SMMT最高
SMMT最高 ▶ プロ野球を愛する会

敵地、メットライフドームで迎えた西武戦。先発伊藤が好投を見せるも、打線が勢いを見せず惨敗だった。 ドームに響くファンのため息、どこからか聞こえる「また援護して貰えて無かったな…」の声 無言で帰り始める選手達の中、ドラフト1位ルーキー伊藤は独りベンチで泣いていた。 大学日本代表で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・ それを今の日本ハムで得ることは殆ど不可能と言ってよかった。 「どうすりゃいいんだ・・・」伊藤は悔し涙を流し続けた。 どれくらい経ったろうか、伊藤ははっと目覚めた どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した。 「やれやれ、帰ってトレーニングをしなくちゃな」伊藤は苦笑しながら呟いた。 立ち上がって伸びをした時、伊藤はふと気付いた 「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」 ベンチから飛び出した伊藤が目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった 千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのようにファイターズの応援歌が響いていた どういうことか分からずに呆然とする伊藤の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた 「ヒロミ、キャッチボールだ、早く行くぞ」声の方に振り返った伊藤は目を疑った 「か・・金子さん?」「なんだ、居眠りでもしてたのか?」 「お・・・小笠原コーチ?」「なんだ伊藤、かってに小笠原さんを引退させやがって」 「稲葉さん・・・」伊藤は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた 1番:森本 2番:田中賢 3番:小笠原 4番:セギノール 5番:稲葉 6番:SHINJO 7番:木元 8番:高橋 9番:伊藤 暫時、唖然としていた伊藤だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった 「勝てる・・・勝てるんだ!」 武田勝からグラブを受け取り、グラウンドへ全力疾走する伊藤、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・ 翌日、ベンチで冷たくなっている伊藤が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った 無援護が酷かったので新たな伊藤コピペ作りました()

SMMT最高
SMMT最高 ▶ プロ野球を愛する会

連投失礼します内川コピペの伊藤大海バージョン作られてましたので載せておきます… 本拠地、札幌ドームで迎えたホークス戦。中継ぎ陣が大量失点、打線も勢いを見せず惨敗だった。 ドームに響くファンのため息、どこからか聞こえる「今年は100敗だな」の声 無言で帰り始める選手達の中、ドラフト1位ルーキー伊藤は独りベンチで泣いていた。 駒沢大で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・ それを今の日本ハムで得ることは殆ど不可能と言ってよかった。 「どうすりゃいいんだ・・・」伊藤は悔し涙を流し続けた。 どれくらい経ったろうか、伊藤ははっと目覚めた どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した。 「やれやれ、帰ってトレーニングをしなくちゃな」伊藤は苦笑しながら呟いた。 立ち上がって伸びをした時、伊藤はふと気付いた 「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」 ベンチから飛び出した伊藤が目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった 千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのようにファイターズの応援歌が響いていた どういうことか分からずに呆然とする伊藤の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた 「ヒロミ、キャッチボールだ、早く行くぞ」声の方に振り返った伊藤は目を疑った 「か・・金子さん?」「なんだ、居眠りでもしてたのか?」 「お・・・小笠原コーチ?」「なんだ伊藤、かってに小笠原さんを引退させやがって」 「稲葉さん・・・」伊藤は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた 1番:森本 2番:田中賢 3番:小笠原 4番:セギノール 5番:稲葉 6番:SHINJO 7番:木元 8番:高橋 9番:伊藤 暫時、唖然としていた伊藤だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった 「勝てる・・・勝てるんだ!」 憧れのダルビッシュからグラブを受け取り、グラウンドへ全力疾走する伊藤、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・ 翌日、ベンチで冷たくなっている伊藤が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った