軍事トップに戻る
逆髪☆初心者

艦船について質問があるンゴ(*・ω・)ノ

「級」と「型」って、何が違うんでしょう?

また、この二つの用語の英訳についても疑問があります。
級→class
型→type
と、思ってたんですけど…これだと変ですよね
(例1、あたご型護衛艦→atago-class destroyer)
(例2、アーレイ・バーク級駆逐艦→Arleigh Burke-class destroyer)

となり、級も型も英訳がclass になってしまってます…
一体どういうことなの…_:(´ཀ`」 ∠):

  • 自分は日本の船は型、外国は級なのかな?とか思ってますがソースが自分なので確証はないです()

    • 通報する
  • うーん、それは思ったんですけど違うような…

    英海軍にも45型駆逐艦(type 45 destroyer)がありますから…
    しかも45型はデアリング級(英: Daring-class)とも表記できるのが謎なんですよ…_:(´ཀ`」 ∠):

    • 通報する
  • 対空砲と高射砲みたいなもんじゃないの?(ソース自分

    • 通報する
  • うんたら級→艦の階級
    うんたら型→姉妹艦

    ただごっちゃになってるんでどっち使ってもおけ感ある(なお、ソース)

    • 通報する
  • 大和級戦艦、武蔵型的な?

    • 通報する
  • ネームシップは固定だし
    ちょっとアレだけど超大和級紀伊型みたいな感じ

    • 通報する
  • 日本の場合、旧海軍が「超弩級戦艦」として「級」を使ってしまったから、個々の艦急として「型」を使わざるを得なかったから、自衛隊でもその名残で「型」を使ってる。って言う今さっき思いついた持論(

    • 通報する
  • なるほど

    • 通報する
  • 日本
    超弩級戦艦 大和型 
    アメリカ
    ミズーリ級戦艦 ミズーリ(型を省略)

    的な

    • 通報する
  • 5500t級の球磨型川内型とかの方がしっくり来るかもしれない
    8200t級のまや型みたいな

    サール4.5型のアリヤ級ヘッツ級ロマット級
    45型はサブタイプがあればデアリング級と○○級みたいにいけそう

    • 通報する
  • 逆になっとるやないかい()

    • 通報する
  • 結局なんでもあり()

    • 通報する
  • 護衛艦DDH あたご みたいに艦種を2種類付けちゃった日本が言える事じゃ無い(

    • 通報する
  • ソ連/ロシア艦はだいたい型になっててサブタイプも型感あるけど訳した時にそーなってんのかな(ロシア語わからないマン)

    • 通報する
  • ロシアはあれか設計番号で○○○○型とか数字で連番振ってあってそれに番号のとこに艦名くっつけてるから型ばっかなのかな
    でもクズネツォフとか名前つくと割と級ついてんな…(こんがらがるオタク)

    • 通報する
  • 語呂の良さで決めてる説

    • 通報する
  • どっちでもいいから語呂がいい方つけてる感あるのはわかる…

    • 通報する
  • カナーリごっちゃで分かりにくいよね…

    • 通報する
  • 語呂なのか…

    • 通報する
  • 軍内で使われていた表記と、翻訳の過程で慣例的な用法が混ざった「型」と「級」。
    語の定義上は別物なのですが、国内外で訳がしっちゃかめっちゃかになっており、最早統一なんぞできなくなっています。
    まず、日本語(の公式文書)で、同じ設計の艦船(姉妹艦)を指す場合には「型」が用いられる。(陽炎型 など)
    次に、大きさとか強さの「これぐらい・相当・階級」を指す場合に「級」が用いられる。(超弩級・○トン級・〔ボクシングなどの〕ライトフライ級 など)
    また、艦に搭載する兵装には「式」を用い、採用年次に基づく型番が与えられる。(三年式・零式 など)
    さらに、兵装のアップグレードに伴う枝番として「号」、そして「型」が再登場する。(50口径三年式2号20cmE3型連装砲・零式艦上戦闘機二一型 など)

    • 通報する
  • 問題点
    前述の「型」に相当する語として、英語圏では“class”が用いられる。…んだけど、“class”は慣例的に「級」と訳される傾向にある。(学級 など)

    さらに、慣例的に「型」と訳される傾向にある“type”が別に有る。(変数の型 / USB Type-A など)

    そしてその“type”は、日本で年式を表す「式」に相当する語として用いられる。(三年式→3rd Year Type / 零式→Type 0 など)

    欧州でも年式管理が多く有るが、そちらは“model”を付けて表記。…ならいいのに、年号をそのまま書くだけの場合もある。(Model 1908 / 100 mm/47 OTO 1937 guns など)

    ところが、英語圏では兵装を年式ではなく通し番号で管理する傾向にあるため、兵装の型番には主に“mark.”が用いられる。(Mk.28 など)
    おまけに何故か、ドイツでは武装種別+番号、あるいは型番単独表記となる。(SK C/34 / FlaK 28/ G7a)

    兵装の枝番については、「号」は“No.”、「型」は“mod.”がそれぞれ対応する。(50口径三年式2号20cmE3型連装砲→20 cm/50 3rd Year Type No.2 mod.E3)
    ちなみに、“mod.”は“modified”の略。…と思いきや、“model”の略が混ざってたりする。

    • 通報する
  • 上記から、語の用法に忠実に使い分けるなら
    ・特にこの艦を指すと言う場合に「型」。(この作戦には○○型の△△が参加した など)
    ・おおざっぱに述べる際に「級」。(ワシントン海軍軍縮条約により、長門級の戦艦を米は3隻、日英は2隻ずつ有するようになった など)
    となるだろう。
    しかしながら、「日本の艦は『型』・海外の艦は“class”をそのまま訳して『級』」といった組み合わせもよくされており、耳なじみの良さで選んでも事実上問題はない。


    ソース:wows wikiより
    300%コピペです。ソースを調べれば出てきますが 、URL が必要であれば載せます。

    • 通報する
  • 詳しい解説ありがとうございます😊

    • 通報する

画像添付

スタンプ投稿

送信
1000

グループに参加してチャットを楽しもう!

  • 通報する