MARVEL オールスターバトル キャラ研究所

MARVEL オールスターバトル キャラ研究所

2753
2018/02/25 10:32

Lobi編集部おすすめ!最新ゲーム情報

【重要】プレミアム会員解約のお願い

【重要】TonamelにLobiアカウントでログインしている方へログイン方法の変更のお願い

【運営からのお知らせ】一部機能停止のお知らせ

【運営からのお知らせ】サービス譲渡のお知らせ

2022年5月末〜6月前半『Lobi人気スタンプ大集合!』動画を観てスタンプゲット!キャンペーンのお知らせ

最新ゲームニュースをもっと見る
MARVEL オールスターバトル キャラ研究所トップに戻る
PUTAO

明日5/12(木)より、長期間続く高難度コンテンツである「永遠の痛み」が解禁となります。
こちらではまずその第一章となる「永遠の痛み:否定」についての攻略を載せていきたいと思います。

4枚の画像
  • 〇「永遠の痛み」の概要
    名前を聞いてピンときた方も多いかもしれませんが、このクエストは昨年夏に実装された「痛みの夏」クエストとほぼ同じ仕様の高難度クエストとなっています。

    第一章となる「永遠の痛み:否定」では、4週に渡って毎週異なる相手と戦うクエストが解禁され、ラストとなる5週目では4週目までの相手を一気に相手取ることになります。
    なお一度次のクエストが解禁されると前の週のクエストは消失してしまうことから、必ず翌週のクエスト解禁までにその週のクエストはクリアしておくようにしましょう。ただし最後の5週目だけは例外的に3週間解禁されます。

    クエストの内容としては「痛みの夏」と同様1対1のガチンコタイマン勝負となります。ただし5週目だけはキャラを3体まで連れていくことができるので、相手や後述するソロ目標に応じてどのキャラを持っていくかよく考えてチャレンジしましょう。

    • 通報する
  • また「痛みの夏」と同じく、各クエストには難易度を跳ね上げるソロ目標が用意されています。1週目~4週目までは2つずつ、5週目は4つのソロ目標がそれぞれ用意されます。
    なお「模範」の称号を得ているプレイヤーは1周目~4週目までは追加で1つずつ、5週目は追加で2つのソロ目標が解禁されます。その分ソロ目標をクリアするほどより豪華な報酬を得られるようなので、ぜひチャレンジして全ての報酬のゲットを狙っていきましょう。

    そしてこの「永遠の痛み」クエストはこれで終わりではありません。
    「第一章」と書いた通り「永遠の痛み:否定」の5週目が終了すると、すぐに次の「永遠の痛み」クエストが解禁され、1年間を通してこの「永遠の痛み」クエストは解禁され続けることになります。
    通年でこのレベルの高難度クエストに挑み続けなければならないのは相当辛いですが、その分報酬はかなり弾むと思われるため、腕に自信がある方はぜひ全報酬のゲットを目指してチャレンジしましょう。

    • 通報する
  • ◎第1週:クロスボーンズ
    〇ノード:警告、ヒーローブースト+300%、体力+800%、意志の力、バイオハザード、致命的攻撃-2、破滅-1、膨れ上がったエゴ、拡張

    〇ノードの詳細
    ・致命的攻撃
    相手がこちらの防御の上から攻撃を当てる度に大幅に体力を回復してしまうノードです。
    ただでさえとんでもなく体力が高いのに回復されるとより時間がかかってしまうため、このクロボン相手には極力通常の防御や受け流しはしないよう立ち回ることが求められるでしょう。

    ・膨れ上がったエゴ
    一見初見のノードに見えますが、実はAQマップ8のあるルートで登場していた「バフ獲得(防衛者)」の名前が変わったノードになります。
    このノードは「バフ祭り(バフ獲得(攻撃者))」と真逆の効果を持ち、相手にバフが3個以上発動していないとダメージを与えられないという効果を持っています。
    クロボンはデバフ浄化やオーバーラン発動、必殺1などで激怒バフを発動するため、これらの効果や動作を誘発して激怒バフを貯めさせないとダメージを与えていけないのがかなり厄介になっています。

    〇ソロ目標の内容
    (1)ヴィランキャラを使って倒す。
    (2)XLサイズのキャラを使って倒す。
    (3)ミスティックキャラを使って倒す。(「模範」持ち限定)

    4枚の画像
    • 通報する
  • 〇攻略について
    ◇全般
    バイオが付いていることから、流血と毒に対処可能(最低限流血に)なキャラの持ち込みは必須となります。

    戦う上で厄介なのは
    ・「破滅」のダメージ
    ・「致命的攻撃」による防御時の回復
    ・激怒バフを複数発動していかなければならないこと
    の3点だと思います。

    「破滅」のダメージは相当凶悪で、1回移し替えのタイミングをミスるだけでも命の保証はありません。タイマーが4分の3回り切ったあたりから攻撃を仕掛けて確実にタイマーを移せるよう立ち回りの工夫が必要となります。

    「致命的攻撃」による回復をさせないためには防御をしないよう戦うことが求められます。必殺1を吐かせたりフロントカウンターを狙うなどして対処しましょう。

    激怒バフを貯めさせていくにはデバフ付与による浄化が最も効率がいいと思います。そのため基本攻撃で頻繁にデバフを付与しやすいキャラは比較的戦いやすくなるでしょう。

    • 通報する
  • ◇オススメのキャラ
    ・ドラゴンマン
    「ミスティックキャラ」「XLサイズ」と2つのソロ目標をクリア出来る上、毒・流血耐性持ちであること、パワーを貯めやすくこちらのタイミングで必殺技を使いやすいため「破滅」の移し替えがしやすいこと、必殺3による無敵を発動している間は体力を回復できることなど、戦いやすい要素が多く詰まったキャラのため、攻略には非常に相性がいいと思います。
    自分も彼を使用し、必殺3(パワーチャージ3つ発動)→必殺2×3を繰り返すことでワンショットできました。「八方ふさがり」の効果でより効率よく体力を削れるよう、なるべく壁際でバトルすることを意識できるとより戦いやすくなると思います。

    ・オメガ・センチネル、ウルトロン
    どちらもヴィランキャラであるためソロ目標をクリア出来る上、毒・流血への(疑似的な)耐性持ち、基本攻撃でデバフを付与しやすいため激怒バフを発動させやすい、という特徴を持つため相性は非常にいいと思います。
    また回復能力を持つのも見逃せない長所で、オメセンはバイオによる毒と流血の付与で、ウルトロンは回数こそ限られるものの自己修復で体力を回復できるため、「破滅」で体力を削られてもバトルを続けやすいのが魅力です。
    自分はオメセンを使用し、予め戦闘前スキルで付与するデバフをヒルブロに変え、運良くヒルブロが付いた場合に防御しても「致命的攻撃」の回復をされないようにしました。基本は中攻撃でひたすらヒルブロを付与しつつ、必殺3で焼却を6個付与して体力を削っていき、何とかワンショットすることができました。

    またYoutubeの動画を見た限りでは、オメガ、アポ、センチ、キングルなどを使っている方も多かったように思います。

    • 通報する
  • ◎第2週:イカリス
    〇ノード:警告、ヒーローブースト+300%、体力+800%、ラグナロク、点火の燃料、マイティ・チャージ-1、耐性効率(激怒)2、踏みとどまる-3、必殺技バースト・ロックダウン-1

    〇ノードの詳細
    ・点火の燃料
    相手が激怒を発動する度に無敵を発動してしまう上、既に無敵が発動している場合は代わりに防御不能が発動してしまう危険なノードです。
    今回は「ラグナロク」と「耐性効率(激怒)」により激怒が発動してしまうため、それによりこのノードの無敵や防御不能が発動してしまうのが凶悪となっています。

    ・耐性効率(激怒)
    相手が耐性で効果を打ち消すために常時発動の激怒を発動してしまうノードです。
    イカリスは焼却とショックに耐性を持つため、これらを頻繁に付与するキャラは「点火の燃料」による無敵と防御不能が頻繁に発動してしまいロクに手が出せなくなってしまうため、絶対に使ってはいけません。
    また「マイティ・チャージ」も付いていることから、イカリスのダッシュ攻撃を受け流してしまうことでもこの効果は発動してしまうため注意しましょう。

    ・踏みとどまる
    相手に時間無制限の守護が発動してしまい、受けるダメージがカットされてしまう厄介なノードです。
    この守護はノックダウンで一定時間消せるものの、このイカリスは「点火の燃料」と「ラグナロク」のせいで受け流すと無敵が発動してしまうため、手っ取り早くノックダウンできる強攻撃が使いにくいのが非常に面倒となっています。

    〇ソロ目標の内容
    (1)ミュータントキャラを使って倒す。
    (2)「#コントロール:拒否」のタグを持つキャラを使って倒す。
    (3)「#シンビオート」のタグを持つキャラを使って倒す。(「模範」持ち限定)

    4枚の画像
    • 通報する
  • 〇攻略について
    ◇全般
    戦う上で危険なのは
    (1)受け流し、耐性効果の付与で無敵(防御不能)が発動してしまうこと
    (2)ノックダウンでしか消せない守護
    (3)パワー起爆デバフによるダメージ
    (4)エネルギー付与バフが7個貯まるとイカリスの必殺技でダメージを受けてしまう(ミスティックキャラ以外使用時)
    の4点だと思います。

    (1)については、前述の通り受け流しで「ラグナロク」の激怒バフが発動した際と、焼却かショックを付与する(またはダッシュ攻撃の受け流し時)と「耐性効率(激怒)」の常時発動の激怒が発動した際に「点火の燃料」による無敵(防御不能)が発動してしまうのが凶悪です。
    焼却かショックを付与しないのは当然として、一切受け流しをしないよう立ち回らなければいけないのが非常に面倒ですね。

    (2)については守護がノックダウンでしか消せないにも関わらず、(1)のせいで受け流し→強攻撃ができないのが厄介です。そのためイカリスの強攻撃か必殺1にカウンターする形で強攻撃を当てていく必要があります。

    (3)(4)についてはイカリスの能力によるものとなります。
    特に(4)はミュータントキャラで倒すソロ目標を達成しようとする際に非常に厄介な要素となります。エネルギー付与バフはこちらとイカリス両方が弱攻撃を繰り出すだけでどんどん貯まってしまうため、なるべく弱攻撃は使わず、防御をし続けてイカリスに弱攻撃を吐かせ続けないよう気を付けなければなりません。

    • 通報する
  • ◇オススメのキャラ
    ・プロフェッサーX
    ミュータントキャラかつ「#コントロール:拒否」のタグを持っているため、一気に2つのソロ目標をクリアできるキャラの1人です。
    立ち回り上強攻撃を頻繁に使っていくことや洗脳の効果により「踏みとどまる」の守護を消しやすいのが強みと言えるかと思います。
    ただし真価を発揮するためにはうまく勇気バフを貯めていかなければならない上(4)の通り弱攻撃を使うのは危険なことから、立ち回りは相当難しいです。自分も何回か復活を使って何とか倒しましたが、Youtubeの動画ではワンショットしている方も多かったので参考にしてみるのもいいかもしれません。

    ・サイロック
    プロフェッサーと同様ミュータントキャラかつ「#コントロール:拒否」のタグを持つため、彼女も一気に2つのソロ目標をクリアできます。
    うまく弱体化を付与すればイカリスはパワーを貯められなくなるため、ミュータントキャラの中では唯一素直に弱攻撃を当てていっても問題ないのが大きな強みと言えるでしょう。
    ただし弱体化の付与には最初の必殺1の使用タイミングが重要なため、立ち回りはかなりシビアと言えます。ただ弱体化を付与しさえすれば後はフロントカウンターで殴り続けるだけで体力を削っていけるでしょう。

    なお上記2つのソロ目標のクリアには、他にキティやアクエン、マジック、クレアなどを使っている方も多かったと思います。自分も最初プロフェッサーの使用を断念し、マジックで「#コントロール:拒否」のタグのソロ目標のクリアをしました。

    ・シンビオート・スプリーム
    彼の使用により「#シンビオート」タグ持ちキャラによるソロ目標をクリアすることができます。
    バフを大量に発動するイカリスに対し、バフの無効化に特化したシンスプの相性は抜群です。必殺3と必殺2を繰り返しているだけで比較的簡単にワンショットできるでしょう。

    • 通報する
  • ◎第3週:ブレイド
    〇ノード:警告、ヒーローブースト+300%、体力+800%、サージ保護、必殺技防御不能、破壊的フィードバック、悩める精神、パワードレイン、パワー低下-2

    〇ノードの詳細
    ・サージ保護
    Act7.2で初登場したノードで、このノードにより、相手は攻撃を受ける度にサージチャージが貯まっていきます。
    サージチャージが貯まった状態で相手が必殺技を使用すると、相手は貯まっているサージチャージの数に基づいて消費するパワーが減少してしまいます。逆にサージチャージが貯まった状態でこちらが必殺技を使用すると、相手にはサージチャージの数に基づいた追加ダメージを与えることができます。
    そのため相手より先に必殺技を使用することが重要となりますが、このブレイドは「破壊的フィードバック」や「悩める精神」など厄介なノードが多く、先に必殺技を出しにくいのが非常に面倒となっています。

    ・パワー低下
    相手にパワドレ、パワバン、パワースティールを付与する度に、次に付与されるこれらの効果が徐々に弱まっていってしまうノードです。
    今回のブレイドは「サージ保護」によりパワーを保持しやすくなっていますが、このノードのせいで貯まっているパワーをこれらの効果で減らしにくいのが難点となっています。

    〇ソロ目標の内容
    (1)「#アベンジャーズ」のタグを持つキャラを使って倒す。
    (2)「#傭兵」のタグを持つキャラを使って倒す。
    (3)「#次元の者」のタグを持つキャラを使って倒す。(「模範」持ち限定)

    5枚の画像
    • 通報する
  • 〇攻略について
    ◇全般
    戦う上で危険なのは
    (1)「サージ保護」と「悩める精神」のコンボ
    (2)必殺技が防御不能なので、必殺2を使われるとアウト
    (3)破壊的フィードバック
    (4)「#次元の者」タグ持ちで倒さなければならない(「模範」持ちのみ)
    の4点だと思います。

    (1)については「サージ保護」によりブレイドがパワーを保持し続けないよう、こちらがブレイドよりも先に必殺技を撃つことが求められるものの、前述の通り「悩める精神」のせいで一定時間経過でこちらのパワーは0になってしまう上、(3)の「破壊的フィードバック」のせいでなかなか攻撃しにくいため、こちらはかなりパワーを貯めにくいのが難点となります。

    そのためこちらにパワーゲージが1本貯まったら即必殺1を使い、もしパワーが0になっても焦らず次のチャンスを待つよう心がけるといいでしょう。またブレイドに先に必殺技を使われた場合、パワーが残っている場合はそのまま必殺技を吐かせるといいと思います。それにより確実にゲージを1本分消費させることができます。
    またブレイドの体力が70%を切った後は防御中に攻撃を当て続ければパワーを減らすことができるので、多少パワーゲージを調整するのに使えるでしょう。無論回復はしますが、そこまで大量に体力を回復するわけではないのであまり気にする必要はないと思います。

    • 通報する
  • (2)についてはパワーゲージを2本貯めてしまうとほぼ確実にアウトなので十分注意しましょう。最悪の場合は上記の通りシグスキルを利用して防御の上から攻撃を当ててパワーを減らすといいと思います。

    (3)については、シールド発動中は一切攻撃を受けたり防御しないよう注意し、ひたすらブレイドの攻撃を躱し続けることでやり過ごすしかないでしょう。壁際に追い詰められそうになったら防御の上から攻撃を当てるようにすればいいと思います。

    そして最も危険なのは(4)のソロ目標でしょう。よりにもよって対ブレイドに相性最悪な「#次元の者」タグ持ちで倒さなければならないという理不尽極まりないソロ目標のため、立ち回りには細心の注意が必要となります。

    • 通報する
  • ◇オススメのキャラ
    ・ブラック・ウィドウ(デッドリー・オリジン)
    彼女は「#アベンジャーズ」と「#傭兵」のタグ両方を持つため、1人で2つのソロ目標を達成できる貴重なキャラとなります(もう1人のキャラとして旧ウィドウもこれに当てはまりますが、実用性から見ても白ウィドウを使うほうがいいでしょう)。
    このブレイドに対する特徴的な能力を持っているわけではありませんが、1人でソロ目標を2個達成できるのは非常においしいので、お持ちの場合はぜひ上記の立ち回りを意識しながら撃破を狙ってみるといいと思います。

    ・ファルコン
    自分は白ウィドウがいなかったため、彼で「#アベンジャーズ」タグのソロ目標をクリアしました。
    こちらもブレイドに対する特徴的な能力こそないものの、安定した火力で堅実に立ち回れるのがポイントだと思います。「破壊的フィードバック」が切れたタイミングでロックオンを発動して一気に畳みかけ、必殺1を発動することを繰り返せば勝機はあるでしょう。

    ・ドミノ
    自分は彼女で「#傭兵」タグのソロ目標をクリアしました。
    致命的な失敗や必殺技の(クリティカル)流血で体力を削っていきやすいのが強みになるかと思います。
    こちらも基本は上記の立ち回りを意識しつつ、ゲージが1本貯まったら必殺1を撃つことを繰り返せば勝機はあると思います。

    他のキャラとしては、「#アベンジャーズ」タグ持ちではネイモアや新ウィッチ、「#傭兵」タグ持ちではヒットモンキーやマサカーなどを使う方も多かったように思います。

    • 通報する
  • ・コズミック・ゴーストライダー
    残る「#次元の者」タグ持ちのソロ目標は彼を使って何とかクリアしました。
    ぶっちゃけブレイドに「#次元の者」タグを使わせること自体正気の沙汰ではないのですが、その中でも彼は随一の性能を持つので選んだという感じです。
    比較的火力が高めなことと、弱攻撃フィニッシュのジャッジメントによるパワーゲインでパワーを貯められるため必殺技を多少使いやすいのが強みですが、危険察知のせいでジャッジメントの発動はかなり不安定になる上、ジャッジメントを5個付与してもパワーロック(処罰)が付与されずアーマー破壊にも変換されずに残り続けてしまい、ジャッジメントのリセットがそれ以降できなくなる可能性もあるなど、立ち回りは相当難しくなります。
    自分はパワーゲインを発動できる弱攻撃フィニッシュは最後まで残すよう意識し、それ以外(中、必殺1、強)で発動できるジャッジメントは全て発動するよう意識しながら立ち回りました。しかしそれでもかなりキツい戦いであることに変わりはないので、復活を使うのは多少しょうがないかもしれません。

    • 通報する
  • ◎第4週:ドーマムゥ
    〇ノード:警告、ヒーローブースト+300%、体力+800%、エネルギー抵抗+90%、プラセボ、バフ祭り、降伏はしない!、自由気まま、安定した忍耐力-2、弱肉強食-2、強化受け流し-パワーゲイン50%

    〇ノードの詳細
    ・プラセボ
    昨年の「痛みの夏」で登場したノードで、このノードにより、こちらが相手を攻撃すると確率でプラセボバフを付与されてしまいます。
    プラセボバフには何の効果もない上、ドマムはバフが切れれば体力低下を付与してくることから、攻撃をするだけで体力低下を付与されてしまうのが凶悪と言えるでしょう。
    ただし今回は「バフ祭り」が付いているため、否が応でもこのプラセボバフは発動せざるを得なくなります。

    ・降伏はしない!
    Act7.2で初登場したノードで、これによりこちらに付与される体力低下ダメージは大幅にカットされます。ドマムは体力低下が凶悪ですが、これがあるのでそこまでダメージを機にせず立ち回れるのは非常にありがたいですね。
    更にノックダウンすれば体力低下を逆にドマムに移して特大ダメージを与えられるため、凶悪要素の体力低下を逆に攻略の一助として利用できるのが非常においしいポイントと言えます。
    この体力低下移しをどれだけ利用できるかが攻略のカギとなるでしょう。

    ・強化受け流し-パワーゲイン50%
    受け流しに成功するとパワーゲインバフを発動できるノードです。
    これによりパワーを貯められるのはもちろんですが、今回はこのパワーゲインバフが体力低下に変換されることで、前述の「降伏はしない!」による体力低下移しを狙えるのも見逃せないポイントとなります。

    〇ソロ目標の内容
    (1)「#攻撃型:バースト」のタグを持つキャラを使って倒す。
    (2)「#スパイダーヴァース・ヒーロー」のタグを持つキャラを使って倒す。
    (3)「#ロボット」のタグを持つキャラを使って倒す。(「模範」持ち限定)

    5枚の画像
    • 通報する
  • 〇攻略について
    ◇全般
    攻略のカギとなるのは前述の通り「降伏はしない!」による体力低下移しになります。
    これでかなりの特大ダメージをドマムに付与できるので、いかに体力低下を移せるかでバトルにかかる時間が決まると言っても過言ではないでしょう。
    そのため体力低下を付与されたらなるべく早めに強攻撃か必殺技を当てて体力低下を移すことを意識しましょう。

    ただ厄介な要素も少なからず存在します。具体的には
    (1)バフ祭り
    (2)「安定した忍耐力」による気絶耐性
    (3)「自由気まま」の無敵と完全回避
    の3点だと思います。

    (1)のバフ祭りはダメージを与えていく都合上非常に厄介な要素となります。せっかく体力低下を移しても、こちらにバフが3個発動していなければ当然ダメージは与えられず元も子もないので、キャラの能力や「プラセボ」のプラセボバフでなるべくバフを切らさないよう立ち回る必要があります。
    (2)の「安定した忍耐力」による気絶耐性は個人的に最も厄介な要素だと思います。この気絶耐性はこちらに発動しているバフの数が多いほど延びてしまうため、(1)のバフ祭りの条件を満たすために多くのバフを発動するほどドマムが気絶耐性になる時間が長くなり、体力低下を移す手段である受け流し→強攻撃がしにくくなるのは非常に面倒ですね。
    また(3)の無敵と完全回避も、ドマムの必殺技後すぐに反撃を仕掛けられないので地味にウザい効果となります。

    • 通報する
  • ◇オススメのキャラ
    ・スパイダー・ハム
    個人的には相性抜群のキャラの1体だと思いました。
    彼だけで「#攻撃型:バースト」と「#スパイダーヴァース・ヒーロー」の2つのソロ目標を達成できるというウマみがあるのはもちろんですが、スパイダー・ナンセンスの効果と「降伏はしない!」の効果が合わさり体力低下のダメージを実質0にできること、ポーカーポッパーによる馬鹿にならないダメージを与えていけるなど、このドマム相手に戦いやすい要素が非常に多いキャラだと思います。

    ・スパイダーマン(ステルス・スーツ)
    彼もハム同様2つのソロ目標を一気に達成できるおいしさがあります。
    また彼は戦闘前スキルでスローを選択しておくことで、「自由気まま」による無敵と完全回避を封じられるのも見逃せない特徴と言えます。まずは受け流しをしまくってパワーゲインバフでパワーを貯めて必殺2でスローを(持続時間を延ばした状態で)付与し、適度に弱攻撃フィニッシュのスロー付与し直しと必殺1を使いつつドマムの強攻撃や必殺1後の隙を狙って強攻撃を当てるよう意識すれば勝機はあるでしょう。

    他に「#攻撃型:バースト」を持つキャラでのオススメはクレアやネガティブ、ロンショ、コズラ、「#スパイダーヴァース・ヒーロー」を持つキャラでのオススメはペニー、グウェンなどがあると思います。

    • 通報する
  • ロボットキャラについては自分は手持ちで1番ランクが高いオメセンでゴリ押しましたが、Youtubeの動画ではネビュラ、新旧ビジョン、メカギロ、ドラゴンなどを使っている方が多かったように思いました。
    ドラゴン以外の3体はパワドレを持っていることからドマムのゲージ量を調整しやすく、「安定した忍耐力」や「自由気まま」の効果を発動しにくくできるのがありがたいかなと思います。
    またドラゴンについては必殺1で簡単にスローを付与できるので「自由気まま」の無敵と完全回避をほぼ気にせず戦えるのが嬉しいですね。

    • 通報する
  • ◎第5週:第1週~第4週の相手全員
    第5週は、第1週から第4週まで出てきたクロボン、イカリス、クロボン、ドマムを1度に相手しなければなりません(ノードの詳細は各週の攻略をご参照ください)。
    また下記の通り、ソロ目標も4つ(「模範」持ちは2つ追加で計6つ)用意されています。

    ただし4週目までと違い、こちらは3体までキャラを持っていける上、残り時間の猶予も1週間から3週間に延長されています。特に持ちキャラが3体に増えているのは大きいため、攻略やソロ目標の達成のためにどのようなチームでこのクエに挑むかが非常に重要となりますね。

    〇ソロ目標の内容
    (1)ミュータントキャラがいないチームでクリアする。
    (2)ミスティックキャラがいないチームでクリアする。
    (3)コズミックキャラがいないチームでクリアする。
    (4)テックキャラがいないチームでクリアする。
    (5)サイエンスキャラがいないチームでクリアする。(「模範」持ち限定)
    (6)スキルキャラがいないチームでクリアする。(「模範」持ち限定)

    2枚の画像
    • 通報する
  • 〇攻略について
    肝心のキャラ選びですが、ソロ目標の内容が全て「特定クラスのキャラをチームにいれない」ことであることから、チームに入れるクラスのキャラを絞れば絞るほど1回のクエで達成できるソロ目標の数が増えるようになっています。
    (その都合上、「模範」を持っていない方であればスキルキャラとサイエンスキャラのみで構成されたチームでクリアすれば1回で全てのソロ目標を達成できるようになっています。「模範」持ちの方は各クラス分の目標があるため、必ず2周はしないと全て達成することはできません。)
    そのためなるべくクラスを絞って1回でより多くのソロ目標の達成を狙うか、2回で満遍なく各クラスのキャラを使ってバランスよくソロ目標の達成を狙うかは好みで決めてもいいと思います。
    自分は後述の通り各クラスのキャラを満遍なく選びましたが、1周目をコズミックキャラ(一例としてはハーキュ、コズラなどの高火力キャラと、イカリスに相性抜群なロナン)で固めてコズミック外し以外のソロ目標を1度に達成し、2周目でそれ以外のクラスのキャラを使ったという方もいました。

    • 通報する
  • 自分が使用したキャラは以下の通りです。基本は1週目~4週目のソロ目標で使用したキャラをベースに考えました。
    〇1周目
    ・手持ちキャラ:オメセン(テック)、ファルコン(スキル)、ロナン(コズミック)
    ・達成できるソロ目標:(1)(2)(5)
    ・相手毎の使用キャラ
    クロボン[オメセン]

    イカリス[ロナン]

    ブレイド[ファルコン]

    ドマム[オメセン]

    1週目のクロボンと4週目のドマムでオメセンを選んでいたため、彼女はまず最初に思いついた手持ちキャラになりました。またファルコンも3週目のブレイドで使用していたため手持ちに選んでいます。
    またロナンは対イカリスには相性抜群なので是非持ち込もうと思い、今回の手持ちに加えました。必殺技で気絶→タコ殴り→無敵が切れたら強攻撃でノックダウンし「踏みとどまる」の守護を消す を繰り返せば低ランクでも十分倒せるでしょう。

    〇2周目
    ・手持ちキャラ:オメガ※「血液凝固」の技能必須(ミュータント)、シンスプ(ミスティック)、ハム(サイエンス)
    ・達成できるソロ目標:(3)(4)(6)
    ・相手毎の使用キャラ
    クロボン[オメガ]

    イカリス[シンスプ]

    ブレイド[オメガ]

    ドマム[ハム]

    1周目でイカリス相手にロナンを使ったため、2周目ではイカリス単体の時も戦いやすかったシンスプを連れていくことは予め決めていました。またハムも4週目のドマムが倒しやすかったことからすぐに決まった手持ちキャラになります。
    残るはミュータントで誰を連れていくかでしたが、ここは1週目のクロボンで使っている方も多かったオメガを自分は選びました。ただしそのままだとバイオの流血のダメージが相殺しきれずお陀仏となってしまうため、「血液凝固」の技能は必須である点には注意しましょう(その代わり1レベでも付けていればバイオの流血ダメージは全く受けなくなる上、「意志力」の技能も付けていれば回復もできるので非常に戦いやすくなります)。

    • 通報する
  • 「永遠の痛み:否定」はこれで終了となります。
    なお最初にも書いた通りあくまでこれは始まりに過ぎません。第5週が終了後1週間のインターバルを経て、第2章となる次の永遠の痛みがスタートします(つまり第2章は7/7(木)にスタートすると思われます)。
    まだクリアしていない方はなるべく早めにクリアし、次への備えをしておきましょう。

    • 通報する

画像添付

スタンプ投稿

送信
1000

グループに参加してチャットを楽しもう!

  • 通報する