まくがふがふ
まくがふがふ ▶ プロ野球を愛する会

ヤスアキ痩せるらしい DeNA山崎康晃投手(28)と大貫晋一投手(26)が16日、オンラインでの「NISSAN presents 横浜DeNAベイスターズトークショー」に出演した。 大貫は増量を目指して肉体改造中。「豆苗だとちょっと頼りない細さなので、もう少し太くなれるように」。年始から、焼いてのりで巻いた餅を「内臓が疲れている」というほど大量に食べた。その成果もあって、契約更改後に3キロの増量に成功。現在は79キロで、体重増からの球速アップと故障予防を狙う。 横で話していた山崎も、大貫の努力を認めた。「僕と並ぶと特になんですけど、細い。スラッとしている。でも、オフに改めて時間が空いて会うと、大きくなったという感覚がありますね」と目を見張った。 山崎は逆に、例年より減量している。「普段はもう2、3キロ重いのですが、もうキャンプに入る状態のゼロベース。キャンプでもう少し絞ってシーズンに入りたい」。例年はキャンプ前に94、95キロ程度だが、現在は90、91キロだという。キャンプでは90キロを切る程度まで絞る予定だ。 トークショー後の取材では「軽いからいいわけじゃないけど。皆さんが『太った太った』と言うので、皆さんが言う通りやせてます。『デブだから結果が出ない』と言われたので」と報道陣にジョークを飛ばした。プロに入って、初めて元日から練習を開始した右腕。 真顔に戻ると「12月には断食もしたし、食に対して意識もした。勝負の年だと思っているし、結果を残してチームを引っ張っていきたい」と今季への決意を熱く語った。【斎藤直樹】

まくがふがふ
まくがふがふ ▶ プロ野球を愛する会

西武1位渡部にお菓子禁止令、指名直後から6キロ増 オンライン取材に応じる西武ドラフト1位の渡部(球団提供) 西武の「よくばり君」ことドラフト1位渡部健人内野手(22=桐蔭横浜大)にお菓子禁止令が出た。 【写真】入寮時に体重118キロと6キロ増量してしまった渡部健人 入寮時に体重118キロと、指名直後から6キロ増量。8日、新人研修会後にオンライン取材に応じた渡部は「(チームから)甘いモノを控えるように言われた。そのかわり、米をしっかりとるようにと指示があったので、しっかりやっていきたい」と間食を控え、寮の食事をバランスよく摂取しているという。 6日に入寮してからは、埼玉・所沢の施設で午前はランニングメニューをこなし、夜は食後にマシン打撃の2部練習をこなしている。「量の方は200球近く打って。マシン打撃にあまり慣れていないので、打ち損じが多いので、しっかり捉えられるようにやっていきたい」。ロッカーでは主将の源田壮亮内野手と初対面。「最初に、源田さんに『どすこい!』と言われました」。栗山巧外野手や、おかわり君こと中村剛也内野手にもあいさつ。6度の本塁打王を獲得した中村には「どういう感じで打っているのか聞いてみたい」と、刺激的なプロ生活を過ごしている。