【総合】極・魔法乱舞 攻略ギルド(メモ必読)

【総合】極・魔法乱舞 攻略ギルド(メモ必読)

4210
2016/06/25 13:59

Lobi編集部おすすめ!最新ゲーム情報

スタンプが無料でもらえる!「動画を観てスタンプゲットキャンペーン」10月分スタート!

2020年9月末 3日間限定『月末だぜ!Lobiファミリー人気スタンプ大集合!9月編』動画を観てスタンプゲット!キャンペーンのお知らせ

【運営からのお知らせ】LobiアプリのiOS14対応状況とiOS11.x、12.xのサポート終了について

【運営からのお知らせ】AndroidOS 4.x・5.xのサポート終了について

スタンプが無料でもらえる!「動画を観てスタンプゲットキャンペーン」9月分スタート!

最新ゲームニュースをもっと見る
【総合】極・魔法乱舞 攻略ギルド(メモ必読)トップに戻る
まだお34

【ギルド運営について】2018年8月更新※


本スレッドはギルドマスターに向けての運営法に関するものです!
この1年の間,ギルド勢力図は大きく変わり,設立されたギルド解散したギルドも数多くありました。
現在私は一番大きな規模のギルドマスターをしていますが,新規参入の強いギルドがなかなか現れないことに対してゲームの先行きを危惧しています。
そこで,新しくマスターになる方および既存のマスターさん達に参考になればと「俺の運営方」を公開します!
たしかに,ギルド運営方法は人それぞれですが,自分のスタイルを確立する前に,今から公開するノウハウを参考にして頂き,お役に立てればいいなと思っています♪あくまで私見なので参考程度でお願いします!
これから新規参入される方も,案外ギルド運営は難しくないので挑戦してみてください


《目次》
1,マスターの役割
2,ギルドの目標設定
3,ノルマ設定基準
4,メンバー集めの方法
5,竜王リーグ(ギルバト)について
6,自分とメンバーのモチベ管理
7,サブギルドの運営方法


※レス禁止‼️質問は新規スレ立てでお願いします‼️
あくまで,個人的な見解なので絶対視しないようお願いします!
初心者からの質問でここに載せてある内容と重複した場合は,丁寧に本スレへの誘導お願いします!また,丁寧な表現を意識しましたがわかりにくい面もあると思います。したがって,重複する質問が来た場合も遠慮せずに噛み砕いてわかりやすく自分なりの回答で初心者の方に答えていただけると幸いです!
(訂正はレスしてもらって構わないですが,修正後レスを削除します。固チャでもOKです)
このページをタップするとスレッドが開き詳細が見られます!!

  • 《1,マスターの役割①》


    マスターの役割は色々ありますが,ゲーム内では竜王リーグ中の『攻撃放棄』防御パーティのギルドスキル設定,メンバーの『加入申請許可』『招待』『除名』『サブマス決定権』『解散』などがあります!!

    ゲーム外での役割を列挙してみましたが割と小間使いですね 笑 お世話がかりです 笑 マスターだからといって尊敬されることはなく,社長というより部長補佐の中間管理職のイメージがしっくりきます 笑 あるいは,監督というよりコーチですねえ。

    この列挙した中で,一番重要なのはゲーム内の役割とは関係ない『ギルドの方向性』を決めることです!《2》民主的プロセスを踏んで多数決とかでもいいと思いますが,全員が全員同じ意見になることは考えられず,反対に票を投じた人はあからさまな反体制側に回ってしまいます。⑳メンバーの意見を汲みつつマスター及びサブマスという執行者が決めるほうが運営は上手く回ると思います!どのみち1年がたてばメンバーの多くも変わりますし,多くのメンバーと話し合いで多数決をしていては話し合いが長引き決定が遅れメンバーも疲弊します。さらにいえば,多数決で代表者のマスターと違う意見が決定された場合においても,マスターのモチベが下がるし,決定につきマスターが運営し責任を持ち履行なり修正をしていかなくてはならないことを忘れないでください。ただし,自分の考えを押し付けるのではなくメンバーにビジョンを解き理解を得ることや,反対意見のメンバーとの妥協点をさぐり改善するという過程はギルドの結束上重要なので忘れないでください!もし,意見集約と調整が上手い方なら決定する事柄を多数決でとっても問題はないかとは思います。

    また,ギルド解散権を持つ以上『ギルドの進退につき責任を持つ』ことが求められるので,マスターとして運営がきつくなった場合は,解散するかしっかりと引き継ぎをするのがマナーだと思います。急にマスターがいなくなったら,ギルドの方向性で揉めたり,中途半端になって残されたメンバーが辛い思いをするので気を付けましょう!!

    あくまでゲームなのでモチベがさがったり,マスターを楽しめなくなった場合は遠慮なくメンバーに相談してみることが大切だと思います!

    • 通報する
  • 《1,マスターの役割②》


    <ゲーム内の役割(権限)>
    ①ギルドメンバーの『加入申請許可』
    ②ギルドメンバーの『招待』
    ③ギルドメンバーの『サブマス決定権(役職変更)』
    ④ギルドメンバーの『除名』
    ⑤ギルドメモと加入メモの変更
    ⑥龍王リーグの防御パーティのスキル設定
    ⑦龍王リーグの既に防御パーティにセットされている魔道士の削除
    ⑧龍王リーグ中の『攻撃放棄』

    <ゲーム外の役割(任意)>
    ⑨ギルドの方向性(目標)の設定《2》
    ⑩メンバー集め《4》
    ⑪龍王リーグでの作戦考案と指揮《5》
    ⑫ギルドメンバーへの様々なギルド内決定を連絡(また,連絡網がしっかり機能しているかチェック)
    ⑬メンバーとの交流及び,メンバー間での交流を活発化させる工夫
    ⑭メンバーの育成(アドバイザーとして)
    ⑮自分とメンバーのモチベ管理《6》
    ⑯やることが多岐に渡れば,様々なギルド内の仕事をメンバーに割り振り
    ⑰他ギルドとの交渉及び交流の窓口
    ⑱メンバー間で公平性が担保されているかチェック!不公平ならその理由を説明し,理解を求めること(例えば新しく入ってきたメンバーがリーグ走らないとすぐ除名なのに,古参メンバーなら1ヶ月走らなくてもそのまま所属だとギルド内で反乱がおこりますよ 笑)
    ⑲トラブル発生時の対処
    ⑳ギルドの様々な事柄に対して最終的な意思決定をする

    • 通報する
  • 《2,ギルドの目標設定①》


    人を集めるにも運営するにも,『目標』がないとメンバーや勧誘文を見ている将来のメンバーの方に分かりづらいと思います!そこで目標を設定することをオススメします!ギルド運営上の目標がないとメンバーにギルド所属している疑問を生じさせるので「メリハリ」を付ける意味で重要です!目標がないと人が多く集まる集団(組織)は動かないです!長期的に行動を共にする人々の間では尚更です。

    『目標の設定』も長期目標とより具体的な短期目標を設定することをオススメします!

    例えば「長期目標」なら「ギルドランク3位以内」とか「優回数1位」という感じで,「短期目標」なら「8月はリーグで8回以上優勝する!」とか「8月は入賞3回する!」といった感じです!簡単にいえば具体的でイメージがつきやすい「わかりやすい」目標です。

    • 通報する
  • 《2,ギルドの目標設定②》


    わかりにくいので,説明上以下に定義します。
    ❶ガチギルド→上位ランク5位以内を目指し月間入賞数4回以上を目指すギルド(消化試合20位以内キープ)
    ❷ややガチギルド→上位ランク10位以内を目指し月間入賞数2回以上を目指すギルド(消化試合20位以内キープ)
    ❸ややまったりギルド→上位ランク20位以内を目指し月間入賞数1回以上を目指すギルド(消化試合20位以内もしくは50位以内キープ)
    ❹まったりギルド→リーグ戦で20位以内もしくは50位以内キープのみ
    ❺完全まったりギルド→リーグ戦で50位以内,たまに20位以内
    ❻活動停止


    ちなみに,この6つのタイプをすべて運営したことがあります。というか,私が運営しているギルドはこれらの段階を経て成長していきました!

    2016年9月→ギルド設立,タイプ❻(所属メンバー2名,リーグの参加方法わからなかった)
    2016年11月→龍王リーグでマスターリーグに,タイプ❺(所属メンバー3名)
    2016年12月→初の入賞,タイプ❹
    2017年4月→初優勝,タイプ❸
    2017年7月→ややガチギルド化,タイプ❷
    (2017年8月ガチギルド化でサブギルドを作る)
    2017年9月→完全ガチギルド化,タイプ❶
    完全なガチギルド化まで1年を要していますが,実際には3ヶ月程で❶すくなくとも❷のタイプのギルドを作ることは可能です。

    活動停止は論外として,意外にも運営上楽なのは❶❷のガチギルドが楽でした!

    • 通報する
  • 《2,ギルドの目標設定③》


    運営が簡単そうな❸❹❺タイプのまったりギルドでは,所属しているメンバーや募集でくるメンバーのほとんどが初心者です。まったりギルドのメンバー集めは,ガチ勢の方が少ないゲームなのでそこまで難航しませんが,その分離脱者が多いです!毎月1〜2名離脱者が出ていました。離脱者が1〜2名でも規模が小さいので精神的にきます。3名辞められたらギルド運営上の危機ラインまで迫ります。そして,長期未ログインとか,ガチャ爆死後の引退が頻繁にあります 笑。また,ギルバトに参加できない初心者も多く,❸❹❺のまったりギルドではマスターサブマスターが他のメンバーより多く走る負担をしているのがだいたいのギルドの現状です。さらには,育ってきたメンバーが強いギルドに行ってしまうこともあります!このように,まったりギルドをちゃんと長期的に運営していくのはハードモードです 笑

    まったりギルドで仲の良いギルドは,マスターの手腕がかなりあると思います!

    よく見るのは「まったり仲良く」とか「無理せず楽しく」とかですが,当たり障りない言葉だけ言っててもメンバーはただログインするだけになり会話も減っていくので,自分なりの「まったりな目標」を設定していくことをオススメします!なんなら「育成ギルド」という方針を掲げ,長期的には「一番強いギルドをリーグ戦で破る」という目標にし,短期では「8月中に皆のレベル100目指す!」とかでもいいと思います!

    ちなみに私のギルドでは❸❹❺のまったりギルド時代の目標は長期的には「どこにも負けないたまにくるヤバい奴ら」短期的には「月1ガチ優勝」でした 笑

    その点❶❷のガチギルドでは離脱者は少なく,マスターサブマスだけが多く走るというのはなくなります。さらに,ゲームに対するモチベーションの違いから,運営のサポートもメンバーが積極的に責任を持ってやってくれるのでガチギルドは運営的にも精神的にもだいぶ楽です。また,ギルバトで連携をとるためガチギルドではメンバー間の交流も多く,仲が良いです!

    • 通報する
  • 《2,ギルドの目標設定④》


    ただ現実として横のつながりがなく,いきなりマスターを始める多くの方は❹❺の まったりギルドから運営していかざるをえないと思います。ハードモードですが運営を長く続けギルドが成長すると楽になるので頑張ってください!!ややまったりギルド❸になった頃に,「ガチ化できるな」と思えば迷わずややガチギルド化することをオススメします!

    • 通報する
  • 《3,ノルマ設定基準》


    ゲームをやるのに「ノルマ」があるのは自由性がなく嫌う人も多いですが,割とメンバーはメンバー間の公平性が担保されるので好意的だと思います。

    かくいうウチのギルドも第1ギルドは優勝狙いのガチリーグで,1人何勝するとかのノルマは存在しません。

    ただ成長過程のギルドにとって,一致団結し皆ヤル気が継続しているというギルドはなかなかないとおもいます。あまりにもリーグ参加者が少なく,一部のメンバーに負担をかけているなら導入をオススメします!

    ノルマという言葉は私も嫌いなので,ノルマという言葉を避けて「目標何勝」とかにすればいいと思います 笑


    次に具体的ノルマの基準ですが龍王リーグの入賞基準をざっくり列挙します。

    ①優勝 低い時で20万スコア,高いときで50〜60万スコア,平均的に30万スコア
    ②2〜3位 低い時で6万〜9万スコア,高い時で20万〜30万スコア,平均的に15万スコア(3位は12万)
    ③20位以内 25000〜30000スコア ギルドコイン8000
    ④50位以内 10000〜15000スコア ギルドコイン6000

    全員に公平に分担したとき(フルメンバーの場合)のノルマは以下です
    ❶低い時100勝程度 高い時400勝程度 平均200勝程度
    ❷低い時40勝程度 高い時200勝 平均的に100勝程度(3位は60勝程度)
    ❸15〜20勝程度
    ❹10勝程度

    このように1番シンプルな,「皆で各自公平に何勝すれば何位に入るか」という基準をしめしたので,わけがわからなければ,自分が目指す番号の基準をそのままノルマに使ってください!

    また,メンバーの石割の個数なども計算し,火土のみ参加とか隔週リーグ参加とかにしてみるのも良いと思います!

    ちょっと複雑ですが,うちの場合はギルド内でチーム分けをし,半数のメンバーはお休み,半数のメンバーはリーグ参加するという形式もとっていた時期がありました!

    あと,本当に初期の頃はマスターサブマス合わせて,150〜200勝して他のメンバーに自然回復分のチケットだけ走ってもらい,石を育成に回してもらうという時期もありました。ちなみにその頃在籍していたメンバーの半数以上はギルドにはもういませんが 笑。 それでも半数はついてきてくれるのでありっちゃありです!

    • 通報する
  • 《4,メンバー集めの方法》


    なにはともあれ,メンバー集めをしなければギルドとして存続はできません。

    (①〜⑥はオススメの順)
    ①lobiの募集広場で勧誘
    ②Twitterでの勧誘
    ③引き抜き
    ④ゲーム内での招待
    ⑤ゲーム内での自動加入
    ⑥その他

    過去に⑤の自動加入だけで運営していた上位ギルドがあり,そのギルドのマスターさんは300人除名した伝説を作っています 笑

    このゲームのギルドチャットは機能的に欠陥だらけなので,なかなかコミュニケーションが取れず居つくメンバーが少ないのが現状です。伝説のマスターになる気概があるなら④や⑤オススメです

    だから,lobiやTwitter(ゲーム用の垢を作る)といったソーシャルツールを使って勧誘することをお勧めします

    ③引き抜きに関していえば,メンバー集めの常套手段なので非難はしません。ただしメンバーを引き抜いたギルドとは遺恨が残ることや報復されることも考慮しておこなってください上位ギルド同士だと高確率でバレます 笑

    ⑥これは特殊なのですが,横の繋がりがあるなら,横のつながりを活かしてメンバーを集める方法です!大きなギルドが解散したときに残されたメンバー同士で作ったり,初心者の頃に色々なギルドに所属してパイプを作り,独立するときに各ギルドから③引き抜くことによって,いきなり強いギルドを作ることができますただ運要素と難易度が高いのでオススメはしません。

    現実的には,無名ギルドに入るひとはあまりいないので,ある程度自分が主体的に竜王リーグに参加してギルドランクをマスターにまで引き上げ,④や⑤でメンバーを増やしていき,入ってきたメンバーにlobiやTwitterを勧め,コミュニケーション(連絡)が取れないメンバーは徐々に除名し①や②でメンバーを固めて行くことを勧めます!(④⑤→①②)

    全然喋らないメンバーでも毎日ユーザーネーム見てたら愛着が湧きますが,ギルドの方向性を説明するのに連絡取れなかったり,リーグ戦で連携が取れないと他のメンバーに迷惑がかかるのでそこは割り切るしかないですね〜。切ないですが。除名はマスターの仕事です。

    • 通報する
  • 《5,竜王リーグ(ギルバト)について》


    龍王リーグとは極魔法で唯一のギルド間バトルのことで,今まで獲得した総計ギルドスコアでギルドランクが決まります!

    入賞成績に応じてギルドコインが貰え,ギルドコインは様々な報酬と交換することができます!リーグ開催前に防衛設定にキャラを配置することで参加することができます!だれも防衛を置かない場合は,参加することができません。攻撃可能時間は以下です!

    <開催期間>
    毎週3回 火曜日,木曜日,土曜日
    昼の部 12:00〜13:00
    夜の部 21:00〜23:00
    の計3時間

    <入賞のコツ>
    龍王リーグ中にはギルド撃破によって貯まるスコアの積立で,獲得スコア2倍になるフィーバータイムが生じます!このフィーバー中にいかに効率よくスコアを稼げるかが鍵です!
    そして2〜3人で頑張ってもどうにもならないので,メンバーの半数以上で一気に攻めることをオススメします!スコアが伸びる方法を色々工夫してみてください!そして,メンバーと予定を合わせて龍王リーグで入賞を目指す日を以降ガチ日と呼びます!
    ちなみに,マスターだけができるギルド放棄はギルドスコアが減ります!例えば,一番はじめに戦う相手を放棄した場合,今まで積み重ねてきたギルドランクに関係するギルドスコアからマイナスで差し引かれ,その結果ギルドランクが下がることがあります!


    <補足>
    ギルドスコア←リーグの入賞順位とリーグスコアの獲得ポイントで決まる。ギルドランクの決定要素。
    リーグスコア←リーグ中の撃破数で獲得できるスコア。リーグの順位が決まる要素。

    • 通報する
  • 《6,自分とメンバーのモチベ管理》


    マスターをする上で重要なのが自分のモチベです 笑
    メンバーが引退したり爆死逃亡したり,体制ができるまでほんとモチベダウンすることばかりです 笑 自分のガチャ爆死でつらいときに爆死逃亡を見たりして,自分もとか思っちゃうことありますよね? 笑 ただ,マスターのモチベ低下はギルドメンバーに影響があるのでモチベ低下しても必死に隠しましょう

    メンバーのモチベ維持は各人に任せるしかないのですが,多少は気が紛れるとおもうので相談にのってあげましょう!なるべく,爆死しないように無理をしないよう解き,キャラ取得以外に現状の手持ちで強くなる方法や個別な目標を提案することがおススメです!ちなみにですが,ウチのメンバーは私のいうことなど全く聞く耳もたず爆死します笑 それでもよく爆死するメンバーがキャラを当てると嬉しいものです。

    とくに,ギルメンの推しキャラが来たときや,ギルチャで常設魔道士を何体も出している場合は迷わず固チャしてあげてください!うちの古参メンバー曰く「ソシャゲなので仲良くならないと楽しくないですよ」とのことなので双方のモチベ維持のためにも親睦を深めてください

    ただどうしても親睦を深めてもギルドを抜ける方が出てきます。その場合は,去る者追わずでいいと思います!慰留しても結局は辞めていくし,ゲームなんだから無理矢理楽しくないものさせることは酷です 笑 下記にあげている<ギルドを抜ける理由>のうちabなら多少休止すると改善しますが,cdefのケースなら迷わず今まで一緒に遊んでくれた感謝を述べ見送ってあげてください。

    ちなみに,皆が疲弊するような無理なガチを続けるのはやめた方がいいと思います。ギルド崩壊の危機に直面するので,そのようなときはギルドメンバーの様子を細かく伺ってください!ギルドが強くなっていく中で一旦進撃の足を緩め調整するのもマスターのお仕事です


    <ギルドを抜ける理由>
    だいたいのギルドを辞める理由は主に次の通りです。
    a,ゲームがつまらない(ガチャ爆死した)
    b,課金がきつい(ガチャ爆死した)
    c,ギルドの方針が自分と合わない
    d,別の面白いゲームを見つけた
    e,家庭の事情
    f,仕事が忙しくなった

    • 通報する
  • 《7,サブギルドの運営方法①》


    このゲームには大きな欠陥があります。それはギルドメンバー定数の少なさと,リーグ戦がギルドメンバー全員参加の総対戦であるという点です。
    例えば,リーグ戦が前日にセットしたメンバー6人で戦うもの(6人でしか戦えないもの)であれば現状のメンバー数で大丈夫なのですが,15人全員で戦う今のシステムでは不参加者が数人出るとリーグ入賞が不利になります。やはりギルド運営上の実感からして,ギルドメンバー15人の予定を毎回合わせるのはとても難しいです。また,その穴を埋める分自分自身が戦ったり,戦ってくれるメンバーが出ては来ますが,どーしても依存状態になり公平性に欠けます。つまり自分や,いつも戦っているメンバーが欠ける日にはリーグ戦で入賞できなくなります。

    そして,このリーグシステムの状況で所属メンバー数が減ってしまうとギルド運営上の支障をきたします。メンバーが抜けるときは連鎖するので,主要メンバーが3人ほど辞め,他のメンバーも2人3人と続々辞めてしまえば9人しか残らずノルマを設定している場合は倍のノルマをこなさなければなりません。ギルド崩壊の危機です。特にまったりギルドからガチギルドに変わるときこの現象が顕著になるので気をつけてください!
    うちのギルドも過去にこれぐらいの危機がありました!

    そこで,15人ではなく30人で予定を組み合わせ戦力を維持し,メンバーが離脱しても運営に支障がないように,「第1ギルドと一体の控え」としてのサブギルドを考え作りました!運営が変えないならユーザー側からギルドのあり方を変えるというスタイルです!(ギルドメンバー30人でリーグ戦は15人セットして戦うというイメージ)
    現在では直轄の関連ギルドは4つに増えました 笑
    マスターなら誰もが考えたことがあると思うサブギルドですが,1年以上軌道にのせ運営している成功例はウチと某ギルドだけです!
    成功例は少ないですが,成功例がある以上みなさんもできるので挑戦してみてください!

    • 通報する
  • 《7,サブギルドの運営方法②》


    <サブギルドの役割>
    いざサブギルドを作るのにもただ漫然と作ると失敗します。サブギルドにどのような役割を持たせるかよく考えることをオススメします!

    先ほど説明した「第1ギルドと一体の控え」としてのサブギルドの他にも,「育成メインの2軍」や,「ガチに疲れた人のまったり休憩ギルド」,「ゲームを引退や休止した人のためのギルド」などがあると思います。最後の引退休止ギルドはサブギルドを作るとき「マダオ霊園」として考えこそしましたが,運営に手間がかかるのと実益が一切ないので辞めました笑

    ①「第1ギルドと一体の控え,としてのサブギルド」
    ②「育成メインの2軍としてのサブギルド」
    ③「ガチに疲れた人のまったり休憩ギルド」
    大体以上の3タイプに集約し別れると思います!

    自分のギルドの現在の目標や現状と合わせ,自分なりに考えた役割を持たせたサブギルドを是非作ってください!欲張ると失敗します!まあ失敗しても,必ずやり抜くという覚悟を持って挑めば大丈夫です!

    • 通報する
  • 《7,サブギルドの運営方法③》


    <具体的運営方>
    まずギルドを大きくする上で組織化し役職を作ることを考えると思います。そして,サブギルドのマスターを誰にするかとか考えると思います。

    それらは一切やめてください。オススメできません。

    ギルドは,15人から30人に増えても1人で管理できます!また,所属期間が半年未満のメンバーにいきなり管理を任せるのはギャンブルです!ギルドに忠誠を誓う(サービス終了まで一緒にやろうという気概があるメンバーが出てくる)前に急にメンバーに仕事を振ると,ゲームをするのが重くて脱退や引退,もしくは逃亡の危険があります 笑。 そもそも,②や③タイプのサブギルドで完全にそこの所属メンバーに任せれば「ゲームをやり始めた初心者」や「モチベが下がったメンバー」に任せることになるので負担が大きいです。
    2つのギルドを別々の人が管理するのは連携が必要になり,意思疎通を密にしていくことが求められます。1人で管理するなら連携も意思疎通も管理者と取らなくていいのでスムーズに運営できます!案外サブギルド1つぐらいの管理ならサブ垢で1人でできるし手間もかからないので,自分で直轄管理してください。トラブルも手間もそのほうが少ないです!ロビなどでサブギルドと本隊ギルドのグループを統一してメンバー間との意思疎通を行うとさらに楽です!

    どーしても忙しい場合などやむを得ない場合は,ギルドにリア友がいればリア友と,長きにわたりギルドの苦楽を共にしてきた信頼できるメンバーがいるならその方と,サブギルドをサブ垢で共同管理することをオススメします!あくまで共同管理です!理由は,管理を任せているギルドのメンバーが急に引退したり連絡がつかなくなるケースも考えられるからです。さらに,1番の理由は管理を任せたメンバーへの精神的負担を減らす為です。

    ただ,3つ以上のギルドとなるとやはり組織化しないと困難です!そのときは慎重に,かつサブギルドが安定したときに拡大してください!

    • 通報する

画像添付

スタンプ投稿

送信
1000

グループに参加してチャットを楽しもう!

  • 通報する