理性が枯渇しているすなは
理性が枯渇しているすなは goo-ed this chat of 【まとめ/グルメモ必読】#コンパス 戦闘摂理解析システム 【総合】.
トマトン
トマトン

オリジナルレシピのスニッカーズは、1930年にフランク・マーズ(英語版)とエセル・マーズの2人が、ミルキーウェイ(英語版)に次ぐマーズ社の2番目の商品として発売した。商品名はマーズ家が最も好んだ所有馬に由来する。当時の値段は一本5セントであった。1968年に小型の「ファンサイズ」バーが売り出され、今日でもハロウィンの夕方に「いたずらかお菓子か(トリックオアトリート)」と練り歩く子供達に与えるための菓子として人気が高い。1970年代から1980年代にかけて映画館で大々的に売り出されて、ライバルのスナックバーをしのいで売り上げた。味覚の多様化やダイエットの流行により売上が落ちたものの、現在でも人気の高い菓子の1つである。世界各地のスーパーマーケットやドラッグストアで販売され、世界中の年間総売上は20億ドルとされる。 スニッカーズは、イギリスで当初マラソン(Marathon)という商品名で売り出されていたが、1990年以後はスニッカーズに統一された。新しい商品名の認知を定着させるため、1年半の間2つの商品名がパッケージに記されたが、結果的に消費者を困惑させた。イギリスで女性用の下着を意味するニッカーズと語感が近いために一部で嘲笑の声も散見された。2004年に新商品として発売されたスニッカーズ・マラソン・エナジーバーは、スニッカーズの旧商品名と同じで消費者を一層困惑させた。 2000年代初頭に、スニッカーズなどのスナックバーに衣をつけて揚げたデザートがアメリカ合衆国のステート・フェアやイギリスやオーストラリアのパブで人気を博したが、北部イングランドやスコットランドの一部では1990年代半ばに、「揚げマーズバー」がフィッシュ・アンド・チップス店の名物となっていた。 2006年にイギリス食料委員会(英語版)は、著名な料理人アントニー・ウォーラル・トンプソン(英語版)の「スニッカーズ・パイ」を最も不健康なデザートの一つであると指摘した。「スニッカーズ・パイ」は5本のスニッカーズを用いており、一人分の熱量は砂糖と脂肪だけで1250キロカロリーで平均的な成人が一日に必要とする熱量の半分以上である。「スニッカーズ・パイ」が2004年に英国放送協会の土曜日のテレビ番組で紹介された際、トンプソンは頻繁に食べるべきデザートではない[1]と語っている。 このスニッカーズですか?