ロムスカ卿
ロムスカ卿 goo-ed this chat of 軍事.
総帥
総帥

自衛隊の総人員は陸海空で約25万人、予備自衛官(即応、補を含む)は役4万人 総戦力としては約30万人ほどとなる 本邦の地理的・政治的関係や、周辺諸地域の安全保障環境を考慮すると少ないように感じる 正規の数はとりあえず最低限あるとしても、予備役の数が圧倒的に足りてない(充足率も予備自衛官で70%程度、即応予備自衛官に至っては50%程度で実数4千人ほど。というかもともと定員も少ない) 予備戦力の補充が十分で無い状態では、有事の際の戦略に大いに影響してくるので、現状を危惧すべきであると感じている が、 ・歴史上、憲法上の制約 ・国民の国防や安全保障に対する認識の薄さ ・現代の装備品や戦闘形態の高度な専門性 などの理由から、国民皆兵制や徴兵を実施するのは現実的では無いと判断する が! 仮に憲法改正等で自衛隊が軍として再編された場合を考えると 国民皆兵制や徴兵制はやはり厳しいとは思うが、予備役の拡充は図れる可能性がある(予算の問題は一度無視して( 'ω')) そうした場合参考にするのはスイスではなく、イギリスがいいんじゃないかなぁと個人的には思う イギリス軍には【志願兵補充部隊】という制度がある これは正規予備役(即戦力となりうる退役軍人から選抜)とは異なり、即戦力として期待されない民間人志願者やボランティアで編成されており、専用の部隊を組織し正規軍と共に作戦行動をとる場合もある この制度を応用して日本独自の予備役制度を整えれば、士気の低下を招く事なく実質的な総戦力の拡充が図れる可能性がある