加してチャットを楽しもう!

  • 通報する