黒翼の聖女☪︎⋆。˚✩メア
黒翼の聖女☪︎⋆。˚✩メア ▶ パズドラゲリラ通知【総合】お知らせ2

1番 暗い部屋の中 彼女は独り  玩具に囲まれ 人形遊び 服を着せ替えて 散らして投げて バラバラにして 中を見てみましょう 微笑みの中に悪魔は宿る 鼻歌の調べに 耳を澄ませ ラララン ラン ラン ラン ラン ラン声がして その後は 悲鳴だけ響く おままごとしましょう 遊びのお相手は可愛らしいお人形 腕が 千切れちゃった 部屋が汚れちゃう 赤い綿散らして  糸で縫い直せば また遊べるかな? 継ぎ接ぎのお人形  次は 何しましょう 可愛い声で鳴く私の玩具 2番 とあるお屋敷の そのまた奥に 誰も知らない秘密の花園 並ぶ人形は皆傷だらけ それを眺める恍惚の少女 迷い込めば二度とは戻れない 茨に囲まれた乙女の城 ラララン ラン ラン ラン ラン ラン 振り向けば 無邪気さと狂気の笑みが浮かぶ ご挨拶しましょう まずは握手かしら? 新しいお人形 傷だらけになれば 直してあげるわ 肌色のフェルトで どうして何もかも 私が触れたら 勝手に壊れちゃう! もっと頑丈な玩具が欲しいのよ 探してきてね おままごとしましょう? 遊びのお相手は可愛らしいお人形 頭が取れちゃった お掃除しなくちゃ 真っ赤に染まる部屋 私悪くないわ すぐに壊れちゃう人形(あなた)がいけないの! 怯える瞳が 愛しく思えるの 声を聴かせて

黒翼の聖女☪︎⋆。˚✩メア
黒翼の聖女☪︎⋆。˚✩メア ▶ パズドラゲリラ通知【総合】お知らせ2

腐ったリンゴのメタファーの基となる格言「One bad apple spoils the barrel. (1個の腐ったリンゴで樽全体が駄目になる) 」は、1340年の「Ayenbite of Inwyt(英語版)」に中英語での類型が出現しており、その意味は「A rotten apple will spoil a great many sound ones. (1個の腐ったリンゴは莫大な量の健康なリンゴを駄目にする) 」である。 ラテン語では、これ以前より使われていたと推測されるが、起源は定かではない。 近代英語での初出はベンジャミン・フランクリンの1736年の著書『貧しいリチャードの暦(英語版) (原題 : Poor Richard's Almanack) 』で「the rotten apple spoils his companion (腐ったリンゴは仲間も駄目にする) 」と別言して使われた。 また19世紀には説教の中で「As one bad apple spoils the others, so you must show no quarter to sin or sinners. (1個の腐ったリンゴが他のリンゴを腐らせるのだから、罪悪や罪人に慈悲を与えてはならない) 」と解かれることで広まった。 腐ったリンゴのメタファーは、19世紀末に廃れたものの、20世紀以降、新たな意味で使われるようになった。 言語学者のベン・ジマー(英語版)は、この言葉は「少数の腐ったリンゴ」は集団を代表しないといった使われ方へ変化し、正反対の意味となったと指摘している。 ジマーは、この変化について、現代の食料品店においては、リンゴは1個単位で販売され、腐ったリンゴが陳列されることは稀であるという販売形態の変容に影響を受けており、人々がリンゴが樽に貯蔵されるという考えをもっていない可能性を主張している。 また、ジマーは、腐ったリンゴの元来のイメージが薄れたことにより、新たな意味を与えることができたと述べ、この変化はオズモンズの1971年の楽曲『ワン・バッド・アップル(英語版)』の一節「One bad apple don’t spoil the whole bunch, girl. (1つのリンゴが駄目でも全て駄目にはならないさ) 」により固定化された可能性を示唆している