MARVEL オールスターバトル キャラ研究所

MARVEL オールスターバトル キャラ研究所

2753
2018/02/25 10:32

Lobi編集部おすすめ!最新ゲーム情報

【重要】プレミアム会員解約のお願い

【重要】TonamelにLobiアカウントでログインしている方へログイン方法の変更のお願い

【運営からのお知らせ】一部機能停止のお知らせ

【運営からのお知らせ】サービス譲渡のお知らせ

2022年5月末〜6月前半『Lobi人気スタンプ大集合!』動画を観てスタンプゲット!キャンペーンのお知らせ

最新ゲームニュースをもっと見る
MARVEL オールスターバトル キャラ研究所トップに戻る
PUTAO

新キャラ紹介・考察
キャプテン・ブリテン

X-MENのメンバーの1人、サイロックことベッツィ・ブラドックがイギリスを守るヒーロー、キャプテン・ブリテンとなった姿
長年彼女は暗殺者カンノンと肉体を変えられた状態でサイロックとして活動してきましたが、とある出来事を機に元の体を取り戻すことができました。
その後元々彼女の双子の兄であるブライアン・ブラドックが名乗っていた「キャプテン・ブリテン」の名前を受け継ぎ、サイロックとしての能力であったサイキック能力と、それを元に作り出した聖剣と盾を使い彼女は正義のために戦います。
このゲームではサイロックの時とは全く異なり、複数のバフやデバフを使いこなしながら戦うキャラとして参戦しました。
実際に使ってみた感触や、相手として出てきた際の対処法など、自分なりの考察をご紹介します!

  • 〇タグについて
    ブリテンはサイロックの時にはなかった「#サイキックシールド」のタグを持っています。
    そのためストライフの的外しを封じたり、「錯乱状態」ノードの逆操作を防ぐなどの目的で使用することができますね。

    • 通報する
  • ◎能力
    〇常時発動
    ・必殺技中はクリティカルレーティングが8400上昇するが、通常はクリティカルレーティングが0になる。
    ・キャプテン・ブリテンがクリティカルヒットを受けるか防御の上からクリティカルを受けた場合、80%の確率で極度の疲労デバフを付与し(画像)、10秒間クリティカルダメージレーティングを484.62減少させる。上限3
    ・キャプテン・ブリテンが発動している勇気1つにつき、彼女の防御スキル精度が10%上昇する。
    ・基本攻撃は物理ダメージの代わりにエネルギーダメージを与える。

    コメント:1番目の効果により、ブリテンは基本攻撃ではほぼクリティカルを発動できず、必殺技中は逆にクリティカルを発動しやすくなります。ただあくまで基本攻撃中はクリティカルレーティングが「0になる」だけなので、技能やノードなどの外的要因でクリティカルレーティングを上げていれば基本攻撃でもクリティカルは発動する可能性があります。
    そのためガーディアンやメカギロのようにクリティカルを発動できないわけではないので勘違いしないようにしましょう。
    2番目の効果により、ブリテンはクリティカルを受けると高確率で極度の疲労を付与してくるため、こちらはクリティカルのダメージが低くなりがちになります。そのためクリティカルのダメージが強力なキャラはブリテンとは相性が悪くなってしまうでしょう。

    • 通報する
  • また3番目の効果により、ブリテンは勇気を多く貯めるほど防御スキル精度が上がります。ブリテンは勇気を際限なく貯めていけるため、特に長期戦ではかなり防御スキル精度を上げることができるでしょう。
    アタッカーでは特に精度低下の影響下でも受け流しが失敗しにくくなるのが嬉しいですね。一方ディフェンダーでは回避や自動防御関連のノードが発動していた際、それを精度低下で阻害しにくくなるのが厄介になるかもしれません。
    そして4番目の効果により、ブリテンはエネルギーダメージを使用します。そのためエネルギーダメージへの強力な抵抗やカウンターを持つキャラには使わないよう気を付けましょう。

    • 通報する
  • 〇サイオニック・モード
    ・キャプテン・ブリテンは必殺技を発動するとサイオニック・モードを発動する(1枚目。黒と紫の蝶のようなマーク)。既に発動している場合は、代わりに解除する。サイオニック・モードにより、以下の効果が発動する。
    ・物理抵抗が2100上昇する。
    ・攻撃を当てる度に1218.5のエネルギーダメージを与える(2枚目)。これは基礎攻撃力にのみ比例する。
    ・弱攻撃1段目を当てると極度の疲労デバフを付与し(3枚目)、10秒間クリティカルダメージレーティングを484.62減少させる。
    ・中攻撃フィニッシュを当てると10秒間持続する重複しないスローデバフ(4枚目)を付与する。
    ・強攻撃の最初の一撃を当てると重複しないウィークネスデバフ(5枚目)を付与し、10秒間攻撃力を30%減少させる。

    コメント:必殺技でこのサイオニック・モードを発動してデバフを付与し、再度必殺技を使ってモードを解除することで、ブリテンは後述する様々なバフを発動できます。まずはこの流れで立ち回るのが使用する上で重要となります。
    付与できるデバフの中では、特に中攻撃フィニッシュで付与できるスローが便利でしょう。他の多くのスロー持ちのように強攻撃を使う必要がなく、コンボを工夫するだけで簡単に付与して無敵と回避を防げるのはなかなかに強力だと思います。
    また3番目の効果により、サイオニック・モード発動中はブリテンは追加のエネルギーダメージを与えることができます。これにより多少相手の体力を削っていきやすくなるでしょう。

    5枚の画像
    • 通報する
  • 〇精製
    ・サイオニック・モードを発動または解除する度に、キャプテン・ブリテンは相手に付与されている全ての極度の疲労、スロー、ウィークネスデバフを浄化する(1→2枚目)。
    ・相手からデバフが浄化される度に時間無制限の常時発動の勇気を発動し(1→2枚目)、必殺技ダメージが10%上昇する。加えてキャプテン・ブリテンは浄化されたデバフが極度の疲労、スロー、ウィークネスであった場合追加のバフを発動する。
    ・極度の疲労が浄化されると残虐バフを発動し(1→2枚目)、30秒間クリティカルダメージレーティングが233.3上昇する。
    ・スローが浄化されると3秒間無敵バフを発動する(1→2枚目)。これは相手がテックキャラの場合は発動しない。
    ・ウィークネスが浄化されると激怒バフを発動し(1→2枚目)、30秒間攻撃レーティングが243.7上昇する。

    コメント:前述の通りサイオニック・モード発動中に付与したデバフは、必殺技の再使用でモードを解除することで浄化され、ブリテンは対応するバフと勇気を発動できます。
    発動できるバフは付与できるデバフと対応する効果を持つバフとなっているのが特徴(極度の疲労⇔残虐、スロー⇔無敵、ウィークネス⇔激怒)ですね。なおこれらのバフは(持続時間が短い無敵を除き)立ち回り次第では重複も可能です。そのためうまく激怒や残虐をさせてブリテンの火力をアップさせることも不可能ではありません。
    そして2番目の効果による勇気は、前述の通りストック上限は特になく、ブリテンは際限なく貯めていくことが可能です。そのため長期戦になればなるほど、ブリテンは必殺技で与えるダメージがどんどん上がっていくことになりますね。

    2枚の画像
    • 通報する
  • ◎必殺技
    〇全必殺技
    ・発動時、キャプテン・ブリテン自身のバフ全ての残り時間を5秒間一時停止する。

    コメント:この効果があるため、ブリテンは必殺技中発動できる激怒、残虐、無敵、エネルギー付与(後述の必殺1で発動)の残り時間を一時停止できます。
    これにより、特に激怒と残虐は重複がしやすくなりますね。

    • 通報する
  • 〇必殺1
    ・エネルギー付与バフを発動し(1枚目)、15秒間戦闘パワー率が30%上昇する。

    コメント:これによりブリテンは得るパワーが多くなります。これにより必殺技の発動スパンを短くしてサイオニック・モードの発動・解除を行いやすくしたり、必殺2や3をより素早く発動することに繋げることができるでしょう。

    3枚の画像
    • 通報する
  • 〇必殺2
    ・キャプテン・ブリテンが持つバフ1種類につき攻撃レーティングが243.7上昇する。

    コメント:この技がブリテンの中で最大の威力を持つ技となります。発動しているバフの種類が多いほど威力が上がるため、なるべく多く発動可能な4種類のバフ(激怒、残虐、無敵、エネルギー付与)を発動した状態でこの技を使うよう心がけましょう。

    6枚の画像
    • 通報する
  • 〇必殺3
    ・発動時にサイオニック・モードを解除して自身のバフを1つずつ発動し(12枚目。4種類のバフが発動しているのが分かる)、自身のデバフを1つずつ付与する(12枚目。3種類のデバフが発動しているのが分かる)。
    ・この必殺技では開始時と終了時にデフォルトでサイオニック・モードを解除する。

    コメント:この技により、ブリテンは自身のバフ4種類(激怒、無敵、残虐、エネルギー付与)と自身のデバフ3種類(ウィークネス、スロー、極度の疲労)を一気に発動できます。その後すぐ必殺1を使えば3種類のデバフをバフに変換出来る上、技発動前にあらかじめサイオニック・モードを発動して3種類のデバフを付与しておけば、必殺3→必殺1の流れで激怒、残虐を3個重複することが可能です。
    そのためうまくバフを重複するのにこの技は非常に使えると言えるでしょう。

    12枚の画像
    • 通報する
  • ◎シグスキル:純粋な心
    ・デバフが浄化される度に常時発動の砦を発動し(画像の緑色の盾マーク)、20秒間防御能力が688.27上昇する。上限6
    コメント:これによりブリテンは3種類のデバフを浄化することで防御能力を上げることができます。これで防御時に受けるダメージを多少軽減しやすくなりますが、ぶっちゃけシグスキルとしての効果は弱く、わざわざ優先させて発動する必要はないでしょう。

    • 通報する
  • ◎ユニークシナジー
    〇過去と現在の自分withサイロック
    ※t3から発動
    ・シナジー対象キャラ:相手にクリティカルヒットを当てると重複しない体力低下デバフを付与し(2枚目)、6秒間で攻撃力の50%に等しい直撃ダメージを与える。

    コメント:このシナジーによりサイロックとブリテンはクリティカルを発動すると体力低下を付与し、相手の体力を多少削りやすくなります。2人ともデフォルトでは削りダメージを付与しないため、どちらにとっても発動しておいて損はないでしょう。

    2枚の画像
    • 通報する
  • 〇強運に感謝withドミノ、ロングショット、???
    ※t3から発動
    ・シナジー対象キャラ:相手にクリティカルヒットを当てると21%の確率で重複しない精度バフを発動し(2枚目)、7秒間クリティカルレーティングが14%上昇する。

    コメント:このシナジーにより、ブリテンも含むシナジー対象キャラはクリティカルを発動すると一定時間精度バフを発動できるようになります。特にクリティカルレーティングやバフの発動自体が火力に関わるドミノ(クリティカル流血)やブリテン(必殺2のダメージ)と相性がいいシナジーと言えるでしょう。

    2枚の画像
    • 通報する
  • 〇悪への理解withシング、コロッサス
    (日本語版はなぜか説明が書かれていなかったため、英語版の画像を載せます)
    ※t3から発動
    ・「#ヴィラン」タグ持ち以外の全キャラ:「#ヴィラン」タグ持ちキャラと戦う際に攻撃レーティングが10%、物理抵抗が5%、エネルギー抵抗が5%上昇する。

    コメント:シナジー対象キャラだけでなく、ヴィラン以外の全キャラが対象となる適用範囲が広いシナジーとなります。特に攻撃レーティング10%上昇は決して馬鹿にならないので、発動しておいて損はないでしょう。

    • 通報する
  • 〇剣と盾withナイト・スラッシャー
    ※t3から発動
    ・キャプテン・ブリテン:サイオニック・モードによるデバフの持続時間を20%延長する。
    ・ナイト・スラッシャー:全削りダメージの効果が10%上昇する。

    コメント:このシナジーにより、ブリテンは発動できるデバフ3種類の持続時間を延長することができます。
    これは特に必殺3でのデバフ付与と、デバフ自体を維持したい場合には相性がいいでしょう。
    前者についてはサイオニック・モード発動中に付与するデバフはいくらでも付与し直せるものの、必殺3で付与できるものは時間が経過すれば消えてしまうことから、それらを確実に次の必殺1でバフに変換したい場合には特に使えると思います。
    後者は単純にスローなどの有益なバフを持続させやすくする目的で使えるでしょう。
    一方のナイスラはあらゆる削りダメージの効果が上がります。無論これはガジェットで付与できるデバフだけではなく、シナジーで付与できる流血や、ノードなどの外的要因で付与できるものも対象となります。ガジェットによるデバフはダメージが極端に低いため、どちらかといえばそのような外的要因で付与できるデバフ、常時発動との相性がいいシナジーと言えるでしょう。

    • 通報する
  • ◎アタッカーとしての評価
    〇長所
    ・デバフ浄化へのカウンター
    発動するデバフを浄化することで、ブリテンはバフや勇気などの有益な効果を発動できます。そのためデバフ浄化が得意なキャラに対してもある程度対処しやすいのは長所になるでしょう。
    ただし「対立者」や「マゾヒズム」などデバフ浄化で厄介な効果が発動するものもあるため、一概に長所とは言えない点もあるので注意が必要です。

    ・多彩なバフ、デバフの発動・維持
    サイオニック・モードの発動・解除により様々なバフやデバフを発動できるのも見逃せない長所となるでしょう。
    中攻撃フィニッシュにより簡単にスローが付与できるため、回避や無敵を多用するキャラとのバトルはかなり相性がいいと思います。また強攻撃でウィークネスを付与できるため、「お前のものはこちらのもの」への対処もしやすいでしょう。

    ・際限ない勇気のストック
    デバフの浄化でストックできる勇気は無制限に発動するため、長期戦になればなるほどどんどん必殺技のダメージが上がっていくのも見逃せない長所と言えるでしょう。そのため「特別な鑑識家」ノードへの相性は抜群だと思います。
    また勇気のストックにより防御スキル精度がどんどん上がっていくため、前述の通り受け流しを相手の能力やノードによる精度低下で防がれにくいのも便利な点だと思います。

    • 通報する
  • 〇短所
    ・無効化
    バフを大量に発動するのが特徴であることから、バフを無効化、あるいはそれと同等以上の能力を持つミスティックキャラ、及び「ビュッフェ」や「パワースナック」などのノードは天敵となってしまうでしょう。

    ・テクニカルな扱い
    うまくデバフを維持したり、バフをストックしていくには立ち回りの工夫が必要となるため、全キャラの中でも扱いはテクニカルな部類に入ります。
    そのためお手軽に本領を発揮することができないのは短所となってしまうでしょう。

    ・突出した長所のなさ
    上記の通りテクニカルなキャラであるにもかかわらず、他のキャラと比べて目立った特徴がないのが最大の短所になってしまうと思います。
    火力面、ユーティリティ面で特徴的な能力はあるものの、他の強キャラを使った方が戦いやすい場面も多く、やや器用貧乏なキャラとなってしまうかもしれません。

    • 通報する
  • ◎アタッカーにおける立ち回り
    相手によって、以下3つの立ち回りを使い分けるといいと思います。
    ①長期戦での立ち回り
    (1)必殺1でサイオニック・モードを発動→デバフを付与
    まずは必殺1でサイオニック・モードを発動した後、基本攻撃で3種類のデバフを付与しましょう。次の(2)の必殺3発動までに3種類のデバフを付与すればいいので、焦らず対応する基本攻撃を当てていきましょう。

    (2)必殺3発動→必殺1発動
    (1)でデバフを3種類付与した後は必殺3を発動しましょう。
    これにより各バフを2個ずつ、デバフを1個ずつ発動することができます。ただしデバフは時間経過で切れてしまうため、必殺3を発動したら素早く必殺1を使い必殺3で付与したデバフをバフに変換しましょう。
    この時点でブリテンは火力に関わる激怒バフ、残虐バフを3個ずつ発動できます。

    (3)デバフ付与→必殺2の発動
    (2)でバフを3個発動した時点で、ブリテンはサイオニック・モードを発動するため、ここで更にデバフを3種類付与した後必殺2を発動すれば、激怒バフと残虐バフを4個発動した状態で技を当てることができるでしょう。これがブリテンが重複できるバフの個数の限界になると思います。

    • 通報する
  • ②短期決戦での立ち回り
    (1)必殺1でサイオニック・モードを発動→デバフを付与→必殺1再発動でバフを発動の繰り返し
    まずは①の立ち回りと同様必殺1でサイオニック・モードを発動してデバフを付与しましょう。
    ただし①と違うのは再度必殺1を使ってバフを発動する点となります。これにより手っ取り早くバフ、デバフ発動のループを行っていくことができるでしょう。

    (2)必殺2の発動
    (1)の繰り返しでなるべく多くのバフを重複したら、必殺2で一気にダメージを与えていきましょう。この立ち回りで重複できる激怒バフ、残虐バフの限界は2個か3個になると思います。

    ③デバフを維持する立ち回り
    こちらは主にデバフによる効果を活かす立ち回りとなります。
    (1)必殺1でサイオニック・モードを発動→デバフを付与
    まずは①と②同様必殺1でサイオニック・モードを発動しましょう。その後は相手に応じて対応するデバフを付与すれば大丈夫です。
    特にこの立ち回りでは中攻撃フィニッシュによるスローを優先して付与することになりますが、回避を頻繁に発動する相手の場合は受け流しから中→中を発動するのが安全でしょう。
    デバフが切れたら再度デバフを付与しなおせば問題ありません。

    (2)必殺3を発動
    (1)でデバフを付与しつつパワーを満タンまで貯めたら、必殺3の効果でバフを発動しつつデバフを維持することができます。その後は再度必殺1でサイオニック・モードを発動して(1)の立ち回りを繰り返しましょう。

    • 通報する
  • ◎相手として出てきた際の評価
    ぶっちゃけそこまでの強敵ではないと思います。
    特徴的なデバフやバフは対応する攻撃を当てられなければ発動しないため、それらの効果に苦しめられることはまずないでしょう。ただし極度の疲労デバフだけは例外で、クリティカルを当てるだけで高確率で付与されてしまう点は留意しておきましょう。
    この極度の疲労デバフを付与された状態で必殺技を使われると勇気と残虐バフが発動しますが、それだけと言えばそれだけなのであまり気にする必要はないと思います。必殺技も両方避けやすいので、ミスしないよう立ち回れば苦戦せず倒せるでしょう。

    デバフ浄化を多用するキャラでもなければ使うキャラは何でもいいと思いますが、特に勇気を消しやすいニムロッドをはじめとしたキャラや、極度の疲労を発動されることがなくなるクリティカルを発動しないキャラ(ガーディアン、センチュリオン、サムキャップなど)は特に戦いやすいと思います。

    ◎AWディフェンスとしての評価
    上記の通り戦いやすいキャラなので、ユニーク要員以外でAWディフェンスでお呼びがかかることはほぼないと思われます。
    強いて置くとすれば勇気をストックできる点を利用できるパス6のノード、極度の疲労が付与されやすくなるため、他のノードと合わせて「安定の蓄積」の効果が発動しやすいパス4のノード、必殺技での極度の疲労の浄化で残虐バフが発動することで「バフ不均衡」の効果が発動するパス8のノードなどが候補になるかもしれません。

    • 通報する

画像添付

スタンプ投稿

送信
1000

グループに参加してチャットを楽しもう!

  • 通報する