バシコ@がばしこ
バシコ@がばしこ ▶ 【旧旧毒矢】毒矢教過激派組織【愚痴エロネタOK】

床の下からバズーカを構えた毒獣がせり上がり、「かっこいいだるぉぉぉおおお!!!!!」と叫んだ すると突然、まばゆいばかりのスポットライトが、せり上がった毒獣を映し出す 「SHI-N-MI-Nは」「どこだ!」ステージに毒獣の声が響く 詰め掛けたオーディエンスは毒獣の久々のステージに期待で爆発しそうだ 今晩も伝説のリリックが聴ける。ファンタジー生まれビッグヒップ育ち。本物の語録が聴けるのだ 「それではスクラッチをどうぞ。」 アームホルダーを斜めに掛け、機械的な笑みを浮かべたはるさめがターンテーブルをスクラッチしながら目で毒獣に合図する 重たいサウンドがスピーカーから響く。ショウの始まりだ 「 ここでTOUJO! ァタシKYOUSO!   パソナMAISO! KEMONO SANJYO!   ァジデZECCHYO! 部下はTOUSO!   地上からァタシ呼ぶGENCHO!  (ドゥ〜ン ドゥンドゥンドゥ〜ン キュワ キャキャッ キャッ キャ キュワキュワキャ キュキュッ!)  人員減少! 負担上昇! ボケてて大変! ピクソの時間!  冷たい視線を生き抜き! ケモホッモで息抜き!  どこだSHI-N-KI 優しいSEKAI! そんな毎日リアルなSU-JI!  SAY HO〜OH!(HO〜OH!) SAY HO HO HO!(HO HO HO!)」 はるさめのスクラッチプレイも好調だ。オーディエンスの熱狂はこわいくらいだ。 まだ、俺の時代は始まったばかりだ、そんなメッセージが毒獣の口から飛び出していく 本物のヒップホップが、ここにあるのだ。

バシコ@がばしこ
バシコ@がばしこ ▶ メロンソーダ

床の下からバズーカを構えた毒獣がせり上がり、「かっこいいだるぉぉぉおおお!!!!!」と叫んだ すると突然、まばゆいばかりのスポットライトが、せり上がった毒獣を映し出す 「SHI-N-MI-Nは」「どこだ!」ステージに毒獣の声が響く 詰め掛けたオーディエンスは毒獣の久々のステージに期待で爆発しそうだ 今晩も伝説のリリックが聴ける。ファンタジー生まれビッグヒップ育ち。本物の語録が聴けるのだ 「それではスクラッチをどうぞ。」 アームホルダーを斜めに掛け、機械的な笑みを浮かべたはるさめがターンテーブルをスクラッチしながら目で毒獣に合図する 重たいサウンドがスピーカーから響く。ショウの始まりだ 「 ここでTOUJO! ァタシKYOUSO!   パソナMAISO! KEMONO SANJYO!   ァジデZECCHYO! 部下はTOUSO!   地上からァタシ呼ぶGENCHO!  (ドゥ〜ン ドゥンドゥンドゥ〜ン キュワ キャキャッ キャッ キャ キュワキュワキャ キュキュッ!)  人員減少! 負担上昇! ボケてて大変! ピクソの時間!  冷たい視線を生き抜き! ケモホッモで息抜き!  どこだSHI-N-KI 優しいSEKAI! そんな毎日リアルなSU-JI!  SAY HO〜OH!(HO〜OH!) SAY HO HO HO!(HO HO HO!)」 はるさめのスクラッチプレイも好調だ。オーディエンスの熱狂はこわいくらいだ。 まだ、俺の時代は始まったばかりだ、そんなメッセージが毒獣の口から飛び出していく 本物のヒップホップが、ここにあるのだ。

バシコ@がばしこ
バシコ@がばしこ ▶ 外郭

床の下からバズーカを構えた毒獣がせり上がり、「かっこいいだるぉぉぉおおお!!!!!」と叫んだ すると突然、まばゆいばかりのスポットライトが、せり上がった毒獣を映し出す 「SHI-N-MI-Nは」「どこだ!」ステージに毒獣の声が響く 詰め掛けたオーディエンスは毒獣の久々のステージに期待で爆発しそうだ 今晩も伝説のリリックが聴ける。ファンタジー生まれビッグヒップ育ち。本物の語録が聴けるのだ 「それではスクラッチをどうぞ。」 アームホルダーを斜めに掛け、機械的な笑みを浮かべたはるさめがターンテーブルをスクラッチしながら目で毒獣に合図する 重たいサウンドがスピーカーから響く。ショウの始まりだ 「 ここでTOUJO! ァタシKYOUSO!   パソナMAISO! KEMONO SANJYO!   ァジデZECCHYO! 部下はTOUSO!   地上からァタシ呼ぶGENCHO!  (ドゥ〜ン ドゥンドゥンドゥ〜ン キュワ キャキャッ キャッ キャ キュワキュワキャ キュキュッ!)  人員減少! 負担上昇! ボケてて大変! ピクソの時間!  冷たい視線を生き抜き! ケモホッモで息抜き!  どこだSHI-N-KI 優しいSEKAI! そんな毎日リアルなSU-JI!  SAY HO〜OH!(HO〜OH!) SAY HO HO HO!(HO HO HO!)」 はるさめのスクラッチプレイも好調だ。オーディエンスの熱狂はこわいくらいだ。 まだ、俺の時代は始まったばかりだ、そんなメッセージが毒獣の口から飛び出していく 本物のヒップホップが、ここにあるのだ。