王に俺はなる - テッペンを目指せ

もう一つの王俺

  • 公開グループ
  • 64人が参加中
もう一つの王俺

もう一つの王俺

もう一つの王俺メモ

全て表示

Lobi編集部おすすめ!最新ゲーム情報

【運営からのお知らせ】定期メンテナンス実施のお知らせ

1000ポイントを1000円分のギフトカードに交換!アプリ等を遊んでポイントチャレンジ(PR)

スタンプが無料でもらえる!「動画を観てスタンプゲットキャンペーン」7月分スタート!

2020年6月末 3日間限定『月末だぜ!Lobiファミリー人気スタンプ大集合!6月編』動画を観てスタンプゲット!キャンペーンのお知らせ

【運営からのお知らせ】「動画を観てスタンプゲット!」キャンペーンの不具合について

最新ゲームニュースをもっと見る

画像添付

スタンプ投稿

送信
1000

グループに参加してチャットを楽しもう!

2020/07/12
茶屋🍵遊山箱

もう一つの物語  茶屋「遊山箱 」編 [28]

いらっしゃいませ

先日は、妻に素敵な 山茶花の刺繍の入った
前掛けをいただき、ありがとうございました
わざわざ、彬さんが お店に行く前に
届けてくれました、妻も とても喜んでいました

しかし、お饅頭のお返しにしては 勿体なく
申し訳ありませ。
ジャンケンは、わざとではなく、本当に明さんが
強いだけですよ、お気づかいなく。

なんでも、ご主人のお召し物にも、椿の刺繍を

へえ、若いころに、よく現場で喧嘩をしては
帰ってくるので、本人もこのままではと、考えて
ある日、庭の 椿の花を指さし あれを これに
刺繍してくれと、仕事服を持ってこられたのですか

旦那様のお母様が、椿の花が好きで
子供の時によく喧嘩をしては お母様から
叱られたことを 思い出し
喧嘩にならないよう戒めているのでは? と

ご主人本人からは、本当の理由は
言ってはもらえないのですか。
でも、多分 そうでしょうね

小さい時から喧嘩ばかりして、15歳の時に
大工にあこがれ、家出をして、ついこの数年までは
一度も実家には帰らず、現場を渡り修行をして
いまでは、棟梁にまでになられたのですか
ご立派ですね。


今の現場も、あと数か月で終わるので
帰ってくるのが楽しみだと、 そうでしょうね。
彬さんも 喜んでいる事でしょう。

お待たせいたしまし

お茶と お饅頭です   ごゆるりと

2020/07/10
茶屋🍵遊山箱

もう一つの物語 絵師(美佳楚)からの手紙 [3]


前略 母上様 お元気でしょうか

今、双子の姉妹から 求婚を申し込まれて
どちらも、美人で優しくて どうしたら良いか
悩んでいて、三十楼棟梁にも相談したが
自分で決めろと、叱られました。

母上様、どうしたらよいでしょうか?

ジャンケンで決めてもらいましょうか?

ところで、棟梁に何故 半纏に 赤い花の刺繍を
しているのかと尋ねたら、刺繍は 椿の花で
大きな花が、奥様で 小さい方は お子様だと
なんでも、奥様の名前が 椿さん だとかで
照れながら教えて下さいました。

宮殿もあと少しで完成するらしく
完成したら、其方に帰ると言っていましたので
その時は、茶屋によるようにお願いしたので
十分な お礼をしてください。

なにせ、ジャンケンの弱い棟梁で
いつも私が勝って夕飯をご馳走になっています

この間、若い職人同士の喧嘩を止めに入って
思わず自分も興奮して、喧嘩しそうになったと

何故だか、半纏の刺繍を 見つめながら
話してくれました。 面白い棟梁です。

それでは
くれぐれも、お体を大切になされます様に。

草々

追伸
また「飛燕 合徳 けんかしないでくれ」と
寝言を言っていたと 皆に笑われました。

2020/07/07
茶屋🍵遊山箱

もう一つの物語  茶屋「遊山箱 」編 [27]


こんにちは  いらっしゃいませ

彬さん、今日は お店はお休みですか?

これはこれは、彬さんのお母さんですか
いつも、坊ちゃんにはお世話になっています
いえいえ、お饅頭は 私がジャンケンに負けてしまうので
でも、彬さんは、ジャンケンが お強い

えぇ、なに 私がいつも。。。なんですか 彬さん?
何でもない。。.。そうですか?

今日は 二人で、お婆様のお誕生日のお祝いに
行かれた帰りに、寄ってくださったのですか
それは、ありがとうございます
お婆様は、お近くにお住まいなので?、、あれ

彬さんの着物、それは 山茶花の刺繍ですか?

え、山茶花ではなく 椿の花ですか
それは、申し訳ありません
でも
素敵なお召し物ですね、 へえ、お母様が
刺繍されたのですか、

お父さんと お揃いなのですか、いいですね

ああ。あの庭の花ですか
あれは、椿ではなく 山茶花 です。

妻が 山茶花が大好きで
私も息子も 大好きな花ですよ。

それでは、今日も勝負です ジャンケン(チョキ)

ああ、また負けました

今日は、お饅頭 二人分です。

お茶は少し ぬるめにしています

どうぞ、ごゆるりと



2020/07/04
茶屋🍵遊山箱

もう一つの物語 絵師(美佳楚)からの手紙 [2]


前略 母上様 お元気でしょうか

先日 知り合いになった 大工の棟梁は
すごい大工さんらしく 宮殿を創るために
わざわざ、遠い そちらの町から呼ばれて
こちらに来ているらしい

三十楼とは、三階建ての立派な宮殿を立てる
棟梁だから、そう呼ばれているみたいです。
何時も
棟梁には 色々と面倒を見てもらっており

先日も 町で 粋な女性に一目ぼれし
是非、モデルになってくれと頼みたかったが
どこかに、消えっていたと、棟梁に話したら
その黒い洒落た服を着た女性は チセンさんだと
教えてくれた上に、わざわざ 間に入って
話を付けてくれて おかげで いい絵が描けました
ただ、いつものように
彼女には ふられてしまいましたがね。 
でも、
そのチセンさんには、お礼に 書道の筆を
プレゼントしました。

その筆も 棟梁に買ってもらいました。

夕食もよく棟梁に御馳走になります、もちろん
ジャンケンで私が勝ってしまうのでね。
それでは
くれぐれも、お体を大切になされます様に。

草々

追伸 
先日「香玉、英台 ゆるしてくれ」と
寝言を言っていたと 皆に笑われました。

2020/07/01
茶屋🍵遊山箱

もう一つの物語  茶屋「遊山箱 」編 [26]


いらっしゃいませ

これは 金香玉さま お久しぶりです

宿屋の看板娘さんとして、一段とお美しくなられて

小さい時は 活発な お嬢様で  走り回っては
女将さんに 叱られていましたが。

そのころから仲良しの 祝英台さまは
男子には負けない様に勉学するのだと、服装まで男装で
負けん気の強いお嬢さんでしたが
今では、見違えるほどに お綺麗になられて

むかし、うちの次男坊がよく
彼女の 笛を取って逃げ回り、逆に 金香玉さんと
祝英台さんに、捕まえられては、仕返しされて
べそかいて、家に逃げ帰ってきてましたが
でも
本当は、お二人の事が、大好きだったみたいですよ
ある時、どっちか決めかねると、変な事を言い出して
でも、お二人に ふられて、我が子ながら馬鹿な子で
困りますよ。


はい、女性から人気の三色団子  サービスです

お茶 熱いのでお気を付けて

え、もう子供じゃないと   そうでしたね 


それでは ごゆるりと


2020/06/27
茶屋🍵遊山箱

もう一つの物語  茶屋「遊山箱 」編 [25]


いらっしゃいませ

今日は、大観園の賈家様へ ご挨拶に行かれた
その帰る途中に お寄り下さいましたか

そうですか、賈母様も
お元気そうでなによりです

いや、実は若いころに 薛家の大旦那様のお供で
あの ご立派な 庭園を少しですが 
見せていただいたことがございまして

丁度、椿の花が綺麗な季節でした。

普段は、官位が高い お殿様でないと
庭園に出入りすることが難しいといわれる
立派な庭園は 私ら庶民には なかなか、、

でも、賈家の財力で築き上げたとも言われ庭園は
一度は誰しもが見ておきたい豪華さがあります。

たしか、昔 賈家には、よく喧嘩しては 奥様に
叱られていた 次男坊さんがいて、ある日突然
職人になるといって、家を飛び出して行って
何年も帰らなかったその息子さんが
最近ようやく 家にも顔を出すようになったとかで
賈母様も 一安心していると
お客さんから聞いたことがありますよ。


お待たせいたしました  ごゆるりと

2020/06/23
茶屋🍵遊山箱

もう一つの物語  茶屋「遊山箱 」編 [24]


いらっしゃいませ
只今 煙草盆の ご用意をいたします

外の席でよろしいので? 

ええ、その席は
木洩れ日が気持ちの良い、うちの特等席です

ところで
紀昀先生の お持ちの キセルは ご立派な物ですね

お殿様から 頂いたキセルですか。

世界戦で 良い成績を上げ そのご褒美に
それはそれは、ようございました

先日も 蘇軾様が お殿様から 
高価な お酒をいただいたと
私にも一杯どうだと お声をいただいたのですが
私は、お酒が飲めないので、残念でしたが

そうですか、紀昀様も、いただいたのですか
ご褒美のお酒は 格別でしたか。


おまたせいたしました  ごゆるりと



2020/06/21
茶屋🍵遊山箱

もう一つの物語  茶屋「遊山箱 」編 [23]


はい、何時も、ご苦労様

それでは、行きますよ ジャンケン(チョキ)

あぁ、また負けました。

はい、お饅頭。  気を付けて お帰り。
店主様と、お母様にも、よろしくお伝えください


お待たせいたしました   いらっしゃいませ

ええ、今 帰って行った子は
道具屋の丁稚どんの 彬さんです。  
店の使いで 道具を、届けてくれたのですが

何時も、店に来たときは、ジャンケンをして
私が負けたら、彼にお饅頭を差し上げていますが

何時も、私が負けるのです,どうゆう訳か

でも、親孝行な子で、何時も自分は食べずに
お母さんに 持って帰っているみたいです。

お父さんが、今 仕事で しばらく他の町に
行っているみたいで、寂しいだろうに
弱音も言わないで 頑張って働いて
よくできた 丁稚どんですよ。

ただ、誰かに似ている気がするのですが?


おまたせいたしました

どうぞ ごゆるりと



2020/06/19
茶屋🍵遊山箱

もう一つの物語  茶屋「遊山箱 」編 [22]

いらっしゃいませ。


昨日の 連盟戦で・・・


そ う で す か ・


それでは、今日は お天気もよろしいので

お疲れの お殿様には、 こちらの席へ

ちょうど 今の時刻は

木洩れ陽を 背に座れば、山茶花の蕾の微笑みと

青空を見上げれば、風と雲が静かに戯れて

お足元には

木洩れ陽の光が、地面の陰に 十文字を描き

ちょうど、幾つもの 案山子が舞っている様も見え

何時の頃からか

木洩れ陽の案山子 と呼ばれております


それでは、ごゆるりと

2020/06/15
茶屋🍵遊山箱

もう一つの物語  茶屋「遊山箱 」編 [21]


いらっしゃいませ

益々、お美しくなられ

お父様もお元気ですか?

それは、よかったです。

実は、先日、息子の美佳楚から手紙が届きまして
何とか、元気にやっているみたいです

趙小須さんには、小さい時から 息子とは
仲良くしていただいて

幼い時は、よく、うちの子が悪さをして
小須さんを泣かしては
お父様の 文宣さまから 叱られていたのが
昨日のことの様にも思えますよ

え、お嬢様が他の子から いじめられた時は
何時も、駆けつけて助けて差し上げていた

うちの子が? お嬢様をですか 
そうですか、  

今、思い返せば 
息子は、小さい時から ずいぶん
小須さんのことが、好きだったのでしょうね

時々、寝言で 小須さんの名前を呼んでいましたよ


お待たせしました  三色団子です

それでは、ごゆるりと

茶屋🍵遊山箱

もう一つの物語 絵師(美佳楚)からの手紙 [1]


前略 母上様 お元気でしょうか

私は今、新しく できた国に来ています。

先日 池の端で、絵を書いていたら
一人の男が、話しかけてきて
色々と話しているうちに、仲良くなり
ちょうど お昼時だったので
蕎麦を、ジャンケンで負けた方が奢る事になり
残念ながら、私は負けてしまいましたが

勝った その男は、子供のように
石段の上に駆け上り、両手を挙げて
大声で、喜んでいました。
面白く子供ぽいけど、とても優しい人です。

赤い花の刺繍の入った藍染の半纏をきている
大工の棟梁で、皆から
三十楼さんと 呼ばれています。

なんでも、家族が、そちらの町で
暮らしていると聞き、懐かしくなり
手紙を書きました。
それでは
くれぐれも、お体を大切になされます様に。

草々

追伸 
先日「小須、小須」と
寝言を言っていたと 皆に笑われました。


茶屋🍵遊山箱

もう一つの物語  茶屋「遊山箱 」編 [20]


いらっしゃいませ

いつも お洒落で、粋ですね 旦那さまは

はい、お土産用の 三色団子 ですね
只今 ご用意 いたします 少々お待ちを

今日は、どこのお宅へ
これは、野暮なこと聞きましたか?


しかし、昨夜から お昼前の今まで

で、勝ちましたか?
これも野暮でしたか・

まぁ。あまり深入りせずに 
お遊びは、ほどほどに  

女性も、ほどほどに

え、向こうから寄ってくるから仕方がないと

そうでしょうね、それだけの器量ですものね
失恋ばかりしている、内の次男坊とは、大違いです


はいお待たせいたしました 三色団子です

韋小宝さま   お気をつけて

茶屋🍵遊山箱

もう一つの物語  茶屋「遊山箱 」編 [19]


いらっしゃいませ

董小宛さま 先日は妻がお持ちした お寿司
お口に合いましたでしょうか
そうですか、それは、良かったです

そう言っていただけると妻も喜ぶでしょう

ありがとうございます、おかげさまで
河原は、平日とあって 人も少なく静かで
家族でのんびりとした時間をすごせました

董小宛さまには
次女に 琴や書を、教えていただき
娘も喜んでおります

こんな茶店の娘が 
琴を習いたいと言った時は どうしようかと
思いましたが、杏花楼の女将さんに
妻が相談したときに 董小宛様を 
ご紹介いただき 本当に助かりました

次女の眞音は、小さい時から好奇心が豊かで
色々な事に興味をもち 時には親の方が
あたふたさせられます。


おまたせいたしました   ごゆるり

茶屋🍵遊山箱

もう一つの物語  茶屋「遊山箱 」編 [18]


こんにちは

二狗子さん、先日は 新茶を届けていただき 
ありがとうございました

今日はお二人 どちらへ?
そうですか、太鼓職人の吉子野親方のとこへ

二狗子さんは、吉子野親方とは お知り合いで
近渦さんが、あまりにも太鼓 好きなので
親方の弟子にと、お願いに行った帰りですか

狗子さんと 近渦さんのお二人は
お知り合いでしたか?

へぇ、小さな時からの ご友人でしたか
それはそれは 友達思いですね 二狗子さんは

私ですか
今日は店も休みで、妻もお休みをいただいて
これから、遊山箱 片手に
妻と河原に でかけるところです

妻は、一足先に あるお屋敷に寄ってから
次女と一緒に 向こうで待ち合わせすることに


ええ、ありがとうございます
今日は、のんびりさせていただきます

お二人も お気をつけて
杏花楼の女将さんにも よろしくお伝えください

それでは ごめんくださいませ

茶屋🍵遊山箱

もう一つの物語  茶屋「遊山箱 」編 [17]


いらっしゃいませ

先日は 本当にありがとうございました

家内が急に 具合が悪いというもので
慌てて 胡青牛先生のとこに 駆け込み
診ていただき 助かりました

大した事がなくて 良かったです

ここのところ、妻も、休む暇もなく
走り回り、疲れが溜まっていたみたいで
私も、気づいてやれず 申し訳ない

今度の休みの日には
何処か のんびりできる所へ
出かけよかと 話をしています

しかし、先生には
娘や息子が 小さい時から
いつも お世話になりっぱなしで
感謝しております。


妹様の 胡青羊さまも お殿様から
お声がけいただく程の お美しい女性になられ
ご立派な、御兄弟だと 町中の評判です

いえいえ、本当ですよ。

おまたせいたしました

これは 先日のお礼です ごゆるりと

茶屋🍵遊山箱

もう一つの物語  茶屋「遊山箱 」編 [16]


いらっしゃいませ

今日 新茶が入ったばかりです 今ご用意いたします

以前は 私が港まで新茶の荷受けに行っていたのでが

数年前に、荷受けに出かけた時に、港で
大きな男に いきなり大きな声でからまれて
困っていた 私を見つけた女性が、慌てて
こちらに駆け寄ってきてくれて
その大きな男を、いきなり 叱りつけて
その男も 姉さん すみませんと何度も謝りはじめて

その女性をよく見ると 杏花楼の花姉と呼ばれる子で

うちの妻が、子供の時から、色々と面倒をみていた
娘さんで、若い時から 色々と手のやく子でね、今も
色々と事を起こしては、人からも恨まれたりしてますが
我々 家族には、とてもやさしく子で
本当は、乙女な心をもった女性なのですけどね。

で、その一件から、その大男の人が、毎年
新茶を、港から店まで わざわざ届けてくれる様になり

届けてくれたお礼に みたらし団子を、差し上げると
本当に子どもの様に、喜んで食べて下さり、いい人です

お待たせいたしました  新茶です  

ごゆるりと


茶屋🍵遊山箱

もう一つの物語  茶屋「遊山箱 」編 [15]


いらっしゃいませ

お久しぶりですね、 吉子野 親方 

へえ、そんな大きな太鼓を、制作されていたのですか
それは、ご苦労様でした。
今朝も、なにやら世界戦とやらの 開始の合図で
町中に 太鼓の音が 響き渡っていましたよ

いや、親方の作った太鼓の音は、よく響きますね
ところで
太鼓と言えば、先日 
なんでも、牢屋の公務についている
お顔は少し強面ですが、とても真面目な二人組の
お客様でしたが、そのお二人から
小声で教えていただいたのが

以前から 公衙のお屋敷の前にある太鼓を
勝手にたたく人がいて 何度か注意したら
こんどは、京師に 明け方 忍び込んで
御前の太鼓を、叩こうとしたのを、見つかり
牢屋に連れてこられ、お仕置きされたらしいです

そうです、太鼓を叩いてお仕置きを
されたのは 近渦さんですよ
親方もご存じでしたか。

おまたせしました

お茶と塩饅頭です   ごゆるりと


茶屋🍵遊山箱

もう一つの物語  茶屋「遊山箱 」編 [14]


いらっしゃいませ

今日 ちょうど 葛さんの 噂話をしていた処ですよ。

お通さんが、お店で お茶を飲みながら
葛さんに 創ってもらった カンザシは 
粋でお洒落で 他には無い品で
とても気に入っていると ご自慢されていたので

私も、先日 お店に来ていたお客様が
珍しい道具を持っていたので訪ねてみたら
天球儀という 勉学の道具らしいのですが
誤って壊してしまったので
人づてに 葛さんの所へ
手直しを お願いに持っていったら
以前よりも、良いできに仕上げてもらい
とても、喜んでいたことを、お話させてもらいました。

へえ、初めて見る不思議な物で、専門外だけに
手直しに一か月近くも、大変でしたね

{でも、 あの張衡先生は、すごい人で、天文学や
数学とやらの 博学の上、色々な発明もされている 
お偉い人で その人の、お手伝いができただけでも 
職人冥利に尽きる}と

 さすがですね 葛さんも !
うち息子とは大違いですよ。

あぁ、この前 その先生が帰りがけに
夕方には ひと雨きそうだと
教えて下さり助かりました よ

おまたせしました  お茶と餡だんご   

どうぞ ごゆるりと

茶屋🍵遊山箱

もう一つの物語  茶屋「遊山箱 」編 [13]


いらっしゃいませ   
やはり少し雨が降り始めましたか

どうぞ 奥の席へ 旦那様

この雨は 1時間くらいで降り止むみたいです
先ほど、お帰りになられたお客様が
そう おっしゃっておりました。

ところで、先日  薛丁さんが お孫さんの
お祝いに 旦那様から頂いた 遊山箱(ゆさんばこ)を
お孫さんに届けに行った帰りに 店こられて
お孫さんも娘さんも、元気で一安心だと喜んでいました

薛家代々から奉公人の 結婚や出産のお祝いにいただく
遊山箱は
皆が、思い出と共に大切にしております。

私も先代の大旦那様から、結婚のお祝いに いただいた
この、遊山箱は、今も大切にしております
あいにく 今年は花見には、行けませんでしたが
結婚して、子供が生まれ
この遊山箱を片手に出かけて行った 家族の思い出が
これには、いっぱい詰まっております。

そんな思いや、柳家さまへの感謝の意を込め
店の名を「遊山箱」とさせていただいております。

おまたせいたしました
万三さま お気に入りの 
高麗にんじん茶 と 和三盆です

どうぞ ごゆるりと

チャットを入力

グループに参加する